サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

収録作品一覧

司法改革 市民のための司法をめざして

司法改革 市民のための司法をめざして

  • 日弁連司法改革実現本部(編)
作品 著者 ページ
司法改革で日弁連は何を目指したのか 川中宏 著 14−30
日弁連の積極姿勢が改革の推進力に 久保井一匡 述 31−45
「市民の司法」を制度づくりの立脚点に 本林徹 述 46−58
法律家の養成はこうなる 石井邦尚 著 60−81
弁護士制度の改革はどこまできたか 高中正彦 著 84−107
裁判官制度の改革はどこまで進んだか 宮本康昭 著 110−116
戦後の司法をめぐる状況の変遷 明賀英樹 著 117−120
下級裁判所裁判官指名諮問委員会の枠組みと到達点 中尾正信 著 121−128
裁判官人事評価制度の改革と課題 明賀英樹 著 129−136
裁判官の給源の多様化、多元化 小川達雄 著 137−145
家庭裁判所委員会の再生、地方裁判所委員会の新設とそれぞれの課題 中村元弥 著 146−153
裁判員制度の概要とその成立経緯および今後の課題 西村健 著 156−182
日本司法支援センター設立の意義と課題 岡慎一 著 184−196
ADRの拡充・活性化はどうあるべきか 小笠原勝也 著 197−208
「合意による弁護士報酬敗訴者負担」法案になぜ反対したか 斎藤義房 著 209−223
裁判迅速化法で裁判はどう変わるか 中尾正信 著 226−238
これからの民事裁判どう変わるか、どう変えるか 松森彬 著 239−250
家事事件・人事訴訟事件はどう変わるか 谷英樹 著 251−261
刑事裁判はどう変わるか 幣原廣 著 262−277
行政訴訟はどう変わるか 越智敏裕 著 278−293
労働訴訟はどう変わるか 水口洋介 著 294−308
知的財産訴訟はどう変わるか 三尾美枝子 著 309−320