サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
古代のウタにみる史伝法の変遷 内藤磐 著 9-14
「まかね」考 廣岡義隆 著 15-24
万葉応詔歌の一側面 村山出 著 25-35
『万葉集』の恋歌と仏教 石井公成 著 37-53
悲嘆の形象 石田千尋 著 55-65
『万葉集』の季節観と心情表現 金煕淑 著 67-71
万葉人の音楽と文芸心理学 星野五彦 著 73-77
二人の機織女 荒川理恵 著 79-87
アメリカにおける万葉集研究の現状 湯村礼子 著 631-646
「今案」と記すこと 城崎陽子 著 89-98
万葉集巻十八補修説の行方 乾善彦 著 99-104
廣瀬本萬葉集と萩原元克 鈴木武晴 著 105-111
万葉思ひ草 升田淑子 著 113-114
万葉思ひ草 2 升田淑子 著 115-118
万葉思ひ草 3 升田淑子 著 119-123
詩序の拓くもの 谷口孝介 著 125-130
『詩經』に於ける境界神祭祀詩に就いて 福本郁子 著 131-141
漢賦の「都城・宮殿賛美」と長歌の「国見・国褒め」の比較研究 孫久富 著 143-166
『貧女の吟』考 松崎治之 著 167-182
萬葉序歌における景と情の相関性 相澤京子 著 183-190
朝影考 福寛美 著 191-196
歌謡・和歌における反復表現と指示語 駒木敏 著 197-203
《初期万葉》の「相聞」 梶川信行 著 205-214
始原としての天智朝 小川靖彦 著 215-223
万葉歌人「中皇命」研究 木村康平 著 225-250
天武天皇御製歌の論 梶川信行 著 251-257
額田王歌のことばの連なり 辻憲男 著 259-266
額田王の挽歌表現をめぐって 平野由紀子 著 267-278
大津皇子詩歌における「錦」の発想 土佐朋子 著 279-283
大津皇子の周辺私抄 榊原忠彦 著 285-312
柿本人麻呂歌集歌の桜花 石田千尋 著 313-322
石見相聞歌の表現と構成 2 対照性と並行性 上安広治 著 323-332
小竹の葉の騒ぎ 渡部修 著 333-337
「泣血哀慟歌」と「石見相聞歌」の語るもの 下 山口孝晴 著 339-343
「泣血哀慟歌」と「石見相聞歌」の語るもの 補 山口孝晴 著 345-347
人麻呂の京に留まりて作る歌について 上森鉄也 著 625-630
降臨神話の展開 犬飼公之 著 349-355
明日香皇女殯宮挽歌論 伊藤延子 著 357-363
泣血哀慟歌再考 身崎壽 著 365-369
古代と福祉 鈴木武晴 著 371-374
「うらさびて荒れたる都」考 関隆司 著 375-388
志貴皇子の世界 その3 二六七番歌 森下幸男 著 389-391
「大宰府圏歌」考 阿部誠文 著 393-401
梅花歌三十二首考 呉英海 著 403-408
億良「日本挽歌」考 栗原俊夫 著 409-419
山上憶良日本挽歌論 村田右富実 著 421-428
憶良の「鎮懐石歌」と朝鮮の卵生神話 阿部誠文 著 429-438
高橋虫麻呂に関する基礎的考察 錦織浩文 著 620-624
虫麻呂の憧憬と諦観 大久保廣行 著 439-452
高橋虫麻呂の「筑波嶺に登りて嬥歌会を為る日に作る歌」 西地貴子 著 453-457
珠名の姿 桐生貴明 著 459-469
菟原処女の母の役割 藤田映里 著 471-480
万葉歌浦島伝に見る日本人の信仰 増田早苗 著 481-498
「打靡 吾黒髪」考 廣川晶輝 著 499-503
笠女郎の文字「為形」と「面景」 八木京子 著 505-510
『万葉集』の歌における男性から女性に対しての敬語 田野順也 著 511-516
大伴坂上郎女の「献天皇歌」 高野雄太 著 517-522
湯原王宴席歌考 川島二郎 著 523-528
「言問はぬ木すらあぢさゐ」再考 坂本信幸 著 529-536
大伴家持ホトトギス歌の特質 森斌 著 537-548
大伴家持の景 清水明美 著 549-554
家持の「李の花」の歌管見 霜野仁一 著 555-559
家持歌の到達点 小野寛 著 561-571
大伴家持の春愁歌 松田聡 著 573-579
伊香保嶺に雷な鳴りそね 渡部和雄 著 581-592
「泣く子守る山」考 保坂秀子 著 593-599
「紀伊の国の 室の江の辺に」歌考 小野寺静子 著 601-609
「【ツマ】」と「【ツマ】」 加藤有子 著 611-618