サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
心情表現と衣裳の記述 唐娜 著 9−12
親子関係から逃れられない狭衣 スエナガエウニセ 著 480−484
『狭衣物語』の女院 野村倫子 著 13−17
『狭衣物語』巻一の改作について 豊島秀範 著 19−28
狭衣物語巻三の本文系統 片岡利博 著 29−38
神宮文庫本『狭衣』翻刻 巻3−1 萩野敦子 著 39−50
神宮文庫本『狭衣』翻刻 巻3−2 萩野敦子 著 51−61
『とりかへばや物語』冒頭にみるもう一つの〈ねじれ〉について 近藤雅子 著 63−65
栄花物語の「御」 2 榊原邦彦 著 67−75
『大鏡』の語彙・語法二題 小久保崇明 著 77−91
『大鏡』における仁明天皇の位置 秋本宏徳 著 93−100
排除された国母藤原高子 谷澤明子 著 101−108
『日本霊異記』における善報譚の構造 佐原作美 著 109−127
『道賢上人冥途記』『日蔵夢記』備考 竹居明男 著 129−141
三輪流神道印信における慶円説話 鈴木佐内 著 143−148
今昔物語集の日本霊異記受容攷 上 佐藤辰雄 著 149−157
情報のネットワークによって変革された世界認識の方法 仲井克己 著 473−478
『今昔物語集』における副詞「イマダ」の性格について 青木毅 著 159−166
『今昔物語集』震旦部五時教判の意味 原田信之 著 167−177
作られた世間話 高橋貢 著 179−185
鶴見大学蔵『才葉抄』 黒田彰子 著 187−192
枕草子の言語宇宙 大洋和俊 著 193−198
さりげないものによるときめき 渡辺仁史 著 199−204
『枕草子』にみえるコミュニケーション 安田政彦 著 205−209
畳に乗った『枕草子』 黒木香 著 211−217
『枕草子』日記的章段と〈猿楽〉 杉美智子 著 219−226
枕草子の夏と冬 安藤亨子 著 227−234
『枕草子』小白川八講の段における藤原道隆論 高有貞 著 235−244
六位の笏と、辰巳から見た『枕草子』の章段構成 古瀬雅義 著 245−249
『枕草子』「月は」(二三四)の段の解釈 小林賢章 著 251−257
『枕草子』諸本の表現をめぐる一考察 安藤靖治 著 259−265
蓑虫はだれの子か 鈴木滿 著 267−285
『蜻蛉日記』の「われ」 内野信子 著 287−297
蜻蛉時鳥の鳴声映像 神尾暢子 著 299−307
平安中期の「侍り」をめぐって 森山由紀子 著 464−472
親族間の会話における「侍り」の用法 森山由紀子 著 458−462
『蜻蛉日記』上巻「桃の節供」の記事について 渡辺久寿 著 309−317
『かげろふの日記』中巻論 李惠遠 著 319−324
文章体としての『紫式部日記』の構造 土方洋一 著 325−331
『紫式部日記』の「けしき・けはひ」 岩原真代 著 333−341
『紫式部日記』「十一日の暁」段の年次と執筆意図 永谷聡 著 343−355
『紫式部日記』左京の君事件の記述態度 岡部明日香 著 357−362
『紫式部日記』消息体部分新釈の試み 山本淳子 著 363−371
紫式部日記古注釈における漢詩文典拠の指摘 岡部明日香 著 373−385
擬似漢文生成の一方向 乾善彦 著 387−391
『和泉式部日記』の物語的虚構化の方法 高木和子 著 393−402
『和泉式部日記』の執筆意図 菅根順之 著 403−406
『和泉式部日記』の視線 秋澤亙 著 407−415
菅原孝標女の梅花詠 岡部すみれ 著 417−427
『更級日記』の副助詞ノミ 田中敏生 著 451−456
歌合における『狭衣物語』摂取をめぐって 浜本倫子 著 429−433
〈夢のやう〉の表現史 加藤直志 著 435−442
『和泉式部日記』は三条西家本だけでは読めない・続稿 森田兼吉 著 443−449