サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『夜の寝覚』の宇治十帖引用の方法 赤迫照子 著 9−15
夜の寝覚 渡辺純子 著 17−24
『夜の寝覚』の命令・勧誘表現 川上徳明 著 25−60
浜松中納言物語の題名 中西健治 著 61−69
浜松中納言物語注釈覚書 中西健治 著 71−76
『狭衣物語』の今姫君の養女性をめぐって 倉田実 著 77−84
『浜松中納言物語』における〈不孝〉 八島由香 著 85−97
狭衣物語巻二本文研究ノート 片岡利博 著 99−103
神宮文庫本『狭衣』翻刻 巻1 萩野敦子 著 105−119
神宮文庫本『狭衣』翻刻 巻2 萩野敦子 著 121−137
山口県文書館蔵『狭衣物語系図』翻刻と解題 西本寮子 著 139−145
『とりかへばや』における「宇治」 阿部絵里香 著 147−152
『とりかへはや』蓬萊氏本系統の伝本をめぐる考察 西本寮子 著 153−160
物語の行方 阿部絵里香 著 161−166
『大鏡』の成立に関する一考察 小園絢子 著 167−172
『大鏡』本文の性格 5 根本敬三 著 173−177
表現から見た『大鏡』作者の位置 2 係り結び「こそ、ぞ、なむ」の使用から 五十嵐正子 著 179−189
『大鏡』道隆伝における隆家の位相 勝倉壽一 著 191−196
『大鏡』伊尹伝・義孝に関する逸話について 伊神絵里 著 197−205
『大鏡』における安子物語 秋本宏徳 著 207−213
大鏡「師尹伝」論 勝倉壽一 著 215−222
『水鏡』の語彙・語法ここそこ 小久保崇明 著 223−238
副詞「イマダ(未)」の用法から見た『水鏡』の文体的性格 青木毅 著 239−244
専修寺本『水鏡』の本文について 3 青木毅 著 245−250
中古仮名日記4作品を対象としたD10語彙の意味分野別構造分析 加藤浩司 著 586−590
平安朝の食文化考 3報 池添博彦 著 578−584
蜻蛉日記成立の基底 斎藤菜穂子 著 251−256
『かげろふの日記』の文体・その形成基盤 土方洋一 著 257−267
『かげろふの日記』上巻と「ものはかなし」 李惠遠 著 269−276
白菊のメッセージ 赤間恵都子 著 277−282
紫式部の内なる世界 宮崎莊平 著 283−289
紫式部の国際意識 河添房江 著 291−295
紫式部と藤原宣孝 上野辰義 著 297−311
『紫式部日記』「これ、遅くては悪からん」鶏肋 小川幸三 著 313−320
『和泉式部日記』の表現 高野祥子 著 321−328
定家本更級日記の「人」と「ひと」の表記 阿久澤忠 著 329−333
『日本霊異記』上巻第三縁と道場法師伝 青野美幸 著 335−339
〈やまい〉と鬼神 山口敦史 著 341−345
『三宝絵詞』断簡二・三について 宮田裕行 著 347−349
魂を飛ばす仙人小野篁 中前正志 著 351−362
後三条天皇と護持僧・成尊 奥田静代 著 363−368
源頼政・鵺伝説考 志村有弘 著 369−374
『今昔物語集』と音楽説話 佐藤辰雄 著 375−382
菩薩と人との交わり 柏木寧子 著 566−576
ジェンダー化される性愛 西尾和美 著 557−564
『今昔物語集』にみえる動物と人間 西尾和美 著 548−556
『今昔物語集』における「イハク…トイフ」「イフヤウ…トイフ」「…トイフ」について 滋野雅民 著 383−393
古典文における使役文・受身文の格表示 小田勝 著 541−546
「亀が空を飛ぶ話」の生成と展開 湯谷祐三 著 395−413
『今昔物語集』巻二八について 村戸弥生 著 415−421
枕草子の表現の生成機構 大洋和俊 著 423−432
平安女流文学に現れる服飾表現について 難波めぐみ 著 433−440
擬制の恋愛 土方洋一 著 441−446
枕草子研究の動向と展望 赤間恵都子 著 447−454
『枕草子』の「かたはらいたし」の位置 土屋博暎 著 455−461
仮定・婉曲とされる古典語推量辞「む」の連体形 山本淳 著 532−540
公民館における文学講座の実践報告 古瀬雅義 著 463−469
『枕草子』の一視点 安藤靖治 著 471−480
枕草子と歌枕「飛鳥川」 忠住佳織 著 481−488
歌を詠まぬ風雅 藤本宗利 著 489−495
枕草子「少納言よかうろほうの雪いかならん」 小倉肇 著 497−506
『枕草子』における聞き書き章段の一考察 高有貞 著 507−512
『枕草子』「三条の宮におはしますころ」段についての一私解 山田利博 著 513−515
『狭衣物語』和歌試論 佐藤尊礼 著 517−522
『和泉式部日記』に見える作者意識と場面性 藤川晶子 著 523−530