サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
アルコール依存症に対する鍼の効果はまだ確かではない 川喜田健司 訳 2−3
耳介に対する疼痛刺激は身体の疼痛の閾値を上昇させる 北川毅 訳 4−5
喘息に鍼が有用かどうかの答えはまだ得られていない? 戸田一雄 訳 6−7
花粉症に対する鍼の効果はエビデンスがない 黒須幸男 訳 8−9
PC6(内関)の刺激は悪心と嘔吐を抑える 須山聡 訳 10−11
鍼による脳卒中回復 北原麻矢 訳 12−13
鍼は脳卒中からの回復を促進した 丁宗鉄 訳 14−15
PC6(内関)の指圧 津谷喜一郎 訳 16−17
口腔乾燥症における鍼 鶴岡浩樹 訳 18−19
経穴注射に関する研究 鶴岡優子 訳 20−21
禁煙に関して鍼とニコチンガムにはプラセボ以上の効果はない 小林聡 訳 22−23
鍼による不妊症治療 寺崎一利 訳 24−25
鍼による乾性角結膜炎治療 中村行雄 訳 26−27
禁煙の鍼 浜田淳 訳 28−29
喘息に対する鍼のレビューは結論に至らない 堀口和彦 訳 30−31
アルコール依存症に鍼は有効か?支持しそうなエビデンス 川喜田健司 訳 32−33
鍼は原発性レイノー症候群の治療に有効であるか? 北川毅 訳 34−35
鍼通電は大腸内視鏡時の鎮痛に有用かもしれない 北原麻矢 訳 36−37
まだ疑問は残るものの鍼の後の血中アルコール濃度の低下 黒須幸男 訳 38−39
集中鍼治療は禁煙のポジティブな助けとなった 須山聡 訳 40−41
より信頼できる偽鍼をめざして 戸田一雄 訳 42−43
鍼は全身麻酔下で効果あり 小林聡 訳 44−45
乾癬に対し経穴を用いた鍼は効果がない 小野直哉 訳 46−47
あまりにも楽観的なオーバービュー 鶴岡浩樹 訳 48−49
鍼治療は統合失調症の抗精神病薬の量を減らせるかもしれない 鶴岡優子 訳 50−51
TENSが慢性腰背部痛に対して有効であるというエビデンスはない 丁宗鉄 訳 52−53
鍼は男性の妊孕力低下に有望そうだ 寺崎一利 訳 54−55
鍼が健康な人の交感神経活動を抑えることはない 中村行雄 訳 56−57
鍼は小児の片頭痛に有効 浜田淳 訳 58−59
鍼は女性における尿路感染症の再発を抑制する 堀口和彦 訳 60−61
鍼通電治療は重症な狭心症の苦痛を和らげるか? 川喜田健司 訳 62−63
鍼に対する生理的反応は繰り返し行う施術によって変化し得る 北川毅 訳 64−65
禁煙に対して鍼の効果は認められない 北原麻矢 訳 66−67
脳地図によって見い出された経穴と遠隔器官の関係 黒須幸男 訳 68−69
新しい鍼のプラセボ? 須山聡 訳 70−71
骨盤位は灸で治せるかもしれない 戸田一雄 訳 72−73
鍼は神経因性膀胱の治療に有望である 小林聡 訳 74−75
頚部痛に対して鍼治療か物理療法か?同じような成功率 小野直哉 訳 76−77
鍼とコントロール療法に関するパイロット試験 鶴岡浩樹 訳 78−79
歯痛の鍼治療のシステマティック・レビュー 鶴岡優子 訳 80−81
頚部疼痛に対する日本式鍼治療 丁宗鉄 訳 82−83
鍼治療は分娩時痛の軽減に役立ちそうだ 寺崎一利 訳 84−85
腰痛の鍼治療に関して、システマティック・レビューによって得られた相反する結論 中村行雄 訳 86−87
脳卒中のリハビリテーションにおける感覚神経刺激 浜田淳 訳 88−93
鍼はヒト免疫不全ウイルス関連性神経障害に役立たない 堀口和彦 訳 94−95
コカイン依存症に鍼は無効である 川喜田健司 訳 96−97
腰痛治療に対する効果 北川毅 訳 98−99
鍼は更年期障害を一時的に軽減させるかもしれない 北原麻矢 訳 100−101
線維性筋肉痛の治療に鍼は有効か 黒須幸男 訳 102−103
慢性の難治性てんかんに対する鍼治療には特異的な効果がない 須山聡 訳 104−106