サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
織田政権の奉行人と京都支配 竹本千鶴 著 9−15
下野宇都宮領太閤検地の施行過程について 江田郁夫 著 16−24
文禄・慶長の役における秀吉の城郭戦略 白峰旬 著 699−719
慶長期における駿府政権の対大名意識 鍋本由徳 著 25−30
勘定奉行神尾春央巡見先触の伝達をめぐって 村田路人 著 31−39
寛政二年における幕閣首脳部と改革批判の高揚 高沢憲治 著 40−55
「東照宮天下御一統支干御相当御祝儀」について 岩橋清美 著 688−698
大名殿席「溜詰」の基礎的考察 野田浩子 著 56−67
越後の幕府代官たち 西沢淳男 著 68−82
旗本渡辺氏の在地代官と中筋陣屋 大国正美 著 83−98
斎宮歴史博物館所蔵村田家文書から見た近世天皇制の一考察 榎村寛之 著 99−102
系譜にみる近世の公家社会 久保貴子 著 103−115
後桜町天皇宸記 後桜町女帝宸記研究会 著 116−126
幕末期における木戸孝允の対幕意識 田口由香 著 127−132
幕末期公家の政治意識形成とその転回 笹部昌利 著 133−143
幕末での地域における朝廷勢力と武家・民衆 伊藤孝幸 著 144−150
京都守護職に対する幕府の財政援助 新田美香 著 151−161
文久期の京都政局と米沢藩 西沢真由子 著 162−168
福岡藩慶応元年の政局と黒田播磨 梶原良則 著 169−185
新発見の「ええじゃないか」資料 武藤真 著 186−206
弘前藩宝暦改革における「標符(通帳)」の形態について 滝本寿史 著 207−214
義民「弥五兵衛」と藩政改革 名須川溢男 著 215−222
小田原藩の農民身分編成について 厚地淳司 著 223−236
近世盆踊対策の比較史的考察 三好昭一郎 著 237−246
鳥羽藩における春免制と小検見 藤谷彰 著 678−687
越後騒動の基礎的考察 内野豊大 著 247−254
高松藩の藩政改革と修史事業 胡光 著 255−265
萩藩天保期の藩財政 田中誠二 著 266−278
幕末期萩藩の宰判別牛馬廻船漁船数について 石川敦彦 著 279−283
天保期福岡藩における藩財政と政治動向 高山英朗 著 284−291
近世の鉄砲改めと山村 武井弘一 著 292−300
近世越中の小廻船、平寿丸のロシア漂流について 深井甚三 著 301−305
日本の開国と北方・蝦夷地 井上勝生 著 306−321
文化・文政期における加賀藩の海防政策 倉田守 著 322−333
竹島一件の再検討 池内敏 著 334−346
朝鮮通信使接待と田原藩 西田真樹 著 347−357
近世薬種貿易史への数量的接近 孫緋 著 668−677
オランダ商館長ドゥーフとフヴォストフ文書 松本英治 著 653−669
ペリーの白旗書簡は偽文書であるが、「此旗弐本差出」は事実である 岩下哲典 著 651−654
清代使琉球冊封使汪楫について 曾煥棋 著 634−650
宝暦期・天明期における飛驒屋の企業者活動 三ツ木芳夫 著 614−633
近世後期、秋田地方の小廻り船と松前・蝦夷地 保坂二美子 著 358−367
江戸時代後期における鹿沼麻の流通 平野哲也 著 368−379
近世後期、城下町金沢の菓子屋と菓子について 深井甚三 著 380−389
「近江商人」の家訓・店則にみる「立身」と「出世」 宇佐美英機 著 390−399
包銀の流通 小田忠 著 400−408
幕末期における播州網干湊の発展と地域社会 三浦俊明 著 409−422
近世後期の漁業構造と地域社会 後藤雅知 著 423−432
丹波立杭焼における土取り場支配の構造 橘倫子 著 433−443
江戸明治期におけるガラス器の補修 棚橋淳二 著 444−457
寒川の酒造業 田中勉 著 458−463
岡山の織物 富気久江 著 607−613
幕末期の「物産会」に見る物と人の交流 吉野俊哉 著 594−606
富士山信仰における須山口の位置 菊池邦彦 著 464−485
近世関所法令の歴史的変遷と諸問題 金井達雄 著 486−495
能州馬緤浦と日本海交通 泉雅博 著 496−505
加賀藩宿駅制と御郡奉行 杉本晴介 著 506−515
近世のお伊勢参り道中日記一覧 田村貞雄 著 516−525
江戸時代末期と明治初期の二家族の四国遍路の旅 稲田道彦 著 578−589
松前家による系図作成の一齣 工藤大輔 著 526−528
尾張国絵図の記載事項について 桜井芳昭 著 529−535
幕府預り人に関する一史料 庄洋二 著 536−576
文書調査の方法・体制をめぐって 塚本明 著 572−577
「徳川実紀」の編纂について 藤実久美子 著 562−571
弘前藩「御絵図目録」の発見とその意義 本田伸 著 549−557
府内御城再築御願一件 三ツ股正明 著 558−561