サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

収録作品一覧

大乗佛教思想の研究 村中祐生先生古稀記念論文集

大乗佛教思想の研究 村中祐生先生古稀記念論文集

  • 村中祐生先生古稀記念論文集刊行会(編集)
作品 著者 ページ
出家菩薩と在家菩薩 袴谷憲昭 著 3−18
初期中国仏教の経典注釈書について 菅野博史 著 19−36
天台止観における発菩提心の大乗的特徴 星宮智光 著 37−60
天台智顗の縁起観 秋田光兆 著 61−86
天台大師智顗の如来蔵義 池田宗譲 著 87−119
天台大師の従假入空觀について 木村周誠 著 121−136
天台における声聞 池田晃隆 著 137−146
智顗説『金剛般若経疏』の思想傾向 阿純章 著 147−160
法華教学史における地涌菩薩観の変遷 田村完爾 著 161−175
南山道宣と禅観 塩入法道 著 177−192
「去此不遠」の釋をめぐって 金子寛哉 著 193−206
長水子【セン】の『金剛経』理解 吉津宜英 著 207−219
不二・即思想の展開 宮澤勘次 著 221−234
dhātu‐vāda考 柏倉明裕 著 235−249
一念三千論と近代科学思潮 河村孝照 著 251−263
『楞厳経』の観音耳根円通について 崔昌植 著 265−279
梁代の仏教文化 坂本廣博 著 281−307
隋代の佛舎利信仰 遠藤順昭 著 309−321
入唐・入宋僧の行路と彼らが見た水運 齊藤圓眞 著 323−346
輪蔵再考 永井政之 著 347−359
上清經述(『雲笈七籤』巻四)試釈 福井文雅 著 361−368
大覚国師義天三碑文試釈 多田孝正 著 369−391
韓国社会における大乗菩薩信仰 金永晃 著 393−411
伝教大師撰述の菩薩考 渡邊守順 著 415−426
「福利群生」思想の受容と展開の考察 大沢亮湛 著 427−451
最澄将来の天台諸祖に関する伝記資料について 桑谷祐顕 著 453−473
「三年にして功を畢えなん」考 高木訷元 著 475−493
伝教大師と千年屋 川勝賢亮 著 495−508
僧正遍昭攷 日下部公保 著 509−518
千観の浄土教思想 梯信暁 著 519−536
源信撰『阿弥陀経略記』の現生不退転説の思想的展開 小山昌純 著 537−549
『自行念仏問答』の撰者と思想について 花野充道 著 551−572
中古天台口伝法門にみえる複疎三諦について 荒槇純隆 著 573−587
伊豆浄蓮について 利根川浩行 著 589−608
一念三千と妙法五字 淺井圓道 著 609−616
日蓮聖人の菩薩観 渡邊寶陽 著 617−628
道元禅師の戒律思想 佐藤達玄 著 629−643
南光坊天海の大僧正補任年次考 宇高良哲 著 645−670
古活字の時代における天海版一切経木活字の位相 水上文義 著 671−690
「天海蔵」の成立について 中川仁喜 著 691−705
『修験道修要秘決集』を読む 中山清田 著 707−722
釈教歌から見た法華経四要品 筑土秀玄 著 723−742
『梁塵秘抄』に現れた菩薩について 上田本昌 著 743−759
芭蕉における止観的美意識 三崎義泉 著 761−774
服飾文化史からみた裙の意味 鳥居本幸代 著 775−784
第二次世界大戦前における教化の研究 蛭田道春 著 785−800
義寂撰『法華論述記』の一考察 三友健容 著 117−156
チベット訳『維摩経』と《Mahāvyutpatti,翻訳名義大集》 前田崇 著 103−116
パーリ仏教と大乗の境界線 勝本華蓮 著 89−101
「中観派の空性説」という言葉 林慶仁 著 71−88
仏像の出現と大乗仏教 一島正真 著 57−69
『ニシーハ』第三章・第四章 奥田清明 著 3−55