サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
盛岡藩一揆頭取「弥五兵衛こと万六」考 名須川溢男 著 9−20
江戸時代後期における村の自律性と百姓協同 平野哲也 著 21−28
「祭り」と「家格」 曽根總雄 著 29−40
改革組合村道案内の活動 坂本達彦 著 41−50
「武州世直し一揆」像の再検討 森安彦 著 51−69
近世期有力百姓の由緒と山地支配 大塚英二 著 70−80
慶応三年東海道吉田宿助郷騒動の再検討 橘敏夫 著 81−85
江戸出訴と駕籠訴の思惑 西脇康 著 86−96
近世菅浦村における地先支配 岸妙子 著 97−108
近世神社領の土地管理組織 田上繁 著 109−130
江州勢田川附洲浚と淀川筋御救大浚 池田治司 著 131−136
近世後期の万願寺村について 鎌谷かおる 著 137−142
窪屋郡における近世前期村方騒動の一考察 内池英樹 著 143−150
豪商大橋家と近世地域社会 山本太郎 著 804−815
土一揆としての島原の乱 神田千里 著 151−169
「地割制度」起源試論 黒島為一 著 170−185
幕末・明治初期における陸奥国一関城下の「町方」について 大島晃一 著 186−195
深川猟師町の名主 高山慶子 著 196−200
神奈川猟師町の御菜御肴上納 斉藤司 著 201−209
駿府における「百人組合火消」の機能 青木祐一 著 210−222
川除普請における宿と「町」の役割 井出努 著 241−249
貝塚寺内の成立過程についての一考察 上畑治司 著 250−261
福井城下の正月行事「馬威し」について 印牧信明 著 223−240
和歌山城付かわた村の社会構造 藤本清二郎 著 262−275
近世畿内三昧聖の自己認識と葬送文化 木下光生 著 276−289
速懸 塚本明 著 290−297
妻の後ろ座 伊藤信明 著 298−315
近世後期の出生をめぐる諸問題 沢山美果子 著 795−803
近世紀州で老いを支える 遊佐教寛 著 316−334
仙台藩領の「癩人小屋」について 鯨井千佐登 著 335−348
庄内藩の人足溜場について 高塩博 著 349−379
幕末維新期における神主の「支配」認識 靱矢嘉史 著 380−386
近世日本の書物知と仏教諸宗 引野亨輔 著 387−397
半檀家論の再検討 朴澤直秀 著 398−406
芦峅寺教算坊が大坂で形成した檀那場と立山曼荼羅 福江充 著 784−794
金沢東照宮と寛永寺常照院 曽根原理 著 407−418
牛頭天王祭礼付け祭り復活願いについて 巻島隆 著 419−425
役行者の顕彰と本山派修験 菅野洋介 著 426−432
幕末・明治初期の京都とキリスト教 笠井惠二 著 433−448
富士山頂と画人 金子信久 著 449−459
大坂画壇の展開と狩野派 木村重圭 著 460−466
酒井抱一と江戸琳派蒔絵 高橋綾 著 467−477
伝狩野永岳筆「文王呂尚図」 中谷伸生 著 478−487
木村探元日記 山下廣幸 著 488−520
『躑躅ケ岡図』にみる江戸中期仙台の遊楽 濱田直嗣 著 521−535
司馬江漢の風景画 樋口穣 著 775−783
儒教教育の日本的展開 荒川紘 著 536−552
《地球》概念のもたらしたもの 金沢英之 著 553−566
『漢学紀源』の編纂過程について 東英寿 著 567−571
中江藤樹年譜稿 吉田公平 著 572−581
助字と古文辞学:荻生徂徠政治論序説 相原耕作 著 582−613
安積澹泊と徂徠学 梶山孝夫 著 614−621
近世神道と国学における系譜尊重の意味 前田勉 著 622−631
本多利明の北方開発経済思想 宮田純 著 632−641
平田篤胤の儒教批判と聖人論 若松信爾 著 642−649
平田篤胤の国学思想と『西洋雑記』 中川和明 著 650−660
近世日本における「公私・公共」の思想 沖田行司 著 661−673
『海国図志』の西洋教育情報 岩田高明 著 766−774
天保期の大坂劇壇について 須山章信 著 674−684
近世後期の松前三湊における芸能興行と旅人宿 三浦泰之 著 757−765
西田直養の『金石年表』と「古物金石相撲」 石田肇 著 685−700
近世大坂新町遊廓と遊女名寄 松本望 著 701−709
地震の痕跡と『名所江戸百景』の新しい読み方 原信田實 著 735−756
十八世紀末大坂周辺村落における名所の出現と宣伝・普及 井上智勝 著 718−721
九州大村藩領の村人の日常食 有薗正一郎 著 722−734
山田松斎の交友と文人趣味 伊藤羊子 著 710−717