サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

仮名草子研究叢書 復刻 第2巻 雑誌論文集成 2

仮名草子研究叢書 復刻 第2巻 雑誌論文集成 2

  • 深沢 秋男(編・解説)/ 菊池 真一(編・解説)
作品 著者 ページ
伽婢子に於ける翻案について 宇佐美喜三八 著 2-29
近世小説研究史略 重友毅 著 31-51
『難波鉦』の地位 頼桃三郎 著 52-70
仁勢物語成立に就いての私見 朝田祥次郎 著 71-72
「可笑記」覺書 安部亮一 著 73-83
「醒睡笑」と裁判物 岡本新太郎 著 84-89
「怪談全書」の著者について   91-93
假名草紙小論 熊谷孝 著 95-109
艶書小説の考察 市古貞次 著 111-127
お伽草子と後代文學 後藤丹治 著 129-133
「犬枕」に就いて 杉浦正一郎 著 134-142
江戸時代に於ける支那小説飜案の態度 齋藤護一 著 144-167
近世怪異小説の一源流 潁原退藏 著 169-180
「怪談全書」著者續考 長澤規矩也 著 181-183
假名草子の輪廓 片岡良一 著 184-201
浮世物語の意義 野田壽雄 著 202-213
假名草子の文藝性 暉峻康隆 著 214-228
名所記概説 鶴見誠 著 229-240
醒睡笑の研究 波多郁太郎 著 241-250
東海道名所記について 岡田希雄 著 252-272
「假名草子」の意味 市古貞次 著 273-280
假名草子の世界 野田壽雄 著 281-290
假名草子の戀愛と死 市古貞次 著 292-298
安樂庵策傳とその周圍 中村幸彦 著 299-312
近世小説 麻生磯次 著 314-322
近世小説樣式論 暉峻康隆 著 323-336
策傳宛光廣の書簡 朝倉治彦 著 337
可笑記の著者について 水田紀久 著 339-341
日州漂泊野人の生涯 松田修 著 343-359
御咄の衆の事 關山和夫 著 360-363
近世における小説論 鵜月洋 著 364-372
變身 松田修 著 373-385
近世初期評判記略年表 小野晋 著 386-390
木下長嘯子と安樂庵 關山和夫 著 391-394
假名草紙に於ける庶民教化の一斷面 寺谷隆 著 396-405
活字本、繪入本、色彩の本 横山重 著 407-421
近世初期小説の一性格 市古貞次 著 422-429
假名草子の説話性 中村幸彦 著 431-449