サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
喩としての「仏国土」 武久康高 著 10-17
古典文学と情報技術 原雅子 著 18-24
梅史 3 小林祥次郎 著 25-35
花の吉野 黒田彰子 著 36-47
平安前期における「院」に関する一考察 原田真由美 著 48-56
作品に描かれたこども『枕草子』『今昔物語』を通して 小西律 著 715-719
延久三年「勧学会之記」をめぐって 後藤昭雄 著 57-67
王朝貴族と仏名会 竹居明男 著 68-78
平安朝における「つごもり」について 周防朋子 著 79-89
斎王は何を食べていたか 成田美代 著 711-714
王朝国家期における近衛府大将の役割 鳥谷智文 著 90-97
皇子女の出生順について 安田政彦 著 98-104
平安時代の「女人禁制文書」について 牛山佳幸 著 105-109
小右記訓読稿 5 松原輝美 ほか著 110-114
小右記訓読稿 6 松原輝美 ほか著 115-150
本朝月令の成立 清水潔 著 151-168
秘蔵された〈都市図〉 永井久美子 著 169-179
「牛の角文字」考 正木好弘 著 180-186
唐招提寺蔵『孔雀経音義』院政期点の声調体系 佐々木勇 著 187-193
「む」「ん」の字体の使用について 井藤幹雄 著 194-198
中古における四段「〜アフ」について 近藤明 著 199-202
仮名文における「飽かず」の用法 阿久沢忠 著 203-208
中古散文作品における形容動詞対照語彙表 村田菜穂子 著 691-710
中古に於ける指示副詞「かく」の程度副詞・陳述副詞化について 井上博嗣 著 209-223
西念寺本類聚名義抄における増補と脱漏 小林恭治 著 224-234
『色葉字類抄』所収語に関する一試論 町田亘 著 235-240
『権記』に見られる類義語・類義表現 清水教子 著 688-697
空海『秘蔵宝鑰』についての素描 野崎守英 著 241-264
文鏡秘府論の撰述事情 大石有克 著 265-270
嵯峨朝詩賦に描かれた神泉苑の自然 井実充史 著 271-276
河陽文学の初発 井実充史 著 277-284
新資料紹介「田家集」 政所賢二 著 285-295
対策考 浜田寛 著 296-302
菅原道真研究 焼山広志 著 303-309
菅原道真研究 焼山広志 著 310-314
江吏部集試注 8 木戸裕子 著 315-319
江吏部集試注 9 木戸裕子 著 320-323
公任の『和漢朗詠集』の編纂方法私見 田中幹子 著 324-333
濁音符「」「」交用資料としての真福寺本『本朝文粋巻十二』小考 西崎亨 著 334-337
平安朝恋歌の「…人」表現 倉田実 著 338-344
嵯峨朝の女流作家たち 熊谷直春 著 345-350
伝教大師詠とされる釈教歌についての考察 土居奈生子 著 351-361
『新撰万葉集』注釈稿 上巻・秋部43・44 津田潔 著 362-367
『新撰万葉集』注釈稿 上巻・秋45-47 半沢幹一 著 368-381
染殿内侍をめぐって 木戸久二子 著 382-386
『古今集』の古風歌群と新風歌群 宇佐美昭徳 著 387-393
古今集における漢文学の日本的受容 森本直子 著 394-406
古今集仮名序の「ことわざ」について 徳原茂実 著 407-413
古今集仮名序「みかどの御はじめ」考 徳原茂実 著 414-418
『古今集』秋の部、「雁」から「露」の歌群の構造 平沢竜介 著 419-423
歌ことば「しのぶもぢずり」考 片岡智子 著 424-429
古今集旋頭歌から源氏物語へ 武田早苗 著 430-435
小野小町における「あはれてふこと」成立考 大塚英子 著 436-453
紀貫之の〈薔薇〉の歌 中島輝賢 著 454-458
紀貫之の〈色にも出でぬ恋〉贈答十首について 中島輝賢 著 459-463
源順の屛風歌 西山秀人 著 464-472
『古今和歌六帖』出典未詳歌の表現 西山秀人 著 473-478
『古今和歌六帖標注』翻刻 6 伊藤一男 著 479-486
『古今和歌六帖標注』翻刻 7 伊藤一男 著 487-495
『賀茂保憲女集』研究 小塩豊美 著 496-501
「円融院の御果ての年」と「椎柴」 古瀬雅義 著 502-506
藤原伊祐と公任の贈答歌 古瀬雅義 著 507-516
藤原道長の和歌活動 上 片山剛 著 517-524
藤原道長の和歌活動 中 片山剛 著 525-529
『紫式部集』注釈史の忘れもの 久保朝孝 著 530-534
挽歌群考察 新井幸恵 著 535-546
「高陽院行幸和歌」の基礎的研究 三原まきは 著 547-555
後冷泉朝期の藤原頼通 和田律子 著 556-560
『成尋阿闍梨母集』における自然と心のかかわり 滝雅士 著 681-687
嘉承二年春・夏の堀河天皇周辺の雅事 古池由美 著 561-569
周防内侍の家 岡田美也子 著 570-574
三奏本「金葉和歌集」の「詞書」の語彙について 若林俊英 著 575-586
行基菩薩和讃の特質について 米山孝子 著 587-597
催馬楽「東屋」攷 中田幸司 著 598-602
『梁塵秘抄』八十二番歌の「白地の凡夫」考 鈴木佐内 著 603-606
歌い女の主たち 植木朝子 著 607-612
明性寺本仮名書き『往生要集』の仮名遣 西田直敏 著 613-630
「七夕の涙」考 岩井宏子 著 631-638
古今和歌集定家本始終 野口元大 著 639-649
恵慶法師の歌風の形成について 松本真奈美 著 650-655
『賀茂保憲女集』研究 小塩豊美 著 656-661
経信の歌の新しさについての一考察 川野良 著 662-668
【バイ】子内親王家歌合の性格 三原まきは 著 668-675
『伯母集』について 近藤香 著 676-680