サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

収録作品一覧

病いと身体の英米文学

病いと身体の英米文学 (阪大英文学会叢書)

  • 玉井 暲(共編)/ 仙葉 豊(共編)
作品 著者 ページ
亡命者たちとバラバラ死体-『オルノーコ』から『ロビンソン・クルーソー』へ 服部典之 著 5-28
リリパットの国家身体-『ガリバー旅行記』における近代古代論争 武内正美 著 29-44
有機体としての国家と女性の肉体-スコットの『ミドロジアンの心臓』 米本弘一 著 45-64
アメリカのユダヤ人、その生と死-『ラヴェルスタイン』における病い、身体、自己 片淵悦久 著 65-85
「崇高」という病い-「享楽」の『コズモポリス』横断 渡辺克昭 著 86-110
『終わりよければすべてよし』と精神的不調-『二人の貴公子』を照射して 三浦誉史加 著 111-132
クラリッサの死因-メランコリーとショックと神経と 仙葉豊 著 133-155
理性、汎神論、そして再発見される身体-ウィリアム・ワーズワス 小口一郎 著 156-179
観相学から骨相学へ-『フランケンシュタイン』における身体性 小川公代 著 180-200
ヴァージニア・ウルフの病気のヴィジョン-セプティマスと戦争神経症 太田素子 著 201-220
ヴィクトリア朝における女性の衣服と身体-コルセットをめぐって 西村美保 著 221-242
リアム・オフラハティーの小説世界-存在の矛盾そして狂気 春木孝子 著 243-263
現代詩に見る身体モチーフ-モダニズムからポストモダニズムへ 白川計子 著 264-285
研ぎ澄まされた聴覚-『しあわせな日々』におけるウィニーの腹話術的声の身体 垣口由香 著 286-306
難病の視覚的表象-戯曲、映画、テレビの中のジョゼフ・メリック 山田雄三 著 307-328