サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
鴨長明と卜部兼好 志村有弘 著 9−18
後高倉院とその周辺 由井恭子 著 19−24
中世女房の基礎的研究 松薗斉 著 25−37
後深草時代の女性 須田亮子 著 39−52
伊勢神道の性格について 白山芳太郎 著 53−60
本学所蔵の中世史料について 野田泰三 著 61−67
南北朝・室町時代における厳島神社の文書管理 松井輝昭 著 69−75
大中臣定忠自筆『大中臣系図』(国学院大学日本文化研究所蔵藤波家文書)とその内容 丸山陽子 著 77−84
羊太夫伝承の一変奏 大島由紀夫 著 85−89
金沢文庫本『群書治要』経部鎌倉中期点の漢音 佐々木勇 著 91−96
七巻本『世俗字類抄』に掲載された画人 三宅ちぐさ 著 97−109
『日本一鑑』の注釈的研究 片山晴賢 著 111−129
『広本節用集』の支体門・飲食門・絹布門・器財門における『下学集』の享受 木村晟 著 131−185
引用・故事・典拠句の取捨から見た仮名貞観政要の和訳態度 加藤浩司 著 187−197
円乗本倭玉篇と第四類本との関係に就いて 鈴木功眞 著 199−207
義堂周信『空華集』をめぐって 朝倉尚 著 209−217
「少年老い易く学成り難し」詩の作者は観中中諦か 朝倉和 著 219−225
『日本文學史』の「鎌倉時代の和歌」観 今井明 著 227−231
『長秋詠藻』評釈 2 檜垣孝 著 233−241
『忠度集』の「恋のこころを」の題詠歌について 瀬良基樹 著 243−248
西行の「ひめゆり」の歌新解 山田昭全 著 249−253
西行無動寺詠考 荒木優也 著 255−261
建礼門院右京大夫の詠作手法 藏中さやか 著 263−272
建礼門院右京大夫の西行歌摂取 松村洋二郎 著 273−289
『建礼門院右京大夫集』の序・跋と題名 下浅千穂 著 291−300
『建礼門院右京大夫集』小考 弓削繁 著 301−306
初学期の後京極良経 櫻田芳子 著 307−313
寂蓮の和歌を読む 浅田徹 著 315−321
寂蓮の『十題百首』について 半田公平 著 323−328
寂蓮の名所和歌集入集歌について 半田公平 著 329−338
藤原定家の言語表現における用語選択の特徴 田中雅和 著 339−346
藤原定家七七日表白文について 佐藤恒雄 著 347−355
隠岐本新古今和歌集について 4 削除された定家の恋歌 寺前友美 著 357−363
『定家八代抄』と勅撰集恋部の四季配列 細川知佐子 著 365−370
『新勅撰集』春部巻頭巻軸歌の定家 森晴彦 著 371−377
一条院皇后宮藤原定子の最期の歌と『百人一首』 草野隆 著 379−390
温泉寺蔵『百首抄』(百人一首幽斎注) 高橋喜一 著 391−404
藤原家隆の『新古今和歌集』入集歌二首をめぐって 茅原雅之 著 405−417
家隆終焉の地−難波−への道 松井律子 著 419−436
俊成卿女の故郷款冬 神尾暢子 著 437−443
新古今時代における歌語「かすみ」の多義性について 樺沢綾 著 445−453
後鳥羽院歌壇点描 田渕句美子 著 455−461
竟宴の意義 藤平泉 著 463−468
『土御門院女房』注釈 2 山崎桂子 著 477−484
鴨長明の家集の諸本とその本文 犬井善壽 著 485−505
黒川真頼頭注『新勅撰和歌集抄』(弄花軒祖能) 1 翻字 平井啓子 著 507−513
飛鳥井雅経の『春日社百首』詠 稲葉美樹 著 515−520
鑁也石清水八幡詠一首 室賀和子 著 521−525
伝為兼卿筆本『続拾遺和歌集』 平舘英子 著 527−534
御鞠の負けわざ 佐藤恒雄 著 535−538
兼好自撰家集の表現 齋藤彰 著 539−549
兼好自撰家集の表現 齋藤彰 著 551−557
『耕雲口伝』における二条為世歌の享受 小林大輔 著 559−562
冷泉為秀の和歌表現 鹿野しのぶ 著 563−570
『風雅和歌集』以降における冷泉為秀の和歌 鹿野しのぶ 著 571−593
堯恵古今伝授年譜稿 浅田徹 著 595−600
公條句題百首の詠法 上 齋藤彰 著 601−607
公條句題百首の詠法 下 齋藤彰 著 609−616
公條句題百首の詠法 完 齋藤彰 著 617−623
『訳和和歌集』の佚文 那須陽一郎 著 625−631
『訳和和歌集』享受の様相 那須陽一郎 著 633−645
会席の文芸としての連歌 廣木一人 著 647−653
連歌と福神狂言 田崎未知 著 655−662
『菟玖波集』付句の当座性について 岩下紀之 著 663−672
宗祇の「親」意識 秋定弥生 著 673−680
肝付第十六代兼続入道省釣の関係した連歌 橋口晋作 著 681−686
早歌の〈正本〉について 外村南都子 著 687−691
〈翻刻〉応永二年坂阿署名本『宴曲集』巻第四 外村南都子 ほか著 693−696
「死出の山」を越えて行く人たち 平田英夫 著 697−704
『土御門院女房』注釈 1 山崎桂子 著 469−476