サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

収録作品一覧

21世紀:日本の建築 素材と現場から

21世紀:日本の建築 素材と現場から

  • シリーズ「20世紀:日本の建築」プロジェクトチーム(監修)/ 藤森 照信(ほか著)
作品 著者 ページ
素材と現場、それらを取り巻いている要素で考える 鈴木博之 著 2-3
工場に負けるな、現場 藤森照信 著 4-8
素材と現場が様式の見え方を超えていく 鈴木博之 ほか討議 9-17
コンクリートと悪戦苦闘する 安藤忠雄 著 18-21
素材と現場と工業化の狭間で 篠崎明夫 著 22-32
時代や社会と密接に結び付いた素材 中谷礼仁 ほか討議 33-42
二十一世紀:日本の建築の主体 鈴木博之 著 43-54
なぜ、この素材か 槇文彦 著 55-58
近代建築におけるアルミニウム 飯嶋俊比古 著 59-60
アルミニウム建築の可能性 内山協一 著 61-63
徹底的に近代的な材料でシステム化した素材 難波和彦 ほか討議 64-72
建築から見た鉄・鉄から見た建築 林昌二 著 73-74
鉄骨デザインの地平 佐々木睦朗 著 75-76
建築に対しては強すぎる材料を“軽く”使うことではねかえす 中谷礼仁 ほか討議 77-88
木材から、二十一世紀の建築を考える 石山修武 著 89-97
国際化は日本の建築生産をどう変えうるか 松村秀一 著 98-100
デザインプロセスと国際化 岡部憲明 著 101-104
「施工図はゼネコン」「材・工一式」が日本的なもののつくり方 伊藤毅 ほか討議 105-116
いま、なぜ木材か 有馬孝礼 著 117-119
木材は地域自然産品かグローバルな流通商品か 石山修武 著 120-125
メインテナンスのサイクルが確立され、融通性・柔軟性がある木造 石山修武 ほか討議 126-134
モダニズムの再評価からサステイナブル・デザインへ 難波和彦 著 135-140
航空機のメカニズムと造形 柴田真 著 141-143
劇場空間のメカニズム 清水裕之 著 144-146
メカニズムを根拠にしてはデザインできない建築の全体性 難波和彦 ほか討議 147-158
透明性の彼方 伊東豊雄 著 159-161
ガラス工法設計の私法 横田暉生 著 162-164
身体エロティシズムをもった虚の透明性 難波和彦 ほか討議 165-174
二十一世紀日本的システムの可能性 伊藤毅 著 175-184
パーフェクトリサイクル建築とは 尾島俊雄 著 185-189
ビルトエンバイロンメントで見えてくるパーフェクトリサイクル建築 石山修武 ほか討議 190-205
施主と建築家の歴史 熊倉功夫 著 206-210
大衆的パトロネージに拮抗する個の妄執こそが魅力の痕跡 伊藤毅 ほか討議 211-229
建築の先生-これまでとこれから 中谷礼仁 著 230-236