サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
平安後期の和歌と作り物語 湯川直美 著 9-12
初期平安京の文学空間 井実充史 著 13-18
納涼詩の受容 岩井宏子 著 19-24
菅原道真の荘子引用 佐藤信一 著 25-32
菅原道真研究-『菅家後集』全注釈 4 焼山広志 著 41-44
菅原道真研究-『菅家後集』全注釈 5 焼山広志 著 45-52
江吏部集試注 10 木戸裕子 著 53-58
『和漢朗詠集』巻下、竹、四百三十三番について 根木優 著 59-66
文字分析による『和漢朗詠集』雲紙本と関戸本との関係 山本まり子 著 67-72
戊辰切『和漢朗詠集』の位置 山本まり子 著 73-78
道長使用暦暦注の日出入時刻と昼夜時間の「ズレ」をめぐって 安藤重和 著 687-691
小野宮実資 加納重文 著 79-96
成尋の『日記』を読む 井上泰也 著 97-114
『江家次第』年次索引 山本昌治 著 677-686
『医心方』における字音声点の加点目的 加藤大鶴 著 115-122
公卿の日記に見られる語彙の一特徴 清水教子 著 670-676
『小右記』に見られる批判文の語彙 清水教子 著 661-669
古文書(『平安遺文』)における「須(すべからく〜べし)」の用法について 堀畑正臣 著 123-132
「ずして」の意味 関一雄 著 133-138
平安時代における可能・不可能の不均衡の問題をめぐって 吉井健 著 139-150
中古に於ける「指示副詞“かく”+副助詞」の程度副詞性・陳述副詞性 井上博嗣 著 151-164
中古に於ける指示副詞「かく」+係助詞の意味用法 1 井上博嗣 著 165-180
中古における指示副詞「かく」+係助詞の意味用法 2 井上博嗣 著 181-196
『平安遺文』の宣命書き資料 乾善彦 著 197-204
西念寺本類聚名義抄における増補と脱漏 小林恭治 著 205-220
十二世紀における義天版の書写とその伝持について 宇都宮啓吾 著 221-228
山口県吉敷・竜蔵寺蔵蘇悉地羯羅供養法(平安時代中期・角筆点)語彙索引 柚木靖史 著 229-250
平安朝四季歌の「…人」表現 倉田実 著 251-256
平安和歌における字余り歌 山本啓介 著 257-266
『新撰万葉集』注釈稿(上巻・秋部・48〜49) 半沢幹一 著 267-272
『新撰万葉集』注釈稿(上巻・秋部・50〜52) 半沢幹一 著 273-286
小野小町における「花の色」と「たのみ」 1 大塚英子 著 287-304
六十九首本『小町集』の考察 角田宏子 著 305-314
貫之小伝 安藤靖治 著 315-340
『躬恒集』注釈 4 平沢竜介 ほか著 341-360
古今集仮名序「歌のさま六つ」例歌存疑 徳原茂実 著 361-364
古今集歌と伊勢物語歌 2 佐藤和喜 著 373-378
源順集「藤大納言家障子の歌」注釈 原田真理 著 379-382
実相院蔵『朝忠中納言集』翻刻・解題 宮崎あや 著 383-387
惟成弁集注釈 下 笹川博司 著 417-444
『古今和歌六帖標注』翻刻 8 伊藤一男 著 445-454
『古今和歌六帖標注』翻刻 9 伊藤一男 著 455-462
立ち居につけて都恋しも…… 原田敦子 著 463-470
紫式部伝考 1 斎藤正昭 著 471-478
相模の「うゐごと」 久保木寿子 著 479-486
藤原道長の和歌活動 下 片山剛 著 487-496
拾遺和歌集詞書に見る対象尊敬と聞手尊敬 田所寛行 著 497-506
拾遺和歌集詞書と聞手尊敬語「侍り」 下 田所寛行 著 507-514
和泉式部歌の表現 新井幸恵 著 515-524
公任撰集の人麻呂歌 劉哲宗 著 525-532
『成尋阿闍梨母集』における涙の表現について 金子真理子 著 533-536
堀河朝の政治と男性歌人 古池由美 著 537-546
門と車と鬼をめぐる贈答歌 森正人 著 547-552
すみのぼるの系譜 村尾美恵 著 553-560
御子左家三代の悲願 佐藤恒雄 著 561-566
『奥義抄』下巻余の特立意図 東野泰子 著 567-576
『顕昭古今集注』注釈学の形成 上 紙宏行 著 577-582
歌論と説話 森山茂 著 583-588
清和即位前紀の構成と童謡 宮岡薫 著 589-594
雅楽『越天楽』の旋律と歌謡の歌詞 中小路駿逸 著 595-600
催馬楽「沢田川」攷 中田幸司 著 601-606
今様の思想 石黒吉次郎 著 607-618
古代物語文学と和歌との交渉 大洋和俊 著 619-624
古今集歌と伊勢物語歌 佐藤和喜 著 365-372
中古のテについて 竹部歩美 著 625-634
菅原道真研究-『菅家後集』全注釈 3 焼山広志 著 33-40
『躬恒集』注釈 3 平沢竜介 ほか著 323-340
『古今集』『後撰集』の僧侶歌人 今野厚子 著 635-640
『海人手子良集』題詠・補遺歌試注 曽根誠一 著 641-650
惟成弁集注釈 上 笹川博司 著 389-416
『万代和歌集』の斎宮女御関係歌 島田俊男 著 651-660