サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
京都・大坂出版メディアの動向 羽生紀子 著 11−16
林羅山『本朝神社考』とその批判 前田勉 著 17−22
「鳩巣小説」の変化と諸本 宮崎修多 著 23−30
『榑桑名賢文集』の書入れ 大庭卓也 著 31−39
漢文訓読法の一資料 尾崎知光 著 40−45
松下筑陰伝攷 上 高橋昌彦 著 46−51
山田方谷と三島中洲 井上明大 著 766−768
未紹介広瀬旭荘詩文解読 3 徳田武 著 52−61
契沖自筆万葉代匠記初稿本断簡新出資料 林勉 著 62−68
直養と春海 亀井森 著 69−75
賀茂真淵の弟子高家横瀬貞隆 原雅子 著 76−81
宣長における自己の追究 竹田浩一 著 82−87
本居宣長の神観念 山田隆信 著 88−92
『うひ山ぶみ』の初稿本『濃染の初入』に関する覚書 杉戸清彬 著 93−98
本居宣長の岡寺 胆吹覚 著 99−102
伴蒿蹊年譜稿 清水勝 著 103−124
秋成の人麿観 浅野三平 著 125−129
富士谷御杖『【タ】南弁乃異則』の学説について 但馬貴則 著 130−139
鈴木朗『活語断続譜』における「蹴る(下一段活用)」の扱いをめぐって 中山緑朗 著 760−765
《翻訳》鈴木朖「老子説」 鵜飼尚代 著 140−145
平田篤胤における日本人「神胤」観念 前田勉 著 146−157
吉田松陰の女子教育論に関する考察 浅沼アサ子 著 751−759
東洋大学附属図書館所蔵『社寺縁起由来記』翻刻と解説 4 岡田百合子 著 158−164
『狗張子』注釈 1 江本裕 著 165−173
『狗張子』考 土屋順子 著 174−180
「大坂ノ陣」・敗者の文学 青木晃 著 181−184
自筆本『三河物語』の用語と表記 1 宇都宮睦男 著 185−188
西鶴「テクスト」作りのためのノート 小林一仁 著 189−201
近世文学と仏教思想 小椋嶺一 著 202−213
『好色一代男』と雅俗 山本純子 著 214−219
『西鶴諸国はなし』試論 上 森田雅也 著 220−231
『西鶴諸国はなし』の余白 森田雅也 著 232−242
『西鶴諸国はなし』咄の創作 宮沢照恵 著 243−256
本朝二十不孝 篠原進 著 257−263
「玉章は鱸に通はす」考 染谷智幸 著 264−272
自主規制とカムフラージュ 谷脇理史 著 273−282
『武道伝来記』論 2 佐々木昭夫 著 283−287
〈殺害〉と〈慰謝〉をめぐる短編 杉本好伸 著 288−296
西鶴と御家騒動 上 杉本好伸 著 297−311
西鶴と御家騒動 下 杉本好伸 著 312−319
『怪醜夜光魂』の成立について 樫沢葉子 著 320−324
近世大坂書林の江戸板取扱窺見 石上敏 著 735−750
森島中良の著作における江戸と上方 石上敏 著 726−734
文耕堂の謀反劇の特色 二川清 著 325−330
長崎喧嘩一件 山本卓 著 321−341
石川五右衛門 橘弘文 著 342−346
白話小説『日本左衛門伝』について 田中則雄 著 347−356
田宮坊太郎物の実録・黒本青本・絵本読本 菊池庸介 著 357−364
遠山の金さんと根岸鎮衛 中込重明 著 365−369
上田秋成の比喩 伊藤竜平 著 370−378
雨月物語の作品構成 長沼英二 著 379−388
怪異からみた『雨月物語』の作品順序 大輪靖宏 著 389−397
「雨月物語」論 田中憲二 著 398−404
『春雨物語』「目ひとつの神」論 小椋嶺一 著 405−414
老曽の森の物語 飯倉洋一 著 415−421
『八犬伝』小考 奥野倫世 著 422−431
舜天丸と琉球王位 久岡明穂 著 432−438
馬琴書翰年次考 神田正行 著 439−444
十返舎一九の署名のある文政期の往来物について 丹和浩 著 445−453
山東京伝の研究 杉崎夏夫 著 454−458
京伝黄表紙における団十郎似顔の用いられ方 檜山純一 著 459−465
新出資料・大田南畝自筆『丁丑掌記』の解題と翻刻 揖斐高 著 466−482
石川雅望『天羽衣』ノート 山本和明 著 483−491
「あを本」の青の色々 園田豊 著 492−496
黒本・青本『曽我一代記』の諸相 黒石陽子 著 497−507
『近世奇跡考』論 1 井上啓治 著 508−519
『三千世界商往来』論 安富順 著 520−525
江戸板義太夫抜本訴訟始末 上 鈴木俊幸 著 526−538
近松門左衛門作品における《児童神》の主題 平井修成 著 539−543
近松浄瑠璃表現研究 谷本聡美 著 544−553
近松世話物における「隠す」趣向と観客の想像 最所信男 著 554−557
遊女はつと梅川 細窪孝 著 558−561
『世継曾我』廓場考 正木ゆみ 著 562−571
『丹波与作待夜の小室節』考 平田澄子 著 572−579
「長町女腹切」の構図 勝倉寿一 著 580−585
『国性爺合戦』における近松の視点 渡辺真理 著 586−595
『奥州安達原袖萩祭文の段』四行正本をめぐって 神津武男 著 596−600
古典芸能の印象 大久保康彦 著 601−617
上方歌舞伎における京と大坂 北川博子 著 618−624
『歌舞伎細見』索引 2 宇田敏彦 著 721−725
遊女歌舞伎 1 高野敏夫 著 625−636
遊女歌舞伎 2 高野敏夫 著 637−648
片岡仁左衛門代々より初代仁左衛門に関する二つの問題 荻田清 著 649−651
嘉永二年の八代目団十郎 小池章太郎 著 652−659
寛政六年度の江戸歌舞伎興行記録 赤間亮 著 660−667
文化二年の氷室社舞楽装束行方不明事件をめぐって 南谷美保 著 668−679
文化年間大坂中ゥ・小芝居の興行について 須山章信 著 680−686
伝説化された人情噺 中込重明 著 687−692
(翻刻)『怪談見聞実記』 4・5 清水正男 著 693−700
地口本・口合本書目年表稿 上 中島穂高 著 701−705
黄昏の「吉蔵三助がなりあがり」 染谷智幸 著 706−712
初代芳沢あやめの実像 井上伸子 著 713−720