サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

収録作品一覧

西鶴が語る江戸のミステリー 西鶴怪談奇談集

西鶴が語る江戸のミステリー 西鶴怪談奇談集

  • 井原 西鶴(著)/ 西鶴研究会(編)
作品 著者 ページ
殺されたふたりの女商人—『西鶴諸国ばなし』巻二の五「夢路の風車」 森耕一 口語訳 9-18
狐が化けた女—『西鶴諸国ばなし』巻三の四「紫女」 森田雅也 口語訳 19-28
一生にただ一人の男—『西鶴諸国ばなし』巻四の二「忍び扇の長歌」 有働裕 口語訳 29-38
首のミステリー—『西鶴諸国ばなし』巻五の六「身を捨てて油壺」 平林香織 口語訳 39-44
少女と異人殺し—『本朝二十不孝』巻二の二「旅行の暮れの僧にて候」 篠原進 口語訳 45-60
娘たちの悶死—『本朝二十不孝』巻三の一「娘盛りの散り桜」 立道千晃 口語訳 61-76
崩壊する家族—『本朝二十不孝』巻四の二「枕に残す筆の先」 大久保順子 口語訳 77-86
奈落の底にさそう昼舟—『懐硯』巻一の二「照を取る昼舟の中」 宮沢照恵 口語訳 87-100
呪いの絵姿—『懐硯』巻三の五「誰かは住し荒屋敷」 堤邦彦 口語訳 101-116
猿はなぜ自殺したか—『懐硯』巻四の四「人真似は猿の行水」 染谷智幸 口語訳 117-130
瓜ふたつの謀略—『懐硯』巻五の一「面影の似せ男」 杉本好伸 口語訳 131-144
快楽殺人の裏側—『本朝桜陰比事』巻二の一「十夜の半弓」 藤川雅恵 口語訳 145-158
鑑定やいかに—『本朝桜陰比事』巻三の八「壺掘りて欲の入れ物」 石塚修 口語訳 159-166
拉致からの生還—『本朝桜陰比事』巻四の九「大事を聞き出だす琵琶の音」 畑中千晶 口語訳 167-180
捨てられた子供が大きくなったとき—『新可笑記』巻三の五「取りやりなしに天下徳政」 広嶋進 口語訳 181-190
口は禍の門—『西鶴織留』巻四の一「家主殿の鼻柱」 加藤裕一 口語訳 191-207
死ぬことのできない男の恐怖—『万の文反古』巻三の三「代筆は浮世の闇」 中嶋隆 口語訳 209-222
逃げても追い来る怨霊—『万の文反古』巻五の二「二膳据ゑる旅の面影」 竹野静雄 口語訳 223-236