サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
後白河院政期新制の基礎的考察 下郡剛 著 8−14
中世国家軍制の形成 奥野中彦 著 15−25
河内石川源氏の「蜂起」と『平家物語』 川合康 著 26−43
安倍氏の陸奥国府在庁官人化について 嶋本尚志 著 44−54
「鎌倉武士」の成立と武士論研究の課題 野口実 著 55−61
源頼朝の権大納言・右近衛大将補任について 北村拓 著 62−69
鎌倉幕府草創期における私戦世界と地域社会 鈴木国弘 著 70−86
「十郎家忠」武勇譚からみた金子村山党の歴史的位置 鈴木国弘 著 87−99
鎌倉幕府の支配と三浦氏 上杉和彦 著 100−107
中野能成について 岡本隆明 著 108−120
九条道家の政治思想 市川浩史 著 121−129
官司請負制の内実 井上幸治 著 130−141
鎌倉幕府の裁判における和与の認可申請手続について 西村安博 著 142−182
鎌倉時代の検非違使 宮崎康充 著 183−192
鎌倉幕府の御願寺政策 海老名尚 著 193−207
六波羅探題発給文書の研究 久保田和彦 著 208−220
初期鎌倉府における所務沙汰の一形態 原田正剛 著 221−234
鎌倉府「薩捶山体制」と宇都宮氏綱 江田郁夫 著 235−242
根城南部一族新田氏と新田城 藤田俊雄 著 243−250
室町幕府 川岡勉 著 251−258
初期室町幕府における訴陳状の送達について 岩元修一 著 259−265
山門使節と室町幕府 小風真理子 著 266−280
永享初年における足利義教政権の構造と特質 石崎建治 著 281−286
室町幕府奉公衆葛山氏 杉山一弥 著 287−299
「史大夫」小考 中島善久 著 300−317
室町期における地下官人領の経営と守護大名 畠山聡 著 318−326
古河公方の関東禅院支配 阿部能久 著 327−335
『正任記』に見える大内政弘と博多神社 川添昭二 著 336−343
足利将軍家御一家石橋氏と尾張戸(富)田荘 下村信博 著 349−357
中世期の出羽国平賀郡の領主と領域 遠藤巌 著 349−357
戦国期在地領主の関所支配 松沢徹 著 358−365
梶原政景の政治的位置 新井浩文 著 366−371
甲佐同盟に関する一考察 丸島和洋 著 372−383
伊勢宗瑞家臣伊奈弾正忠盛泰の出自に関する一考察 和気俊行 著 384−391
川中島合戦の虚像と実像 柴辻俊六 著 392−397
上杉景勝の権力確立と印判状 片桐昭彦 著 398−407
上杉・織田氏間の交渉について 木村康裕 著 408−415
戦国期畿内周辺における領主権力の動向とその性格 長谷川裕子 著 416−426
播磨国別所氏系譜試論 渡辺大門 著 427−432
毛利氏発給文書による家臣団の格付けについて 金井優子 著 433−451
戦国大名毛利氏と兵糧 菊池浩幸 著 452−463
安国寺恵瓊の虚像と実像 津野倫明 著 452−463
尼子氏の石見国進出をめぐって 原慶三 著 464−489
戦国時代における筑前国宗像氏発給文書の一考察 桑田和明 著 490−501
筑後における菊池氏の権力形成と大友氏の領国支配 中村知裕 著 502−512
豊臣政権の贈答儀礼と鷹狩 盛本昌広 著 513−526
弘安四年四月『異国降伏祈禱記』の歴史的意義 伊藤一美 著 527−541
北からの蒙古襲来 中村和之 著 542−546
高麗大蔵経と室町幕府 金光哲 著 749−757
キリシタン時代の日ポ外交におけるイエズス会宣教師 高瀬弘一郎 著 547−576
国司の対荘園政策よりみる延久荘園整理令の意義について 鈴木利男 著 577−593
備前国小豆嶋庄に関する一考察 遠城悦子 著 740−748
和泉国日根荘「俊通朝臣奉行分」をめぐって 橋本浩 著 594−601
中世後期における京郊荘園の収取と在地動向 西谷正浩 著 602−628
東寺領山城国東西九条の伝領について 西谷正浩 著 629−642
地方から見た土倉 中島圭一 著 643−651
東国御家人と交通路 青木啓明 著 734−739
札狩の検討について 重成裕 著 652−662
北の中世港湾都市油川とその時代 工藤弘樹 著 663−671
文安2年「兵庫北関入船納帳」に登録された備前牛窓の船と船頭 藤田裕嗣 著 723−733
中世瀬戸内水運と海賊衆村上氏 前田久美子 著 672−683
茂別館跡についての考察 市村高男 著 684−694
守山城の歴史と構造 高田徹 著 695−701
但馬の伊達氏とその居城について 宿南保 著 702−711
安芸国人吉川氏の本拠城 木村信幸 著 712−722