サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
劣りまさるけぢめ 下鳥朝代 著 9-16
『夜の寝覚』における「けはひ、有様」 渡辺純子 著 17-24
中納言はあまたあり 中西健治 著 25-30
『狭衣物語』「衣」考 土井達子 著 31-38
『狭衣物語』の天台 渡辺守順 著 39-44
狭衣大将の「ゆゆし」 中川正美 著 45-54
狭衣と若宮をめぐって 倉田実 著 55-62
狭衣物語の二人の右大臣女と先行物語 斎木泰孝 著 63-72
狭衣物語における女二の宮 三村友希 著 73-80
『とりかへばや』における愛の必然化・関係の偶然性 安田真一 著 81-90
『有明の別れ』における出生の秘密 松浦あゆみ 著 91-98
『有明の別れ』における楽と〈女の物語〉の構図 松浦あゆみ 著 99-106
栄花物語の「御」 榊原邦彦 著 107-116
『大鏡』筆録者攷 菊地真 著 117-120
表現から見た『大鏡』作者の位置 1 五十嵐正子 著 121-130
大鏡における花山院紀の位相 勝倉寿一 著 131-138
登場人物に迫る活動を仕組む 世良馨子 著 139-146
『大鏡』における朱雀院の処遇 勝倉寿一 著 147-152
『大鏡』道兼伝における兼綱・兼隆の位相 勝倉寿一 著 153-162
『大鏡』法成寺諸堂巡覧にみる大殿道長 末松剛 著 163-176
『大鏡』本文の性格 根本敬三 著 177-181
古典の創造的学習 奥村哲也 著 541-548
専修寺本『水鏡』の本文について 2 青木毅 著 183-194
行為としての信と夢見 石井公成 著 195-208
『日本霊異記』下巻第二十九縁考 石橋栄治 著 209-214
知恩院本『冥報記』の伝来について 李銘敬 著 215-220
古本説話集下巻・本文と注釈 新間水緒 著 221-232
『今昔物語集』における「オヂオソル」について 滋野雅民 著 233-242
『今昔物語集』天竺部巻二と本朝世俗部の仏 高橋貢 著 243-250
『今昔物語集』本朝王法部編纂過程考 村戸弥生 著 251-256
鳥説話としての天狗譚 永藤美緒 著 257-262
『今昔物語集』巻十五をめぐる二つの問題 下 佐藤辰雄 著 263-276
『新猿楽記』攷 伊沢美緒 著 277-298
『土左日記』の言葉選び 関一雄 著 299-304
『土佐日記』の意匠 平沢竜介 著 305-314
土佐日記の創造 石原昭平 著 315-326
『土佐日記』の時間的構造 菊田茂男 著 327-336
土左日記抄の開板と季吟日記 西野強 著 337-346
道綱母の転居と養女迎えの意味するもの 野中和孝 著 347-354
『蜻蛉日記』に見る作者の心情の安定 内野信子 著 355-366
「とりつくろひかゝはる」考 今西祐一郎 著 367-372
「しるきこと」考 川原田祐子 著 373-380
蜻蛉日記下巻における漢文的表現 斎藤菜穂子 著 381-386
『紫式部日記』の主題と構造 村井幹子 著 387-404
「紫式部日記」斎院の中将の君の書簡 福家俊幸 著 405-412
夢のやうにもこよひのだつ 川名淳子 著 413-422
倫子の不愉快 山本淳子 著 423-430
和泉式部日記の表現機構 金井利浩 著 431-436
更級日記の〈主題〉と〈作者〉 磯村清隆 著 437-446
枕草子・その音と声の風景 大洋和俊 著 447-450
枕草子・郭公考 磯山直子 著 451-456
平安朝の食文化考 池添博彦 著 529-539
『枕草子』の一考察 園山千里 著 457-464
平安女流文学に現れる色表現について 2 難波めぐみ 著 465-472
『枕草子』における音・声の研究 李暁梅 著 473-482
『枕草子』の「ゆかし」とその位置 土屋博映 著 483-488
詠まれなかった和歌 土方洋一 著 489-494
『枕草子』の新解釈 小林賢章 著 495-502
「春はあけぼの」をめぐって 岡内弘子 著 503-508
『枕草子』の翁丸の章段における清少納言 高有貞 著 509-518
『狭衣物語』女二宮における〈季〉と〈景〉 土井達子 著 519-528