サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

ハンセン病文学全集 8 短歌

ハンセン病文学全集 8 短歌

  • 大岡 信(編集委員/責任編集)/ 大谷 藤郎(編集委員)/ 加賀 乙彦(編集委員)/ 鶴見 俊輔(編集委員)
作品 著者 ページ
檜の影 第1集 九州療養所檜の影会 編 1−5
檜の影 第2集 九州療養所檜の影会 編 5−11
たかむら(篁) 辻一歩 著 11
東雲のまぶた 全生病院武蔵野短歌会 編 11−27
ゆうかり 回春病院ゆうかり社 編 28−31
しげる 伊東繁 著 32
島の角笛 長島愛生園長島短歌会 編 32−39
新しき住家 黒川眸 著 39−40
曼珠沙華 全生病院武蔵野短歌会 編 40−42
檜の蔭の聖父 九州療養所檜の影会 編 43−50
藻の花 大島療養所藻汐短歌会 編 50−54
隅青鳥歌集 隅青鳥 著 54−56
高原歌集 聖バルナバ医院高原社同人 編 57−60
楓蔭集 長島愛生園長島短歌会 編 60−68
やすらひ 飯崎吐詩朗 著 68−70
河鹿集 身延深敬病院 編 71−74
白描 明石海人 著 74−78
新万葉集と癩者の歌 内田守人 編 78−87
島田尺草全集 島田尺草 著 87−90
萩の島里 長島愛生園萩の花会 編 90−94
九州療養所アララギ故人歌集 熊本アララギ会 編 94−96
白砂集 大島療養所藻汐短歌会 編 97−102
松の花 合田とくを 著 103
冬潮 綾井譲 著 104−105
村上多一郎歌集 村上多一郎 著 106
仰日 伊藤保 著 107−109
菴羅樹 菊池恵楓園檜の影短歌会 編 109−119
青磁 長島愛生園長島短歌会 編 120−124
小島に生きる 長島愛生園 編 124−126
稜線 大島青松園青松歌人会 編 126−128
河鹿集 第2輯 身延深敬園鷹取短歌会 編 128−133
木がくれの実 多磨全生園武蔵野短歌会 編 133−141
苔龍胆 第1集 駿河療養所岳南短歌会 編 141−143
光明苑 邑久光明園楓短歌会 編 143−153
大島青松園青松歌人会 編 153−155
苔龍胆 第2集 駿河療養所岳南短歌会 編 155−157
あらくさ 長島愛生園長島短歌会 編 157−160
藤の影 太田井敏夫 著 160−161
天河 滝田十和男 著 162
雲遊ぶ山 秩父明水 著 163−164
陸の中の島   164−184
灌木地帯 神村正史 著 185−186
苔龍胆 第3集 駿河療養所岳南短歌会 編 187−189
あかつち 長島愛生園長島短歌会 編 189−191
海中石 邑久光明園楓短歌会 編 191−193
盲導鈴 栗生楽泉園高原短歌会 編 193−197
黒薔薇 壱岐耕 著 198−199
白樺 第1集 松丘保養園白樺短歌会 編 199−204
青芝 長島愛生園長島短歌会 編 205−206
未明の鳥 復生病院落葉社短歌会 編 207−208
河鹿集 第3輯 身延深敬園鷹取短歌会 編 209−214
深冬 光岡良二 著 214−215
石上の火 木谷花夫 著 215−217
輪唱 多磨全生園武蔵野短歌会 編 218−225
うもれ木 東北新生園新生編集部 編 225−228
一病息災 田井吟二楼 著 228−229
海雪 菊池恵楓園檜の影短歌会 編 229−232
田村史朗遺歌集 田村史朗 著 232−233
獄中歌 藤本松夫 著 234−235
畑野むめ歌集 畑野むめ 著 235−237
竜の都 沖縄愛楽園梯梧琉歌会 編 237−239
白樺 第2集 松丘保養園白樺短歌会 編 239−242
河鹿集 第4輯 身延深敬園鷹取短歌会 編 242−246
樅の木 松崎水星 著 246−248
義肢 笠居誠一 著 249−250
苔龍胆 第4集 駿河療養所岳南短歌会 編 250−254
神村正史 著 254−255
小見山和夫歌文集 小見山和夫 著 255−256
棕櫚の花咲く窓 桜戸丈司 著 256−259
蘇鉄の実   259−262
山霧 栗生楽泉園高原短歌会 編 262−266
蓑虫 萩原澄 著 266−267
風荒き中 沢田五郎 著 267−268
古代微笑 光岡良二 著 268−269
やどりぎ 林みち子 著 269−270
風光 長島愛生園長島短歌会 編 270−273
三つの門   273−282
無窮花 金夏日 著 283
白色白光 久保田明聖 著 284−285
異形 朝滋夫 著 285−287
白い視界 浅井あい 著 287−289
白樺 第3集 松丘保養園白樺短歌会 編 289−290
依田照彦歌集 依田照彦 著 291−292
苔龍胆 第5集 駿河療養所岳南短歌会 編 293−295
投影 赤沢正美 著 296−298
深川徹遺歌集 深川徹 著 298−299
光ある方へ 萩原澄 著 299−301
