サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

収録作品一覧

作品 著者 ページ
経営学と経営者育成 辻村宏和 述 5−17
グローバル化と日本経営研究の課題 長谷川治清 述 18−31
支配,統治,経営:企業についての三つの概念 伊丹敬之 述 32−47
環境激変下におけるこれからの旅行業経営 舩山龍二 述 54−64
日本的経営の課題と新しい動き 細谷英二 述 65−72
電力自由化時代における「電力経営」の現状について 松尾新吾 述 73−81
IBMのコーポレート・ガバナンス 北城恪太郎 ほか述 82−94
賃金管理からみた日本的経営:その動向と問題 晴山俊雄 述 99−109
バブル崩壊後における日本的生産システムの特質とその課題 那須野公人 述 110−121
デジタル家電産業と日本的ビジネスモデルの追求 鈴木良始 述 122−134
現代社会と企業:ステークホルダー型企業モデルの説明原理 水村典弘 述 142−143
現代企業責任論再考 村上浩之 述 144−145
環境と戦略的提携の動態的分析 陳韻如 述 146−147
ITとビジネス・プロセス・マネジメント 長坂悦敬 述 148−149
生死を分かつコミュニケーション・デザイン 田村直樹 述 150−151
A.H.Maslowの「自己実現」概念について 三島斉紀 述 152−153
組織における個人の命令受容 阿部敏哉 述 154−155
現代中国の企業統治システム:国際的視点からの分析 金山権 述 156−157
新興企業の戦略行動に至る諸要因の分析 田中史人 述 158−159
知識創造におけるPAUSE理論の機能モデル 平松茂実 述 160−161
自発的組織への会員の参加の決定 西村友幸 述 162−163
組織の誕生と成長:非公式組織から公式組織へ 金治宏 述 164−165
現代の人間像を考える:組織行動論の知見から 寺澤朝子 述 166−167
コーポレート・ベンチャーの体系と動向 飛田幸宏 述 168−169
新商品の共同開発をめぐる産学双方の役割 木村弘 述 170−171
日本におけるサプライヤー関係の変化と中小企業の存立 関智宏 述 172−173
マネジメント・スキルと関係性学習について 越出均 述 174−175
トヨタの競争力のメカニズム 伊藤賢次 述 176−177
経営者の事業観の伝承における一考察 松田陽一 述 178−179
中国における日系自動車メーカーの販売方式 西川純平 述 180−181
海外開発活動の進化プロセス:外資系企業の事例をもとにして 遠原智文 述 182−183
工作機械メーカーにおける二つのモジュール化とサービス事業展開 河邑肇 述 184−185
プラットフォーム型の事業成長 伊佐田文彦 述 186−187
紙パルプ産業における経営改善と成長戦略に関する研究 桂信太郎 述 188−189
日本人・韓国人・中国人MBAのキャリア比較 金雅美 述 190−191
キャラクター商品とヤング市場 辻幸恵 述 192−193
経営税務論の課題と方法 関野賢 述 194−195
企業の包括的枠組としての規範的マネジメント 山縣正幸 述 196−197
証券化商品市場と日本の企業経営 森谷智子 述 198−199
近年の取締役会改革と社外取締役 岩波文孝 述 200−201
企業の採用戦略に求められるダイバーシティーの視点 牛尾奈緒美 述 202−203
先端技術の異業種間競争 島本実 述 204−205
CSR(企業の社会的責任)活動の経営倫理学的考察 中谷常二 述 206−207
企業の社会的責任(CSR)の定量的研究 日野健太 ほか述 208−209
地域企業のCSR取組の課題とその解決への方向性 戸前壽夫 述 210−211
マツダグループにおける部品企業の経営戦略 山崎修嗣 述 212−213
トヨタ生産方式と技術・技能・フレキシビリティ 小松史朗 述 214−215
戦後の日本レイヨンにおける人事管理制度の再構築 平尾毅 述 216−217
研究開発のコミュニケーション,意思決定,社内風土,外部提携における課題 高橋義仁 述 218−219
組織人格と組織の主体 坂本光男 述 220−221
企業価値向上のための顧客満足度把握に関する一考察 安達巧 述 222−223
在中国外資系企業における人材育成の比較研究 鈴木岩行 ほか述 224−225
人材ポートフォリオ概念とリーダースタンス概念の融合 三宅光頼 述 226−227
インセンティブ契約としてのストックオプションの有効性 桑原和典 述 228−229
事業リストラクチャリングと組織能力の変革管理 菊地彰 述 230−231
松下電器の中国における提携:戦略性の形成と展開 劉暁慧 述 232−233
アメリカ巨大企業におけるコーポレート・ガバナンスの歴史的研究 谷口明丈 述 234−235
内部統制とコーポレート・ガバナンス 文載皓 述 236−237
Strategic Orientation for Product Innovation in Developing Countries:The Case of Food Processing Firms in Sri Lanka Saliya De Silva 述 238−239
Subsidiary Evolution in Host Developing Countries:The Dynamics of Japanese and Non‐Japanese TNC(Transnational Corporation)Subsidiaries in Malaysia Chie Iguchi 述 240−241
戦後日本型経営の有効性を支えて来た自己組織性 西川明 述 242−243
戦略から戦略化へ 宇田川元一 述 244−245
病院経営とメディカル・ガバナンスの体系化 小島愛 述 246−247
我が国電機産業における成果主義賃金の特質と動向 柚原知明 述 248−249
企業の所有論再考 高田一樹 述 250−251
ドイツにおける株式所有構造の変容とコーポレート・ガバナンス 清水一之 述 252−253
生産システム特性と小集団活動 藤野真 述 254−255
組織の問題化と技術システムの構築 高木俊雄 述 256−257
日韓移動通信企業の技術提携のパターンに関する実証分析 尹卿烈 述 258−259
研究開発のアウトソーシングか提携か 亀岡京子 述 260−261
中国におけるグリーン食品産業の発展 孫鵬 述 262−263
市揚再活性化の研究 小沢貴史 述 264−265
知的財産権の専有可能性と持続的競争優位の再考 荒井将志 述 266−267
企業内昇進におけるポスト競争に関する一考察 石毛昭範 述 268−269
企業家育成支援に関する実証分析 石川敬之 述 270−271
企業の社会的責任と経営者の課題 青木崇 述 272−273
リレーションシップ・バンキング推進が地方銀行に与える影響 佐藤弘子 述 274−275
中小企業における自律的な経営展開 松下幸生 述 276−277
コンピュータ産業におけるモジュール化の進展とその役割 糟谷崇 述 278−279
管理者になる移行過程における発達的経験 元山年弘 述 280−281
日本企業におけるCSR 出見世信之 述 285−286