サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
琵琶法師のいくさ物語 山下宏明 著 9-15
中世における「六道語り」について 中島秀典 著 16-20
軍記物語と『三国志演義』の比較研究 田中尚子 著 21-27
『保元物語』写本目録稿 原水民樹 著 28-44
近世における『保元物語』変質・解体の一様相 原水民樹 著 45-54
『平家物語』生成伝承と書写山 清水真澄 著 55-60
平家物語と日付の問題 葛綿正一 著 61-80
教材研究藤戸 深沢邦弘 著 81-87
『平家物語』を詠む 信太周 著 88-98
平家物語の主な諸本に描かれた比叡山の神々 橋口晋作 著 99-103
語り本系『平家物語』〈康頼熊野詣〉と金剛童子 源健一郎 著 104-109
延慶本平家物語と長門本平家物語の本文 名波弘彰 著 110-119
上野本『平家物語百二十句本』の日本漢語の語彙表 上 柏谷嘉弘 著 120-141
『神明鏡』依拠の四部合戦状本『平家物語』について 中 佐々木紀一 著 142-147
『神明鏡』依拠四部合戦状本『平家物語』について 下 佐々木紀一 著 148-154
斑竹の禁忌 増田欣 著 155-164
義仲生誕 小桝雅典 著 165-167
平家物語における同音異義語 浜千代いづみ 著 168-175
『真字熱田本平家物語』における用字法 玉村禎郎 著 176-185
中世軍記物語の国語学的研究 川岸敬子 著 186-191
『源平盛衰記』の赤青童子 辻本恭子 著 192-205
赤木文庫本『義経物語』巻一巻二の意図 杉江礼子 著 206-214
赤木文庫本『義経物語』常盤譚をめぐって 谷村知子 著 215-221
『弁慶物語』の歴史意識 佐谷真木人 著 222-233
真名本『曽我物語』試論 大川信子 著 234-243
翻刻『曽我根元評判大全』 7・8 後藤多津子 著 244-252
『太平記』研究史稿 2 大森北義 著 261-266
『太平記』にみる舎弟・小考 武田昌憲 著 267-270
慶長七年刊古活字本『太平記』覚書 上 小秋元段 著 271-276
戦国軍記「武功夜話」における佐々成政 松浦由起 著 277-291
〈北条左京大夫氏政事〉『大かうさまぐんき』私注 小林千草 著 292-316
『清正記』諸本の展開 阿部一彦 著 317-326
中世説話における補陀落渡海の諸相について 長嶋正久 著 327-349
〈玄上〉関連説話・記録集成稿 森下要治 著 350-359
『古事談』巻一小考 中根千絵 著 360-364
『発心集』顕基説話の琵琶 今村みゑ子 著 365-374
季通説話の視点から 薗部幹生 著 375-384
宇治拾遺物語の心話文 阿部八郎 著 741-727
『宇治拾遺物語』の仏教説話第一三六話「出家功徳の事」を中心に 増古和子 著 385-394
『十訓抄』にみられる言語生活 宇都宮睦男 著 395-401
朝倉の伝承と詠歌 福島尚 著 402-409
夢解きの要らない夢 山口康子 著 410-418
『私聚百因縁集』と檀王法林寺蔵『枕中書』について 湯谷祐三 著 419-426
仙台市民図書館蔵『沙石集』抜書本翻刻 上 上野陽子 著 427-438
『沙石集』における法談の基調 小林直樹 著 439-450
愚管抄の大姫入内について 尾崎勇 著 451-461
流布本増鏡本文考 伊藤敬 著 462-486
松浦宮と源語花宴 神尾暢子 著 487-493
『すみよし』解題・翻刻 石川透 著 494-502
『風につれなき物語』の現存本文について 新美哲彦 著 503-508
『我が身にたどる姫君』の疑問表現 下 磯部佳宏 著 720-726
『あきぎり』の複合動詞語彙にみる時代差と文体差 岡野幸夫 著 509-515
物草太郎 小谷信行 著 516-520
『徒然草』の言述 朝木敏子 著 521-529
『つれづれ草』におけるつれづれの意味について 井口浩一 著 711-719
『徒然草』にみえる先行古典をめぐって 松田存 著 530-538
『徒然草』の句読 中村幸弘 著 539-555
『十六夜日記』鎌倉滞在の記について 安田徳子 著 556-562
『春のみやまぢ』の研究 7 渡辺静子 ほか著 563-575
『竹むきが記』における和歌の表現 五条小枝子 著 576-584
『竹むきが記』上巻における和歌 五条小枝子 著 585-593
『読経口伝明鏡集』三千院円融蔵本・解題と影印 柴佳世乃 著 594-599
日光輪王寺蔵『諸事表白』の文章構成と文体 山本真吾 著 600-604
明恵、死の誘惑 古田雅憲 著 605-613
『明恵上人行状(仮名行状)』の表記等にみる高山寺仏教圏の成立前後 古田雅憲 著 614-620
念仏と称名 村上一三 著 702-710
禅寂作『月講式』と鴨長明 鈴木佐内 著 621-626
清水寺楊柳観音説話覚書 中前正志 著 627-638
狂言における禁忌の領域とその表現 坂場順子 著 695-701
『狂言集』における「が」「の」について 3 江口正弘 著 689-694
間狂言 1 佐々木みよ子 著 639-647
狂言「今参」考 稲田秀雄 著 648-653
歌人・古事・舞曲 原田香織 著 654-661
『太平記』研究史稿 1 大森北義 著 253-260
戦国軍記「武功夜話」における賤ヶ岳の戦い 松浦由起 著 662-676
『我身にたどる姫君』の疑問表現 上 磯部佳宏 著 677-683
『徒然草』第八十六段の「秀句」について 柏木成章 著 684-688