サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『栄花物語』の表現 竹村志津子 ほか著 9-17
『栄花物語』小考 安藤靖治 著 18-24
『大鏡』天皇紀の語り 伊神絵里 著 25-30
『大鏡』の「宝の君」考 松本治久 著 31-36
『大鏡』の「権者」 松本治久 著 37-41
『大鏡』の養子攷 菊地真 著 42-45
『大鏡』と『玄玄集』との関連性について 松本治久 著 46-49
『大鏡』顕信出家記事の方法 中島俊博 著 50-55
東松本『大鏡』「大臣列伝」の出家記事 中島俊博 著 56-60
大鏡本文の性格 根本敬三 著 61-65
校訂が付された東松本『大鏡』が示す本文状況 加藤静子 著 81-93
今鏡における「声」 大木正義 著 94-99
今鏡の表現二題 大木正義 著 100-108
「水鏡」をどう評価するか 河北騰 著 109-120
『水鏡』の外国記事についての一考察 陳文瑤 著 121-124
『水鏡』諸伝本の標目について 多田圭子 著 125-135
専修寺本『水鏡』の本文について 1 青木毅 著 136-144
『扶桑略記』の性格 柳町時敏 著 145-160
「仮手之文」とは仮名文の意なるか 上 今浜通隆 著 161-169
『扶桑略記』の史料引用 宇佐美正利 著 170-180
『陸奥話記』と安倍氏 樋口知志 著 181-191
実方説話生成考 安藤亨子 著 192-200
藤原公任三船譚考 秋本宏徳 著 201-207
『大和物語』から『今昔物語』へ 松本猛彦 著 208-212
黄泉がえらない景戒の夢 岡部隆志 著 213-221
『日本霊異記』における家族形態について 栗原弘 著 563-574
日本霊異記における「甚」の用法 佐原作美 著 222-227
『日本霊異記』と神の衰微 青野美幸 著 228-235
『日本霊異記』の狐女房譚 青野美幸 著 236-242
読『冥報記』 松尾良樹 著 243-247
『今昔物語集』試論 安東大隆 著 248-253
歴史の中の感情表現 西尾和美 著 556-564
今昔物語集の漢語サ変動詞 藤井俊博 著 549-557
『今昔物語集』にみられる副詞型(ト型)象徴詞について 平田歩 著 254-260
破戒・悪行説話の一考察 石橋義秀 著 260-267
『今昔物語集』巻十五をめぐる二つの問題 上 佐藤辰雄 著 268-271
古本説話集下巻本文と注釈(抄) 新間水緒 著 272-293
土左日記の人称構造 山下太郎 著 294-300
土左日記の文体 阿久沢忠 著 543-550
私情の表出 土方洋一 著 301-307
平安時代和文における「さかし」の意味用法について 土居裕美子 著 308-315
『蜻蛉日記』の「なにかは」をめぐって 内野信子 著 316-320
「記す」ことと「書く」こと 金子富佐子 著 321-325
平安女流文学に現れる色表現について 1 難波めぐみ 著 326-332
『紫式部日記』の主題と構造 村井幹子 著 333-344
『紫式部日記』の表現 渡辺久寿 著 345-355
紫式部日記「消息文的部分」の「…人」表現 倉田実 著 356-361
「唐絵」と「女絵」 川名淳子 著 362-368
紫式部における藤原実資の影響 永谷聡 著 369-377
『和泉式部日記』の隠された執筆意図 菅根順之 著 378-386
和泉式部日記と枕草子の間 沢田正子 著 387-393
『和泉式部日記』の複合動詞 岡野幸夫 著 394-398
和泉式部「帥の宮に参る」考 伊藤博 著 399-407
更級日記上京の記の表現について 元吉進 著 408-413
「讃岐典侍日記」における排除の構図 中村成里 著 414-419
嘉承三年正月三が日の記事について 土田育子 著 420-424
『枕草子』と仏教言説 武久康高 著 425-432
『枕草子』の言説分析 2 武久康高 著 433-438
物語史の中の〈草子〉 中島和歌子 著 439-446
『枕草子』に見える一条天皇像 倉本一宏 著 447-464
枕草子 園山千里 著 465-471
『枕草子』の「はづかし」とその周辺 土屋博映 著 472-478
『枕草子』日記回想章段の〈光〉と〈影〉 江寺真 著 479-483
「春はあけぼの」と「春のあけぼの」 上野辰義 著 484-492
『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」段の年次 山田利博 著 493-496
『枕草子』の〈書く〉主体 土方洋一 著 497-503
校訂が付された東松本『大鏡』が示す本文状況 加藤静子 著 66-80
「信濃国聖事」のなりたちとその語り手 木村紀子 著 504-514
『覚鑁聖人伝法会談義打聞集』相伝をめぐる筆録の方法 藤井佐美 著 515-522
平安朝の食文化考 佐藤茂美 著 538-544
讃岐典侍日記 太田たまき 著 523-527
『枕冊子』枕考 甲斐チェリー 著 528-537