サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

収録作品一覧

犯罪社会学研究 20(1995)

犯罪社会学研究 20(1995)

  • 日本犯罪社会学会(編)
作品 著者 ページ
いじめの不可視性と少年司法の限界 斉藤豊治 著  
いじめ対策の法的検討 安藤博 著  
いじめと少年司法 野田正人 著  
少年事件の事実審理をめぐって 若穂井透 著  
社会内処遇における処遇困難性の構造 辰野文理 著  
組織の逸脱行動と責任の帰属 加藤直隆 ほか著  
性犯罪法の保護するもの 岩井宜子 著  
フランスの犯罪研究の動向 寺戸亮二 著  
ニュージーランド少年司法における“家族集団会議(Family Group Conferences)” 山口直也 著  
沢登俊雄著『少年法入門』 荒木伸怡 著  
鮎川潤著『少年非行の社会学』 伊藤茂樹 著  
所一彦著『刑事政策の基礎理論』 土井政和 著