サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
むく鳥通信(未来主義の宣言十一箇条) 森鷗外 著 3−8
アンデパンダンの画 石井柏亭 画
未来派の絵画   10−11
フュウチュリズムを紹介す 森田亀之助 著 12−15
伊国未来派の宣言   16−17
将来派の絵画展覧会 長谷川天渓 著 17−23
未来派の絵 上・下 斎藤与里 著 24−25
未来派の絵 斎藤与里 著 26−33
未来派と若き伊太利 木村荘八 著 34−38
専横にして潜越なる彼等 岸田劉生 著 39−47
断はり書 木村荘八 著 48−51
巴里より 与謝野寛 著 52
未来派の音楽   53
未来派の詩 与謝野寛 著 54
立体派の諸作 与謝野寛 著 55
火曜日の夜 1 与謝野寛 著 56
美術界の紛憂   57
マリ子ッチと未来主義 ル・ブラン 著 58−85
カンデンスキーの象徴芸術論 中井宗太郎 著 86−92
洋画に於ける非自然主義的傾向 上・中・下 木下杢太郎 著 93−107
未来派の事 上・中・下 木村荘八 著 108−110
再び未来派に就いて 斎藤与里 著 111−113
未来主義の音楽   114
ベルリン・ゼツエシヨン展覧会 2 斎藤佳三 著 115
未来派に就て 木村荘八 著 116−120
巴里より 上・下 山本鼎 著 121
フューチリストの具体的解釈 永瀬義郎 著 122−131
文展第二部 3 木村荘八 著 132
立方派 アルベル・グリーズ 著 133−146
立方派に就て 木村荘八 著 147−155
未来派の婦人論 NK生 著 156
未来派婦人の楽欲論 ヷランテイヌ・ド・サンポワン 著 157−162
未来派の舞踊 上・下 松岡曙村 著 163−164
日曜附録   165
生活態度としての未来主義 仲田勝之助 著 166−168
動的意識の発現 仲田勝之助 著 169
東西覚え書き 重吉屋 著 170−171
表現派と立方派と未来派 斎藤佳三 著 172−173
伊太利未来派 森口多里 著 174−186
未来派の表現 嘯風 著 187
近代洋画界向に就て 鹿子木孟郎 著 188−189
狂に近きロシヤの未来派 昇曙夢 著 190−192
未来派と劇場 マリネッティ 著 193−198
未来派女詩人の踊 ヷランテイヌ・ド・サンポワン 著 199−211
未来派の新劇作家   212
芸術上の反逆・倫敦のサロン   213
未来派の休暇観暑中の工業地   214
シュワービングより(ミユンヘンだより) 澤木梢 著 215−234
秋の展覧会 7   235
未来派の主張 植田壽藏 著 236−245
未来派万歳 仲田勝之助 著 246
未来派万歳 仲田勝之助 著 247
露西亞の若き芸術 中井宗太郎 著 248−260
泰西画界新運動の経過及びキュビズム 上・上承前・中・中承前・下・下の下 森田亀之輔 著 261−293
世界的たらんとせる日本文芸の現状 1・4 西本翠陰 著 294−295
一日一信 仲田勝之助 著 296
立体派の詩 白鳥省吾 著 297−304
舞台組成論 カンヂンスキイ 著 305−311
印象派対未来派 有島生馬 著 312−319
未来派企画の新建築 若月紫蘭 著 320−323
新芸術に関して 1・2 NK生 著 324
旅中小感 8 岩村透 著 325−329
一日一信 仲田勝之助 著 330
広告・書評ほか   331−332