サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
文芸美について 4 文芸作品の構造 渡辺孝夫 著 9-13
もう一つの旅行記 丁貴連 著 15-22
蕪村と朔太郎 安保博史 著 23-31
島根県大田市西行堂をめぐって 木下資一 著 33-38
方言資料としての狂俳書一覧 冨田和子 著 39-49
枕詞はなぜ衰退し、消滅したのか? 小池清治 著 51-56
信濃国の歌枕名所考 佐佐木忠慧 著 57-68
参河国の歌枕名所考 佐佐木忠慧 著 69-75
伊勢国の歌枕名所考 1 佐佐木忠慧 著 77-96
伊勢国の歌枕名所考 2 佐佐木忠慧 著 97-116
歌枕淀の風景 原田敦子 著 117-122
唱歌から読む『國語元年』 坂本麻実子 著 673-680
歌謡の生態とテキスト 小野恭靖 著 123-126
口承文芸の展開 石川純一郎 著 127-135
おもちゃ絵の歌謡続考 小野恭靖 著 137-141
文選読の意図 柏谷嘉弘 著 143-149
古語における形容詞「よし」と形容詞「よろし」のことばの意味 小澤次郎 著 151-153
をかし・おかし別語説の成立と受容 田中康二 著 155-174
ツトメテ考 小林賢章 著 175-185
アスペクトから見た動詞「生ク」(四段・上二) 近藤明 著 187-191
自然を描写するタリ活用形容動詞について 漆谷広樹 著 662-672
日本文学のなかの「ことば遊び」 4 倉西博之 著 193-198
中古・中世文学 丸山正道 著 651-660
東西の古典文学における“知足”観 安徳軍一 著 637-650
大学生の日本古典文学理解について考える 岡内弘子 著 630-636
入門期古典随筆教材の取り扱いについて 原國人 著 199-205
変顔と説話・民話の心理学 星野五彦 著 207-211
「雪渡り」と物語りの歌謡的成立 谷本誠剛 著 619-628
昔話語りの拡散 武田正 著 213-223
『昔話採集手帖』の方法 石井正己 著 225-231
おとぎ話・昔話に視る精神分裂病様態 横山博 著 603-618
グリム童話と『日本の昔ばなし』の比較 太田伸広 著 589-602
豊川進雄神社の能人形面 飯塚恵理人 著 233-239
幕末明治初年の名古屋芝居興行 安田徳子 著 241-247
豊川水系に見る「鬼」 春日井真英 著 582-588
北海道民話の研究 その1 阿部敏夫 著 573-580
アイヌ語地名の日本語接触変化 鏡味明克 著 566-572
スンカニの発生と展開 狩俣恵一 著 249-263
九州西部・琉球方言の動詞テ形・タ形に起こる音韻現象についての試論 有元光彦 著 557-564
『官話』(新本文書)における動詞の形態 高橋俊三 著 547-556
種子島方言の文表現法研究 瀬戸口修 著 532-546
ブラジルにおける日本文学の受容 福田秀一 著 265-281
日中古代文芸観の比較 孫久富 著 283-300
日中霊魂観の比較 諏訪春雄 著 301-305
目的表現をめぐる日中対照研究 田中寛 著 515-530
名詞一語文における〈疑問/平叙〉の閾値:日韓対照研究 田中彰 著 507-514
日本語とその読み その2 山井徳行 著 307-312
日本語アクセントの表記に関する考察 神田卓朗 著 502-506
振り仮名表現の諸相 内山和也 著 496-500
拗音仮名「茶(荼)」をめぐって 肥爪周二 著 313-319
エモギとヨモギと 今野真二 著 321-330
人体の部位名称に由来する日本語地名の分類 鏡味明克 著 489-494
年齢を表す名詞語彙の変遷 山口堯二 著 331-338
国語辞書における「板額」の語釈に対する疑義 高橋永行 著 483-488
「更」の代替語「今」の周辺 原栄一 著 339-343
助数詞「本」の用法の拡張について 小出慶一 著 476-482
日本語における存在文と所有文の主語と尊敬語化について 登田龍彦 著 469-474
接続詞の二重使用の分析 馬場俊臣 著 460-468
名詞を列挙する「そして」について 梅林博人 著 455-458
措定文読みとウナギ文読みの曖昧性をめぐって 西山佑司 著 444-454
補助動詞「おく」が表す、事態の価値評価 山部順治 著 424-442
渥美半島方言助詞の研究 江端義夫 著 417-422
『郡上方言』の文法 山田敏弘 著 401-416
近畿西部方言の間投表現法 神部宏泰 著 345-350
福井県鯖江市方言における命令表現の形式 今尾ゆき子 著 394-400
兵庫県の垂井式アクセント・低進式アクセントについて 都染直也 著 384-392
奥備後方言の敬語表現法 神部宏泰 著 351-356
母語としての日本語教育における待遇表現の位置付けについて 細野はるみ 著 357-367
学生の母語としての日本語力について 中道知子 著 378-382
絵巻『猿ケ嶌敵討』翻刻と注解 沢井耐三 著 369-376