サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

銀河系通信 西川徹郎個人誌 第19号

銀河系通信 西川徹郎個人誌 第19号

  • 西川 徹郎(編集)/ 吉本 隆明(ほか著)
作品 著者 ページ
皆川燈 皆川燈 著
星野泉 星野泉 著
銀河小學校 西川徹郎 著 11-128
口語で書く俳句 西川徹郎 述 130-156
銀河の光 修羅の闇 小林孝吉 述 157-179
北の地の二大俳人 西川徹郎 著 180-186
小林一茶と浄土真宗 西川徹郎 著 187-200
わが俳句革命、「実存俳句」四十年 西川徹郎 著 202-203
世界文学としての俳句を求めて 斎藤冬海 著 204-209
青春の黙示録 西川徹郎 著 210-216
「青春の黙示録 西川徹郎語録」自註 西川徹郎 著 217
西川徹郎論ノート 五十嵐進 著 218-221
実存俳句 田中陽 著 222-225
〈西川徹郎の世界〉周遊 越澤和子 著 226-236
実存俳句の可能性を追求 徃住嘉文 著 238-240
実存の俳句像 まつもとかずや 著 241-256
寺山修司とは誰か 西川徹郎 述 259-269
十七音の銀河系 西川徹郎 著 270-273
〈革命前夜〉の寺山修司 西川徹郎 著 274-277
火の斧を抱えた旅人 西川徹郎 著 278-281
前衛とは何か 西川徹郎 著 282-285
思想詩人 吉本隆明のこと 川上春雄 著 289-291
川上春雄さんを悼む 吉本隆明 著 292-294
遠い夏の日 西川徹郎 著 295-301
川上春雄 齋藤豊 著 302-305
川上春雄先生の思い出 斎藤冬海 著 306-309
生存を賭けた闇夜の峡谷 小笠原賢二 著 312-315
〈闇夜の峡谷〉へ、一本の征矢 笠原伸夫 著 316-325
小笠原賢二覚書 西川徹郎 著 326-334
無私の批評 芹沢俊介 著 335-337
北の涯・非在の極 齋藤愼爾 著 338-339
極北の地の想像力 川本三郎 著 340
秋ノクレ 酒井佐忠 著 341-342
《極北》という辺境から見た危機意識 武藤雅治 著 343-345
現代文学としての短歌 斎藤冬海 著 346-347
春潮 櫻井琢巳 著 350-361
夭折の歌人・橘咲 櫻井琢巳 著 389-401
世界詩としての俳句 櫻井琢巳 著 362-388
永遠の金字塔 西川徹郎 著 402-404
永遠の金字塔 西川徹郎 著 405
弔辞 西川徹郎 著 406-407
じゃ、また。 櫻井聖巳 著 429-430
第三回銀河系俳句大賞、授賞理由 西川徹郎 著 433-434
南島から 平敷武蕉 著 435-439
修羅の日本文学史 1 太宰治と佛教 斎藤冬海 著 444-461
『人間失格』を巡って 斎藤冬海 著 462-481
黒人霊歌 高橋紀子 著 484-492
永遠の漂泊者 西川徹郎 著 493-504
現代俳句の異星   505-539
異界へ私を連れていく 稲葉真弓 著 542-543
『銀河小學校』『世界詩としての俳句』 稲葉真弓 著 544-546
俳句の自己批評 尾内達也 著 547-549
極北のシュールレアリスト A・ブルトン 著 550
天才詩人の精髄 増子耕一 著 551-552
星月の惨劇-西川徹郎の世界 橋本直 著 553-554
孤高の東洋的実存 長谷川現道 著 555-556
怪物的俳人 荒魂 著 557
西川徹郎句集『わが植物領』 杉野一博 著 558-561
痛恨の書下ろし句集 杉野一博 著 562-565
〈生〉の惨劇の幻出 杉野一博 著 566-569
人間の内面から溢れでる存在のエロス 杉野一博 著 570-573
命の波動 皆川燈 著 574-575
『月夜の遠足』にさそわれて 秦夕美 著 576-580
西川徹郎の闘い 詩神 著 581
ビール狂時代 斎藤冬海 著 582-591
反魂の宿 斎藤冬海 著 592-598
東浦道子 著 599-601
北愁賦抄 西勝洋一 著 603-604
有情 桑野晶子 著 605-606
花火炸裂 白崎静子 著 607-608
俳句界に於ける〈批評〉の不在 斎藤冬海 著 609-617
森村誠一著『煌く誉生』 斎藤冬海 著 618-619
藤沢周著『スモーク・オン・ザ・ナイフ』 斎藤冬海 著 620-621
柿本多映著『時の襞から』 斎藤冬海 著 622-624
皆川燈句集『舟歌』 斎藤冬海 著 625-627
吉本和子句集『七耀』 斎藤冬海 著 628-631
吉本和子句集『七耀』 高澤晶子 著 632-638
深町一夫著『天使のスケッチブック』 研生英午 著 639-641
田中陽句集『愉しい敵』 西川徹郎 著 642-643
伊丹啓子句集『ドッグウッド』 西川徹郎 著 644-645
斎藤冬海著『斎藤冬海短編集』 皆川燈 著 646-647
斎藤冬海著『斎藤冬海短編集』   648
斎藤冬海著『斎藤冬海短編集』   649
反中央の意志、極北の峠からの発信 清水黎 著 650-651
「家族を問う」「故郷」 西川徹郎 著 652
佛教と文学 西川徹郎 著 653
寺とコンサート 西川徹郎 著 654
佛教文化の灯 西川徹郎 著 655
真の宗教とは 西川徹郎 著 656
盂蘭盆会 西川徹郎 著 657
無諍の法 西川徹郎 著 658
あるプロレスラー 西川徹郎 著 659
峠の出版社 西川徹郎 著 660
弥生の夜のライブ 西川徹郎 著 661
彼岸会 西川徹郎 著 662
心の師、一茶 西川徹郎 著 663
本物の「怪談」 西川徹郎 著 664
他力本願 西川徹郎 著 665
絶対矛盾と親鸞 西川徹郎 著 666
書家久保観堂 西川徹郎 著 667
新城峠 西川徹郎 著 668
夏の日 西川徹郎 著 669
黄の衣 西川徹郎 著 670
母の針箱 工藤玲子 著 671-672
峠に吹く風 斎藤冬海 著 673-675
「新星館」探訪記 斎藤冬海 著 676-677
書簡燦々 菱川善夫 ほか著 679-683
黎明通信   684-718