サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

収録作品一覧

作品 著者 ページ
崇徳院生誕問題の歴史的背景 美川圭 著 683−690
鎌倉期女院乱立の一前提 工藤浩台 著 9−24
法住寺殿の成立と展開 上村和直 著 662−682
平重盛の四天王寺万灯会について 高橋昌明 著 25−32
万得(徳)領再考 日隈正守 著 653−661
頼朝の征夷大将軍任官をめぐって 櫻井陽子 著 33−40
政治手法の西と東 3 源頼朝「天下之草創」と藤原兼実 玉葉文治元年十二月二十七日条精読 上 龍福義友 著 645−652
鎌倉幕府の二所詣 岡田清一 著 41−47
奥州惣奉行の成立とその権力構造について 渡辺哲也 著 44−59
御成敗式目の効力をめぐって 長又高夫 著 639−644
鎌倉陰陽師惟宗文元と奉行人皆吉氏 赤澤春彦 著 60−69
在京人に関する一考察 松井利可子 著 70−78
式子内親王をめぐる呪詛と託宣 上横手雅敬 著 631−638
八条院領の伝領にみる安嘉門院領処分 遠城悦子 著 623−630
中世の「勧学院」 高山京子 著 79−91
藤原秀衡の「嫡男」西木戸太郎国衡について 川島茂裕 著 92−99
和賀須々孫氏と上須々孫館遺跡 川島茂裕 著 100−104
初期三浦武士団の歴史的位置 伊藤一美 著 105−118
倉栖氏の基礎的研究 永井晋 著 119−124
加賀・能登の国司について 菊池紳一 著 125−134
蒙古襲来絵詞に描かれた宇都宮氏一族 佐藤鉄太郎 著 617−622
大和国の廿人の悪党と興福寺・幕府 西田友広 著 135−142
南北朝期守護家の再興 松山充宏 著 143−148
播磨国庁直職とその相伝関係 小林仁水 著 149−154
備後杉原氏と南北朝の動乱 木下和司 著 155−164
康暦・永徳期の南九州情勢 新名一仁 著 165−177
〈顕わす系図〉としての氏系図 青山幹哉 著 178−183
享徳の乱と応仁・文明の乱 和氣俊行 著 193−204
室町幕府料所としての山科大宅郷 大薮海 著 205−220
中世里内裏陣中の構造と空間的性質について 桃崎有一郎 著 221−235
中世後期の比丘尼御所 菅原正子 著 236−244
奥州白川氏研究ノート 1 永正の乱とその周辺 その1 菅野郁雄 著 245−254
戦国大名蘆名氏の誕生 垣内和孝 著 255−262
上杉禅秀の乱と東国の時衆 落合義明 著 263−272
鳥名木文書に見る室町期東国の政治状況 内山俊身 著 273−286
両畠山家融和と越中守護代家更迭 久保尚文 著 287−304
「鎮西大将」今川了俊像の再検討 高橋恵美子 著 184−192
戦国大名研究と列島戦国史 市村高男 著 305−319
戦国期地域権力の「公儀」について 池享 著 320−328
検地帳の中の戦国大名家臣 池上裕子 著 329−331
常陸佐竹氏における官途 木下聡 著 332−338
戦国期関宿周辺の河川普請 新井浩文 著 339−343
越相同盟再考 丸島和洋 著 344−359
武田信玄の秩父侵入 宮前功 著 360−366
戦国期武田氏の駿東郡支配 柴辻俊六 著 367−373
信濃における戦国時代 久留島典子 著 374−380
北陸地方における戦国状況の形成 家永遵嗣 著 381−394
戦国期越後国守護代長尾氏権力の画期と家格秩序 馬場透 著 395−405
戦国時代の上杉氏 矢田俊文 著 406−412
上杉謙信の家督継承と家格秩序の創出 片桐昭彦 著 413−421
上杉謙信の贈答における品目について 前嶋敏 著 422−430
大内時代の宇佐郡衆と妙見岳城督 有川宜博 著 431−439
永禄期の南伊予の戦乱をめぐる一考察 川岡勉 著 440−447
大阪湾の港湾都市と三好政権 天野忠幸 著 611−616
織田信長禁制の取次に関する考察 田中雅明 著 448−453
織田政権の西国侵攻と瀬戸内海賊衆 西尾和美 著 454−464
中国史料に見える中世日本の度牒 榎本渉 著 465−478
一五世紀朝鮮王朝の対日本外交における図書使用の意味 木村拓 著 479−502
一五・一六世紀における流通・海運の変革 尾野善裕 著 503−511
中世における物価の特性と消費者行動 桜井英治 著 512−525
一六世紀後期の京都大徳寺の帳簿史料からみた金・銀・米・銭の流通と機能 田中浩司 著 526−536
春日大社文書「掟旨」について 高木久史 著 606−610
中世後期の旅と消費 小島道裕 著 537−548
中世日本における「流通経済」と出土銭 石崎悠文 著 585−605
中近世移行期における野銭の成立 盛本昌広 著 549−560
中世山陰海運の構造 錦織勤 著 561−565
中世の船活動と港町・流通 鹿毛敏夫 著 566−572
中世有明海における港津と水上交通 中村知裕 著 579−584
中世における河川流域の軍事活動と水上交通 中村知裕 著 573−578