サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『伊達天正日記』に記された天正十五年の外交関係の記事について 安部俊治 著 9−20
「対馬」からみた文禄の役 中野等 著 21−47
文禄・慶長の役における毛利吉成の動向 津野倫明 著 48−61
天皇権威と近世 高木昭作 著 62−69
明正天皇論 野村玄 著 70−92
朝幕関係のなかでの伊勢神宮 沢山孝子 著 93−101
松平定信の幕政進出工作 高沢憲治 著 102−122
寛政の改革と芥子雛・雛道具 是沢博昭 著 123−131
大坂定番制の成立と展開 宮本裕次 著 132−137
山田奉行の裁許権 塚本明 著 138−149
奈良奉行川路聖謨の植樹活動について 鎌田道隆 著 150−157
河内国貢租米の江戸廻米について 池田治司 著 158−170
異国船打払い令をめぐる評議について 藤田覚 著 171−178
天保期における幕府代官の廻状伝達 兼子順 著 769−777
鷹場制度終焉と鳥猟鑑札制度 安田寛子 著 179−189
幕末における将軍の上洛 日下英之 著 760−768
幕末期における一橋徳川家の軍事編成 加藤弘之 著 190−209
幕末期における木戸孝允の政治構想 田口由香 著 210−218
戊辰戦争における人員の徴発について 小林あつ子 著 219−226
八戸藩における地方知行制の展開 三浦忠司 著 227−235
近世後期松代藩の社会政策 山田正子 著 236−245
加賀藩における正保国絵図と道程帳 野積正吉 著 246−257
幕末期、福井藩の殖産興業策について 本川幹男 著 258−270
「藩窯」の経営と特色 谷口徹 著 271−282
丹後国宮津藩の溜入について 神崎直美 著 283−296
萩藩における「御仕成」と中間層 伊藤昭弘 著 297−307
福岡藩中老吉田家に見る「簡略」について 原三枝子 著 308−316
海賊船ユノナ号とアヴォシ号 A.A.キリチェンコ 著 747−759
蝦夷地と近世北奥羽 長谷川成一 著 317−328
場所請負制下のアイヌの狩猟 長沢政之 著 329−344
対馬藩の往来船管理と各浦の役割 岡本健一郎 著 345−356
江戸初期における日英間の貿易条件 山本亮子 著 357−366
江戸時代後期のオランダ商館長江戸参府に関する研究 梶輝行 著 367−387
唐人屋敷の設立と唐人の不法行為 熟美保子 著 388−396
土通事・謝必振とその後裔たち 西里喜行 著 397−405
阿部正弘の対外政策に関する一試論 田中弘之 著 406−412
近世後期における「領主的流通」の展開と木更津湊 落合功 著 413−425
西上州における信州米市場をめぐる市立て紛争の展開 井上定幸 著 426−439
近世商品流通に関する一考察 楠本美智子 著 440−463
いとう呉服店の店舗拡張について 種田祐司 著 464−470
近江商人川島宗兵衛家研究序説 宇佐美英機 著 471−483
三井家大元方の初期における会計計算・表示形式の試行錯誤的変遷 西川登 著 738−746
近世後期における阿波商家の支店運営 外園英彦 著 484−487
近世の山村と林産物交易 泉雅博 著 484−487
近世後期瀬戸内海地域における農業技術の一考察 浜田敏彦 著 503−513
近代移行期における製油業の展開 辻義浩 著 730−737
弘化から嘉永年間の苗代川における焼物生産について 深港恭子 著 514−521
近世後期における榎前村の木綿生産と販売 曲田浩和 著 522−529
近世後期高松藩における砂糖生産の特質 宇佐美尚穂 著 530−541
銘酒「剣菱」醸造元・津国屋勘三郎覚書 和島恭仁雄 著 542−547
和宮降嫁と利根沼田の助郷人足について 金子正宏 著 548−554
房川渡中田関所改方制度の変遷 石岡康子 著 555−570
『東海道絵図』について 木下良 著 571−588
『都名所図会』の流行について 斉藤智美 著 720−729
道中日記にみる畿内・近国からの社寺参詣 田中智彦 著 589−602
近世後期芸北地域における河川交通の実態 浜田敏彦 著 603−611
萩藩参勤交代の行程 南方長 著 612−623
河内国若江郡御厨村に残る「江州瀬田川洲浚絵図」について 池田治司 著 624−630
近世三田の六十六部史料 久下正史 著 631−640
一関藩田村家の花押型について 小岩弘明 著 641−651
『琉球国由来記』と基礎資料 玉城伸子 著 652−669
近世百姓印の捺印と使用状況 千葉真由美 著 670−681
南部利直の初期黒印状について 西野隆次 著 682−692
「榊原藩文書」と藩日記について 花岡公貴 著 693−708
藩制後期・秋田藩家臣団の系図に関する覚書 平田有宏 著 709−719