サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
弾正台と行政監察 笠原英彦 著 9-23
廃藩置県研究の現状と課題 勝田政治 著 24-36
佐賀の乱と警視庁巡査 堤啓次郎 著 37-46
維新期西摂地域地方行政の一面 木南弘 著 47-55
旧仙台藩領角田県における士族授産と城郭払い下げとの関連について 太田秀春 著 56-63
琉球藩王尚泰の上京の意義 川畑恵 著 64-73
高知県帝政派の研究 松岡司 著 74-98
自由民権・自治論と「戸長民撰」 名須川溢男 著 99-105
神奈川県足柄上地方の自由民権運動史料 石倉光男 著 768-774
新井毫と良民党計画 丑木幸男 著 106-118
「憲法草稿評林一」の上段評論について 江村栄一 著 756-767
第一回総選挙前の名望家団体 原田敬一 著 119-132
明治期新潟県の政党運動 阿部恒久 著 133-142
第二次大隈内閣の財政構想 木下恵太 著 143-156
政党内閣期における内務省 黒沢良 著 157-176
帝人事件から天皇機関説事件へ 駄場裕司 著 177-187
関東軍統制と「協力内閣」運動の挫折 倉山満 著 188-196
「重臣ブロック排撃論者」としての久原房之助 柴田紳一 著 197-204
近衛新体制運動と政党人 奥健太郎 著 205-225
産業報国運動の展開 及川英二郎 著 226-242
割地制と地租改正 青野春水 著 243-265
地券発行下の土地売買譲渡について 神谷智 著 266-275
第二次地租改正の展開過程 三浦茂一 著 276-289
日本における地主小作関係の特質 坂根嘉弘 著 751-755
両大戦間期におけるわが国財政経済政策の模索 原田三喜雄 著 731-750
1930年代の日本経済と統制分析の課題 平沢照雄 著 711-730
幕末維新期の農村金融市場 加藤慶一郎 著 701-710
第百三十三国立銀行の定期預金 麻島昭一 著 676-700
明治前半期における私立銀行および銀行類似会社について 畠中茂朗 著 290-296
虎屋信託会社の設立と初期の経営 麻島昭一 著 662-675
金融危機と長野県金融界 西村はつ 著 644-661
民業奨励と石川理紀之助 安藤哲 著 632-643
産業化の開始と家事使用人 荻山正浩 著 297-311
小坂鉱山売却計画と藤田組の組織改革 武田晴人 著 616-631
藤田組によるアルミニウム国産化 佐藤英達 著 610-615
「薩州商社条書」の解析 1 長谷川洋史 著 312-327
近代日本における米穀市場の統一性と米穀流通の地域性について 小岩信竹 著 328-335
日本が制限した「強制された自由貿易」と革新的企業組織 橋本寿朗 著 596-608
在来綿織物産地の変容と近代アジア貿易 西向宏介 著 336-347
戦前期日本人商社によるインド棉花の奥地買付活動 籠谷直人 著 587-595
明治中期・大阪を本拠とする移民会社 飯田耕二郎 著 575-586
尼崎の通運業 石川道子 著 348-357
明治初期の物資流通範囲及び運賃について 斎藤仁 著 358-360
近代輸送体系の形成と港湾の性格変化 中西聡 著 565-574
関西鉄道の創立と近江商人の投資行動 小川功 著 361-389
日露戦後期の鉄道財源問題 松下孝昭 著 390-407
近代一地方政治家の動向 野崎雅秀 著 408-412
産業基盤形成と地方鉄道の展開 草卓人 著 413-424
第一次大戦前後期日本軍事工業の労使関係 池田憲隆 著 554-564
東畑精一の初期論文 1 篠崎尚夫 著 425-435
東畑精一の初期論文 2 篠崎尚夫 著 436-447
二つの「出稼労働」論 高橋克嘉 著 448-480
製糸業の発展と燃料問題 杉山伸也 著 543-552
東京市商工行政と中小商工業者問題 山口由等 著 532-542
石油専売制の実施過程 伊藤武夫 著 517-531
招致・疎開工場と戦後長野県の工業化 新津新生 著 481-488
占領期の日本造船規制の実態 三和良一 著 501-516
導入期における複式簿記の定着過程 島田美智子 著 489-500