虎杖の花 双葉志伸 著 301−302
美しき非情 島田しげる 著 302−303
としつきの音 横山石鳥 著 303−305
死角の島 北田由貴子 著 305−307
身不知柿 古川時夫 著 307−309
歌禱の日日 佐藤一祥 著 309−311
檜影集 菊池恵楓園檜の影短歌会 編 312−314
みづきの花 光岡芳枝 著 314−316
心よ羽ばたけ 林みち子 著 316−318
しろたへの牡丹 神山南星 著 318
緑の島 太田井敏夫 著 319−320
冬の花 栗生楽泉園高原短歌会 編 320−322
開かれた門 多磨全生園武蔵野短歌会 編 323
いいぎりの原 内海俊夫 著 324−326
落葉の炎 鈴木和夫 著 327−328
睡蓮の花 板垣和香子 著 329−331
牡丹のあと 神山南星 著 331−332
花までの距離 政石蒙 著 332−334
サンルームの風 甲斐八郎 著 334−336
風光る 太田正一 著 336−337
地の上 沖縄愛楽園愛楽短歌会 編 337−342
熊笹の道 笹川佐之 著 342−344
花とテープ 谷川秋夫 著 345−346
朴の風ぐるま 沢田五郎 著 346−348
海光 長島愛生園長島短歌会 編 348−350
苔龍胆 第6集 駿河療養所岳南短歌会 編 350−354
北ぐに 田原浩 著 354−356
山茱萸の花 青木伸一 著 356−358
冬の光 鈴木楽光 著 358−360
津田治子全歌集 津田治子 著 361−373
樹瘤 朝滋夫 著 374−375
なぎの窓辺に 高橋寛 著 376−377
とちのは 島田秋夫 著 377−378
この島を 北田由貴子 著 379−381
山峡の石橋 伊藤輝文 著 381−382
木犀 汲田冬峯 著 383
三冬月 山岡響 著 383−384
固定されし椅子 森下静夫 著 384−385
寂光 鈴木靖彦 著 386−388
あかね雲 城郁子 著 388−390
白樺 第4集 松丘保養園白樺短歌会 編 390−392
屋我地島 里山るつ 著 392−394
あその麓に 芝精 著 394−395
大津哲緒 著 396−397
青葉の森 多磨全生園武蔵野短歌会 編 398−400
木洩れ陽の森 滝田十和男 著 400−401
雪椿の里 山岡響 著 402−403
ふゆの草 山本吉徳 著 403−404
黄土 金夏日 著 404−406
古里の山 上間源光 著 406−409
今ありて 萩原澄 著 409−410
清き空白 大村堯 著 410−411
五十年 浅井あい 著 412−413
森岡康行遺歌集 森岡康行 著 413−415
青天 入江章子 著 415−416
遁れ来て 千葉修 著 417−418
草に立つ風 赤沢正美 著 418−420
石あたたかし 福岡武 著 420−421
大樹の風 汲田冬峰 著 422−424
夕映ながく 林みち子 著 424−425
凍雪 栗生楽泉園高原短歌会 編 425−427
その日 甲斐八郎 著 427−428
ハンセン療養所歌人全集   428−472
椿咲く庭に 内海俊夫 著 473−474
山もみぢ 山口秀男 著 475−476
冬草 泉安朗 著 476−477
春を待ちつつ 北田由貴子 著 477−478
十月ぐみの歌 田中美佐夫 著 478−479
天のてのひら 太田正一 著 479−481
とちの実 小林熊吉 著 481−482
シッタンの渡河 島田秋夫 著 482−484
ロザリオの珠につなぎて 井出隆 著 484−485
朝光の島 松浦篤男 著 486−488
十五夜月 松岡和夫 著 488−490
鳥海 矢島忠 著 491−492
片山桃里遺稿集 片山桃里 著 492
遙かなれども 政石蒙 著 493−494
小岱の山 青木伸一 著 495−496
傘寿 井上真佐夫 著 497−498
国籍は天にあり 谷川秋夫 著 499−500
闇から光 宮田正夫 著 501
生の構図 朝繁夫 著 501−502
高原短歌会合同歌集 栗生楽泉園高原短歌会 編 503−504
誤字の認印 鏡巧 著 505−507
やよひ 金夏日 著 507−508
狂いたる磁石盤 川野順 著 509−511
日々あらた 金沢真吾 著 512−513
花の香ありて 福島まさ子 著 514−515
憩の汀 山岡響 著 516−517
五橋のしま 岩本妙子 著 517−519
まなうらの銀河 沢田五郎 著 519−521
出会ひ 松永不二子 著 521−523
十字架草 飯川春乃 著 524−525
遠き山河 山岡響 著 526−527
天の国籍 東條康江 著 527−528
すゞめの爪音 山本吉徳 著 529−531
辰砂の壺 入江章子 著 531−533
吾亦紅 宿里禮子 著 534−535
冬風の島 永井静夫 著 536−537
楠若葉の島 森山栄三 著 537−538