サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『建武年中行事』雑考 8 佐藤厚子 著 9-18
普賢摩頂の今様・法華経絵・唱導 菅野扶美 著 19-32
鎌倉時代の文献に見られる漢字の通用現象に就いて 其2 高橋久子 著 33-68
「善悪」の語史 玉村禎郎 著 69-76
中世における助動詞の接続用法に関する一考察 坂詰力治 著 77-84
中世前期口語資料における記録特有語 後藤英次 著 85-96
『釈氏往来』の伝本について 三保サト子 著 97-100
『下学集』漢籍典拠研究 片山晴賢 著 101-114
『下学集』の漢籍典拠攷 木村晟 著 115-126
五山文学における禅月の受容 朝倉和 著 127-140
一休 広田哲通 著 141-146
和歌と中世文学 乾 丸山正道 著 720-724
中世勅撰集の「撰」の一様相 部矢祥子 著 147-156
歌枕としての「鞆の浦」考 古瀬雅義 著 157-164
御裳濯河歌合・宮河歌合考 橋本美香 著 165-170
『三十六人集難詞抄』呈示歌の本文異同について 曽根誠一 著 171-180
『忠度集』の法輪寺詠について 瀬良基樹 著 181-186
慈円の「一日百首」考 2 丸山正道 著 715-719
慈円と頼朝 丸山正道 著 187-198
今山八幡宮所蔵本『建礼門院右京大夫集』の書き入れ 2 田中司郎 著 199-206
『建礼門院右京大夫集』の本文の解釈をめぐって 弓削繁 著 207-214
寂蓮の私撰和歌集入集歌について 半田公平 著 215-228
「諸人」の景 谷知子 著 229-244
建仁元年「院句題五十首」寄物恋題歌の全釈 見尾久美恵 著 245-254
西行の「さびし」 中西潔 著 255-264
西行のいた水景 山本啓介 著 265-272
西行歌における海士の竿について 河内信子 著 273-280
西行の晩年 金任仲 著 281-292
俊成・定家の漢文判詞考 見尾久美恵 著 293-300
真名本『詠歌大概』論述部の訓読試案 田中雅和 著 301-308
定家の「有一節様」の本質 佐藤茂樹 著 309-320
藤原定家の「殊大切思給」述懐歌 今井明 著 321-326
定家の韻字四季歌 1 赤羽淑 著 327-334
和化漢文の定家の訓読における助動詞 田中雅和 著 335-342
定家「二見浦百首」の研究 関口祐未 著 343-352
権中納言藤原長方と藤原定家 草野隆 著 353-368
『百人一首為家本』について 吉海直人 著 369-378
百人一首の巻頭歌と巻末歌の意義 徳原茂実 著 379-388
『百人一首』考 阿部誠文 著 389-402
百人一首古注釈の研究に於ける書誌学的・文献学的意義 沢山修 著 403-408
『新古今和歌集』の天皇歌 榊原照枝 著 409-416
藤原家隆の「閑居百首」について 川野良 著 417-422
『新時代不同歌合』所載実朝歌の本文の吟味から 犬井善寿 著 423-438
「新勅撰和歌集」の「詞書」の語彙について 若林俊英 著 439-448
新出資料「土御門院女房」(冷泉家時雨亭文庫蔵)の翻刻 山崎桂子 著 449-456
後鳥羽院と本歌取 村尾誠一 著 457-462
後鳥羽院の『遠島御歌合』「忍恋」題歌について 渡辺健 著 463-468
後嵯峨院年譜 上 安田徳子 著 469-480
『安嘉門院四条五百首』試訳 その1・春部 田辺麻友美 著 481-488
続後撰和歌集の詞書における叙述主体について 深津睦夫 著 489-498
玉葉・風雅の式子内親王歌 平井啓子 著 499-504
『風雅和歌集』における「桜花」の位相 村尾美恵 著 505-510
故高乗勲氏旧蔵『草庵和歌集』 三村晃功 著 511-570
井蛙抄雑談篇全注釈 5 野中和孝 著 571-582
正徹の「於長谷寺詠十七首和歌」 田中新一 著 583-588
一条兼良古今伝授の成立 西野強 著 589-598
『新古今集聞書』の展開 松井律子 著 599-614
花の下連歌再考 広木一人 著 615-622
宗祇の独吟「何舟百韻」(犬山郷於政所) 余語敏男 著 623-628
資料紹介『宗祇東国旅日記』 津本信博 著 629-638
宗祇と「小倉色紙」 秋定弥生 著 639-650
連歌師宗長自伝『宇津山記』を読む 下 鶴崎裕雄 著 651-658
連歌師宗養所有の不動産について 岩下紀之 著 659-666
朝倉義景を謀殺した男の連歌 沢井耐三 著 711-714
早歌と道行文 外村南都子 著 667-672
早歌引歌一覧 外村南都子 ほか著 673-684
『法華秘中略歎抄』付載四書の翻刻と解説 柴佳世乃 著 685-690
西行『聞書集』所収十題十首の基礎的考察 宇津木言行 著 691-700
一向一揆と文学・序論 樋口大祐 著 701-710