サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

「法化」社会のゆくえ

「法化」社会のゆくえ (法社会学)

  • 日本法社会学会(編)
作品 著者 ページ
企画趣旨説明 樫澤秀木 著 1−6
ガバナンスとしての法、「自律化」させられる学校 土屋明広 著 7−19
箕面忠魂碑違憲訴訟における戦争の記憶と訴訟遂行 松澤広樹 著 20−39
法化社会と協働の構想 宗野隆俊 著 40−58
任意後見制度の活性化と家族のゆくえ 菅富美枝 著 59−73
産科医療をとりまく社会と法 上杉奈々 著 74−90
北東北の弁護士業務と法的ニーズの間 飯考行 著 91−108
ざわめきとしての法 毛利康俊 著 109−122
裁判員裁判実施に向けて残された実務的課題 西村健 著 123−141
民主主義国におけるポピュリズム刑事政策の台頭と日本の状況 宮澤節生 著 143−155
ダニエル・H・フット著(溜箭将之訳)『裁判と社会−司法の「常識」再考』 加藤新太郎 著 157−162
Mark West,Law in Everyday Japan:Sex,Sumo,Suicide,and Statutes 北構太郎 著 163−167