サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

収録作品一覧

叙勲記念論文集 廃棄物処理研究40年

叙勲記念論文集 廃棄物処理研究40年

  • 平山 直道(著)/ 平山直道先生叙勲記念論文集編纂委員会(編纂)
作品 著者 ページ
二つの専門を追って   1−3
東京都既存焼却炉の性能向上に関する研究 平山直道 ほか著 4−11
ごみ焼却炉設計上の問題点   12−31
排ガスの性状から見たごみ焼却炉の研究 平山直道 ほか著 32−40
ごみ焼却炉の熱およびプロセス設計の考え方   41−46
各種汚泥焼却システムの種類と選定   47−53
焼却炉熱精算によるごみ発熱量の推計 平山直道 ほか著 54−57
廃棄物処理に関する技術行政上の問題点   58−62
都市ごみ焼却炉における燃焼について   63−68
廃棄物焼却技術の最近の動向   69−74
ごみの空気輸送システム   75−79
環境問題についての反省   80
清掃工場から発生するNOxの抑制   81−86
ごみ処理と環境保全   87−95
焼却炉技術の進歩   96−102
廃棄物処理用破砕機について 平山直道 ほか著 103−109
Recent trends in municipal waste treatment technology in Japan   110−114
Recent development of Nox protection technology of refuse incineration plant in Japan   115−119
明日のごみ処理を考えるために   120−122
都市ごみ焼却炉排ガスにおける塩化水素ガス対策   123−127
「環境工学」小特集号発刊によせて   128−129
ごみ処理技術の進歩 平山直道 著 130−135
焼却炉における高温無触媒脱硝法に関する研究 平山直道 ほか著 136−138
最近の事例にみる都市ごみ処理技術の動向   139
廃棄物処理技術の動向   140−147
廃棄物処理技術の今後の動向   148−153
Recent engineering problems of solid waste treatment plant in Japan   154−159
ごみ焼却炉廃熱利用の現状と問題点   160−166
廃棄物処理における新技術 平山直道 著 167−173
産業廃棄物燃焼と熱利用の現状と課題 平山直道 著 174−184
ごみ処理における将来技術の予測   185−189
ごみ焼却炉における熱利用   190−197
日本の固形廃棄物処理における最近の問題点   198−212
燃焼・有害物質から見た廃棄物処理技術   213−219
Recent problems of the treatment of waste with hazardous substances in Japan   220−230
都市ごみ焼却炉排ガスの接触還元脱硝法に関する研究 1 平山直道 著 231−235
都市ごみ焼却炉排ガスの接触還元脱硝法に関する研究 2 平山直道 著 236−242
わが国における有害物質を含む廃棄物の処理技術の進歩   243−253
ごみ処理技術の最近の国際的課題   254−256
急速に変貌するアメリカのごみ処理(抜粋)   257−272
都市廃棄物の管理   273−279
海外における環境保護と日本の立場   280−283
環境行政への期待   284−286
東南アジアのごみ処理(抜粋)   287−291
廃棄物に係わる海外事情   292−297
「廃棄物学会誌」の創刊に当たって   298−300
廃棄物問題の現状と廃棄物学会の取組み   301−303
21世紀までに開発・推進したい廃棄物処理技術   304−309
環境(特に廃棄物)問題と企業   310−311
21世紀に継続できるごみ処理システム   312−315
特集によせて−エネルギー問題について考える   316−318
都市廃棄物処理における焼却灰安定化に関する国内外の技術・研究開発調査 平山直道 ほか著 319−334
廃棄物のサーマルリサイクル   335−337
ごみ熱量の有効利用の将来   338−339
法律上での廃棄物処理の責任関係   340−341
一般廃棄物の減量・再利用の現状と将来   342−344
ごみ焼却とエネルギー   345−355
主要な物品のリサイクル活動の現状と排出抑制、再利用促進のための施策   356−357
ごみエネルギー利用の現状と将来   358−363
一般廃棄物のリサイクル設備   364−371
産業廃棄物の処理・リサイクル   372−378
ごみ発電の現状と展望   379−382
わが国における焼却灰処理技術の現状と課題   383−395
真空加熱分離法によるトランス部材からのPCB除去   396−403
焼却炉におけるダイオキシン対応技術   404−408
スラグ排出型ロータリーキルンによる焼却灰と飛灰等の混合溶融処理   409−412
高効率廃棄物発電材料に関する東京都プロジェクトの概要と成果   413−415
高効率廃棄物発電を目指したスーパーヒータ材料の実炉試験と環境計測技術   416−418
実炉試験における高耐食性スーパーヒータ材料の耐環境性評価   419−422
実炉試験における高耐食性スーパーヒータ材料の腐食損傷解析   423−426
廃棄物のガス化溶融技術の現状と問題点   427−445
廃棄物関連技術発展の経過・現状・課題   446−454
東京都と産業廃棄物処理の公共関与   455−457
日本における廃棄物処理新技術とエネルギー利用の方向   458−469
20世紀の環境衛生を動かした技術   470−475
第一期「フォーラム環境塾」開塾ご挨拶   476
2001ウェステック実行委員会委員長挨拶   477−478
環境産業に期待する   479−480