サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

収録作品一覧

小説の心、批評の目

小説の心、批評の目

  • 日本民主主義文学会(編)
作品 著者 ページ
小説のことば、文学のこころ 森与志男 著 9-20
小説の新しさとは 辻井喬 著 21-32
文学の批評精神 小林昭 著 33-45
文章への意識 吉開那津子 著 46-58
短編小説 草川八重子 著 61-71
長編小説 田島一 著 72-83
ルポルタージュと現代 稲沢潤子 著 84-94
戯曲のつくりとつくり方 平石耕一 著 95-106
第一作「乞食の歌」を書くまで 津上忠 著 109-121
町工場での労働が糧となって 宮寺清一 著 122-128
文学に求めてきたもの 旭爪あかね 著 129-135
あつよしの夏と、やまびこのうたの心模様 笹山久三 著 136-147
「光の中に歩みいでよ」を書くまで 平瀬誠一 著 148-154
ある新人の自問自答 浅尾大輔 著 155-162
過去の闇を逆照射する光 丹羽郁生 著 163-170
コンクリートの床の上で 佐伯一麦 著 171-184
批評論序説 永井潔 著 187-200
「リアリズム論」を考える 乙部宗徳 著 201-212
プロレタリア文学の魅力 祖父江昭二 著 213-226
走り書き・在日朝鮮人文学 安宇植 著 227-238
ハンセン病文学と民主主義文学 宮本阿伎 著 239-251
民主主義文学とは 新船海三郎 著 252-268