サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

井上多喜三郎全集

井上多喜三郎全集

  • 井上 多喜三郎(著)/ 田村 修一(監修)/ 外村 彰(監修)
作品 著者 ページ
若い雲   21-29
花粉   31-50
浦塩詩集   51-80
コルボウ詩集   81-89
抒情詩集   91-102
  103-141
  143-172
華笛   175-193
女竹吹く風   195-203
井上多喜三郎詩抄(昭和四年版)   205-209
井上多喜三郎詩抄(昭和九年版)   211-213
拾遺詩   215-271
歌集三人   274-278
戦前歌拾遺   279-282
句集花のTORSO   283-284
戦前句拾遺   285-287
戦後句拾遺   287-288
  292
印象詩派横書   293-294
短詩について   295
ポエジイ雑考   295-296
「希臘十字」の高祖君   296-297
豆腐の動脈   297
村の地図(ここは近江の老蘇村)   297-299
料理余談   299-300
小感   300-301
日日好日集   301
「雪」の詩人   301-302
草津の張子   302-303
木形子礼讃   303-304
筆の舌   304
御挨拶と   305
麦畑について   305
天真   305-306
子供歳時記   306-307
ウラヂオの子供   307-310
衣料キップ余話   310-311
こくについての覚書   311-312
天童訣別記   312
木形子談義   312-313
長浜の詩鬼   313
放尿記   314
春寒記   314-315
『詩人学校』創立記   316
美しい行進曲   316-318
繖南雑記   318-320
繖南雑記 2   320-322
繖南雑記 3   322-324
高祖保君の手紙   324-327
土用の入り   327-328
ゆあみするニンフ   328-329
繖南雑記 4   329-330
依田義賢詩集ろーま   331
夢の中の真実   331-332
繖南雑記 5   332-335
「熊鷹」にて   335-336
香水社長   336
郷土がん具への郷愁   336-338
新築祝盃記   338-339
深瀬基寛 現代の詩心   339
上巳の雛   339-340
小林のこと   340-341
山の祭   341-342
永源寺紀行   342-346
安土町   346-347
宇宙旅行への夢   348
身辺元朝   348-349
依田のカルテ   349
次男坊就職   349-350
休火山   350
小幡土人形の新作品   350-351
  351-352
日本の性玩具考   352-353
蝸牛記   353
素描   353-354
詩碑と詩集   354-355
地蔵盆供文   355
アマチュア彩色   355-356
私の幻住庵記   356-357
愛壺記   357-358
友情小鼓   358
郷土玩具の命脈   358-359
忠君素描   360
小幡土人形   360
個展のことなど   360-361
「木馬集」の青春   361-363
浅春譜   363-364
晩秋閑日   364-365
こどもの詩について   365-368
酒仙   369
詩劇唄ふ馬鈴薯   372-373
鳥羽日記 屁合戦の巻   374-382
『東邦詩人』(一号)   384
『井上多喜三郎パンフレット』(三号)   384
第一次『月曜』(一、九号)   385-386
『春聯』(一、三号)   386-388
第二次『月曜』(一、三、五、七、九、一〇号)   388-392
『骨』(一、九、一四、一八、二〇、二三、二四号)   393-398
浦塩俘虜日記(抄)   400-418
弔辞(野口謙蔵)   419
「小幡土偶」について(序文)   419-420
詩を語る会(講演ノート)   420-425
教林坊庭園   426
詩集詩人学校(序文)   427
詩について   427-430
メモ(遺稿)   430-431
人形とともに二十年のあけくれ   436
詩人井上多喜三郎氏   437-438
「青い花を翳す…」(抄) 高祖保 著 440
浦塩詩集 岩佐東一郎 著 440-441
そつぽく谷 岩佐東一郎 著 441-442
井上多喜三郎論 大野新 著 443-454
多喜さんと云う人は 依田義賢 著 454-455
多喜さん 佐々木邦彦 著 455-456
近江のひと 深瀬基寛 著 456-457
詩人 山前実治 著 457-458
優しい詩鬼 天野隆一 著 458-460
老蘇の詩碑 田中克己 著 460-461
多喜さんのこと 杉本長夫 著 462
詩集『栖』考 武田豊 著 463
多喜さんの詩 川口敏男 著 464-465
たきさん牧歌 天野忠 著 465-470
多喜さん追憶 十和田操 著 470-471
繖山の麓に眠る詩人井上多喜三郎 田中冬二 著 471-477
老蘇の風呂 竹中郁 著 477-478
油断 小野十三郎 著 478-480
銅鐸のひびきをきく-詩集『曜』- 相沢等 著 480-481
挽歌 田中冬二 著 484-485
詩人井上多喜三郎のみたまに捧ぐる挽歌 堀口大学 著 485
エイプリルフールだつたと云うて戻せ 武田豊 著 485-487
青むぎのひげ 中川逸司 著 487-488
現場で 大野新 著 488
飄飄の多喜さん 児玉実用 著 489-490
昭和四十一年二月二十六日昼 天野忠 著 490