サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

二〇世紀女性文学を学ぶ人のために

二〇世紀女性文学を学ぶ人のために

  • 児玉 実英(編)/ 杉野 徹(編)/ 安森 敏隆(編)
作品 著者 ページ
二〇世紀女性文学の見どころ 児玉実英 著 3-29
ヨーロッパにおける女性の目覚めと自立への戦い 保坂一夫 著 32-43
日本女性作家たちの外国との関わり 井上健 著 44-57
ネグリチュード(黒人精神)と黒人女性作家の意識 森あおい 著 58-71
激しい近代化へのとまどいと適応 ロナルド・クライン 著 72-88
多文化主義の流れ 杉山直子 著 89-101
二〇世紀に見る女歌の系譜 安森敏隆 著 104-115
少女マンガとフェミニズム 杉野徹 著 116-128
実践としての文学と理論 中川成美 著 129-139
日本人はアメリカの女性作家たちにどのように描かれてきたか 羽田美也子 著 140-152
与謝野晶子『みだれ髪』 外村彰 著 154-155
ベアトリクス・ポター『ピーターラビットのおはなし』 杉野徹 著 156-157
山川登美子ほか『恋衣』 外村彰 著 158-159
セルマ・ラーゲルレーヴ『ニルスのふしぎな旅』 北脇徳子 著 160-161
ルーシー・モード・モンゴメリ『赤毛のアン』 小山薫 著 162-163
ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』 辻英子 著 164-165
平塚雷鳥『元始女性は太陽であつた』 外村彰 著 166-167
ウイラ・キャザー『おお開拓者よ!』 西田智子 著 168-169
野上弥生子『海神丸』 外村彰 著 170-171
キャサリン・マンスフィールド『園遊会』 玉田佳子 著 172-173
ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』 風間末起子 著 174-175
パール・バック『大地』 児玉佳與子 著 176-177
パメラ・リンドン・トラヴァース『風にのってきたメアリー・ポピンズ』 南大路文子 著 178-179
アガサ・クリスティ『オリエント急行の殺人』 小山薫 著 180-181
宇野千代『色ざんげ』 外村彰 著 182-183
宮本百合子『冬を越す蕾』 外村彰 著 184-185
岡本かの子『鶴は病みき』 外村彰 著 186-187
マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』 竹村憲一 著 188-189
アンネ・フランク『アンネの日記』 小山薫 著 190-191
トーベ・ヤンソン『たのしいムーミン一家』 辻英子 著 192-193
シモーヌ・ド・ボーヴォワール『第二の性』 荒木八千代 著 194-195
ユードラ・ウェルティ『黄金の林檎』 ジュリエット・カーペンター 著 196-197
ドリス・レッシング『草は歌っている』 岸本京子 著 198-199
林芙美子『浮雲』 外村彰 著 200-201
壺井栄『二十四の瞳』 外村彰 著 202-203
中城ふみ子『乳房喪失』 安森敏隆 著 204-205
フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』 荒木八千代 著 206-207
幸田文『おとうと』 外村彰 著 208-209
エルサ・モランテ『禁じられた恋の島』 関淳子 著 210-211
イーディス・シットウェル『コレクテッド・ポエムズ』 児玉富美恵 著 212-213
円地文子『女面』 外村彰 著 214-215
茨木のり子『見えない配達夫』 外村彰 著 216-217
フィリッパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』 千森幹子 著 218-219
アイリス・マードック『鐘』 風間末起子 著 220-221
佐多稲子『歯車』 外村彰 著 222-223
有吉佐和子『紀ノ川』 外村彰 著 224-225
倉橋由美子『パルタイ』 外村彰 著 226-227
ミュリエル・スパーク『独身者』 西田智子 著 228-229
エドナ・オブライエン『カントリー・ガール』 西田智子 著 230-231
レイチェル・カーソン『沈黙の春』 亀井俊介 著 232-233
田辺聖子『感傷旅行』 外村彰 著 234-235
瀬戸内晴美『かの子撩乱』 外村彰 著 236-237
三浦綾子『氷点』 外村彰 著 238-239
シルヴィア・プラス『エアリアル』 吉田幸子 著 240-241
ジョイス・キャロル・オーツ『贅沢な人びと』 辻裕子 著 242-243
ペネロピ・ファーマー『ある朝、シャーロットは…』 北脇徳子 著 244-245
曽野綾子『傷ついた葦』 外村彰 著 246-247
スーザン・ヒル『ぼくはお城の王様だ』 千森幹子 著 248-249
ジャンナ・マンツィーニ『立てる肖像』 越智礼子 著 250-251
マーガレット・ドラブル『針の眼』 岸本京子 著 252-253
河野裕子『森のやうに獣のやうに』 安森敏隆 著 254-255
宮尾登美子『櫂』 外村彰 著 256-257
メイ・サートン『今かくあれども』 甲元洋子 著 258-259
森茉莉『甘い蜜の部屋』 真銅正宏 著 260-261
ニーナ・ボーデン『ペパーミント・ピッグのジョニー』 玉田佳子 著 262-263
斎藤史『ひたくれなゐ』 安森敏隆 著 264-265
高橋たか子『誘惑者』 真銅正宏 著 266-267
ルース・レンデル『わが目の悪魔』 杉野徹 著 268-269
中沢けい『海を感じる時』 真銅正宏 著 270-271
ナディン・ゴーディマ『バーガーの娘』 越智礼子 著 272-273
アドリエンヌ・リッチ『噓、秘密、沈黙。』 西口純子 著 274-275
道浦母都子『無援の抒情』 安森敏隆 著 276-277
ダーチャ・マライーニ『メアリー・スチュアート』 南大路文子 著 278-279
トニ・モリスン『タール・ベイビー』 森あおい 著 280-281
イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』 児玉富美恵 著 282-283
アリス・ウォーカー『カラーパープル』 児玉佳與子 著 284-285
アニタ・デサイ『デリーの詩人』 植木照代 著 286-287
山田詠美『ベッドタイムアイズ』 真銅正宏 著 288-289
エミリー・ロッダ『ふしぎの国のレイチェル(ブタも飛ぶかもしれない)』 関淳子 著 290-291
俵万智『サラダ記念日』 安森敏隆 著 292-293
吉本ばなな『キッチン』 真銅正宏 著 294-295
イリーナ・ラトゥシンスカヤ『強制収容所へようこそ』 西口純子 著 296-297
フェイ・ウェルドン『女ともだち』 辻裕子 著 298-299
孫愛玲『斑布曲 彩りの道』 杉野徹 著 300-301
朱天文『世紀末の華やぎ』 植木照代 著 302-303
ユン・チアン『ワイルド・スワン』 ジュリエット・カーペンター 著 304-305
スーザン・ウォジェコウスキー『クリスマスのきせき』 杉野徹 著 306-307
申京淑『離れ部屋』 北脇徳子 著 308-309
J・K・ローリング『ハリー・ポッターと賢者の石』 杉野徹 著 310-311
ルース・L・オゼキ『イヤー・オブ・ミート』 植木照代 著 312-313