サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

文化史学の挑戦

文化史学の挑戦

  • 笠井 昌昭(編)
作品 著者 ページ
〈改稿〉神話と歴史叙述 笠井昌昭 著 3−32
クスノキ像の制作と南朝仏教美術の伝播 大橋一章 著 35−51
装飾文様史の課題 山本謙治 著 52−70
『日本霊異記』にみる仏像観 秀平文忠 著 71−86
観心寺如意輪観音像と檀林皇后の夢 井上一稔 著 87−102
滋賀竹田神社・神像二軀制作年代について 土井通弘 著 103−112
滋賀・野洲市福泉寺木造阿弥陀如来坐像像内銘文の検討 高梨純次 著 113−127
信貴山縁起絵巻における「動き」「時間」の表現について 北康宏 著 128−146
平安・鎌倉時代の“迎講阿弥陀仏”について 關信子 著 147−162
往生者の肖像に関する一考察 岩田茂樹 著 163−182
摩頂付属の風景 土井陽子 著 183−197
《梅の花の人麿影》について 北原元秀 著 198−211
聚楽第と聚楽第行幸が描かれた洛中洛外図について 伏谷優子 著 212−233
岸駒筆浄福寺方丈襖絵と寛政期の岸駒について 岩佐伸一 著 234−250
島崎家伝来「書画帖」について 國賀由美子 著 251−268
司馬江漢の洋風風景画の画題について 樋口穣 著 269−285
松川半山筆肉筆風俗画にみる幕末・維新期大坂の風俗動向 中野朋子 著 286−301
南朝塼室墓の墓室空間構成 坪之内徹 著 305−315
「初期倭王権」の外交に関する一側面 細川修平 著 316−330
飯積(泉)寺について 栗原弘 著 331−345
能の幽霊・考 南本有紀 著 346−359
大名庭園の研究と諸問題 神原邦男 著 360−370
『花暦八笑人』にみる服装の運搬機能 山名邦和 著 371−383
京都療病院の創立 八木聖弥 著 384−395
横井金谷のこと 石丸正運 著 396−408
僧尼犯罪の裁判・刑罰執行から見た古代の仏教と世俗の関係 蟬丸昌子 著 411−421
古代政変の変質 蟬丸朋子 著 422−448
天平一九年資財帳における書式の規範力について 三好直 著 449−465
東大寺献物帳施入過程の再検討 沢田瞳子 著 466−482
薬師寺最勝会の開始年について 難波謙一 著 483−498
宇多・醍醐朝における天皇家親子意識の変質 岩田真由子 著 499−513
『聖徳太子伝暦』本文をめぐる諸問題 光川康雄 著 514−527
千観の浄土思想と行実について 滝沢幸恵 著 528−541
文学作品からみる院政期の中国観 嶋本尚志 著 542−558
『扶桑略記』所見「大富天神」再考 竹居明男 著 559−574
清盛家家政の一断面 高橋昌明 著 575−588
勧賞譲与による仏師の僧綱位叙任をめぐって 杉崎貴英 著 589−609
隆海筆『御質抄』考 栗本徳子 著 610−638
西山宝菩提院沿革考 松本公一 著 639−658
鈴鹿家所蔵「万治二年九月十一日神嘗祭使王卜串」考証 加茂正典 著 659−674