サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

収録作品一覧

私の「愛国心」

私の「愛国心」 (21世紀ブックレット)

  • クリスチャン新聞(編)/ 平良 夏芽(ほか著)
作品 著者 ページ
命のないものを愛するという表現は、命をかけて私たちを愛してくださった神の愛を愚弄するにほかならない 平良夏芽 著 11−14
神様は慈愛と忍耐をもって、日本にも、どこの国にもかかわってくださっている。だから私は、高望みも落胆もしない 柳沢美登里 著 15−18
これを「愛国心」教育と言うなら、国民は再び「臣民」化されるだろう 岡田明 著 19−23
自分の国だけを愛するのでは争いを起こすだけ…ついには滅びる 後宮俊夫 著 24−28
他国の人々を虐げたりしない日本にするのがこの国に生まれた自分の使命ではないか 大沼孝 著 29−33
勝者も敗者もどちらも苦しむことを学んだ出会いで、私の考えは変えられました 近藤紘子 著 34−38
「愛国心」はある時には繁茂するが、しばし立ち枯れになることを年寄りたちは知っている 渡辺信夫 著 39−42
私たちは自分の国を愛するだけでは足りません 高俊明 著 43−46
友人のおじいさんは日本軍に殺され…この時ほど、自分が日本人なのだと痛感したことはありません 黒田摂 著 47−51
政策としての「愛国心」は力の支配。性差別、少数者差別をつくりだす 東海林路得子 著 52−56
愛しているならば、無視してはならないことがある 石黒イサク 著 57−61
愛国心には、世俗の論理と教会の論理とを混同させる力がある 上中栄 著 62−67
在日は、どこの国を愛すればよいのでしょうか 崔善愛 著 68−72
「ちりあくたと思う」ことがまずあっての「愛国心」ではないだろうか 山口陽一 著 73−77