サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『万葉集』における「コ」と「ワラハ」 保坂秀子 著 9−15
万葉集の「息の緒」について 原田留美 著 17−23
古代語の「身」について 高木和子 著 25−33
万葉の遊びの心理学的考察 星野五彦 著 35−38
記紀万葉挽歌考 山口博 著 39−64
万葉殯宮歌考 烏谷知子 著 65−72
甲斐と萬葉集 4 春日翼について 鈴木武晴 著 73−75
万葉集における叙事大歌の形成 辰巳正明 著 503−508
『万葉集』のウタをユーラシア文化の中で考える 内藤磐 著 493−502
万葉集仮名書き歌巻論序説 乾善彦 著 77−82
万葉集片仮名訓本と仙覚が見た諸本 田中大士 著 83−88
御子左家相伝の『万葉集』の形態 寺島修一 著 89−95
音仮名と訓仮名を交えた表記 八木京子 著 97−104
万葉集の語彙について 池添博彦 著 484−492
遊猟の歌 福沢健 著 105−109
万葉思ひ草 4 升田淑子 著 111−115
万葉思ひ草 5 升田淑子 著 117−121
万葉思ひ草 6 升田淑子 著 123−128
「壬申年之乱平定以後歌二首」の成立年次についての試論 遠藤宏 著 129−133
山振の立ち儀ひたる山清水 浅見徹 著 135−141
巻八大津皇子歌の表現 土佐朋子 著 143−148
人麻呂に見る表現の拡張 吉野和子 著 149−155
柿本人麻呂の特殊な表現 山田正 著 157−164
柿本人麻呂の対句表現 田中真理 著 165−172
人麻呂の枕詞「ぬばたまの」について 川島二郎 著 173−179
柿本人麻呂の身分 熊谷直春 著 181−185
柿本人麻呂と神位神号 神道宗紀 著 187−194
人麻呂歌集の使者の歌 江富範子 著 195−205
万葉集、巻十一・二四三三歌(人麻呂歌集)の解釈をめぐって 大島信生 著 207−215
人麻呂作歌異伝表記試論 野呂香 著 217−228
柿本人麻呂の伊勢の歌枕について 上森鉄也 著 478−482
行路死人歌 曾田友紀子 著 229−233
石見相聞歌群の生態と生成 西條勉 著 235−252
「泣血哀慟歌」と「石見相聞歌」の語るもの 補2 山口孝晴 著 253−259
城上宮と明日香皇女 村田右富実 著 261−269
志貴皇子の世界 その4 五一三番歌 森下幸男 著 271−273
志貴親王挽歌論 村田右富実 著 275−281
笠金村養老吉野讃歌小考 中嶋真也 著 283−296
笠金村の「娘子に誂へらえて作る歌」 渡部修 著 297−301
赤人の「神岡」の歌 奈良公俊 著 303−309
赤人三七八番歌の表現方法 田口尚幸 著 311−319
藤原麻呂贈歌三首の趣向 土佐秀里 著 321−326
葛井連廣成宅宴席歌からみる「古」 金子絵美 著 327−333
宗教的人間としての山上憶良 芦名裕子 著 335−340
山上憶良『類聚歌林』について 木村康平 著 341−363
憶良の作歌意図二題 大久保廣行 著 365−372
駿河国風土記の山上憶良の短歌 鈴木武晴 著 373−375
高橋虫麻呂論 瀧口翠 著 377−384
高橋虫麻呂の河梁別 西地貴子 著 385−390
「豊前国娘子月歌一首」の解の試み 阿部誠文 著 391−397
橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首 橋本美津子 著 399−404
天平の風流 廣岡義隆 著 405−415
萬葉集漢語考証補正 1 巻十七の漢文から 山崎福之 著 417−425
巻八の編纂と家持 市瀬雅之 著 427−432
大伴家持亡妾を悲傷する歌群の特質 森斌 著 433−441
狭残行宮における大伴家持詠について 廣岡義隆 著 443−448
大伴家持「悲世間無常歌」の成立背景 佐藤隆 著 449−454
「紫の名高」考 森田直美 著 455−461
山彦響め鳴かましやそれ 菅原準 著 463−469
『萬葉集』二九七〇番歌の「桃花褐」の訓読について 高井陽子 著 471−476