サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
明治10年代の横浜市街地 斎藤多喜夫 著 665−674
第一期京都策への道 並松信久 著 649−664
京都の平安遷都(奠都)紀念祭と内国勧業博覧会の歴史社会学的再考 小松秀雄 著 633−648
府県社会事業行政における都市社会事業の構造と展開 杉本弘幸 著 8−19
戦前倉敷の都市計画をめぐる覚書 坂本忠次 著 20−29
近代民衆(生活者)の政治意識を考える 牧原憲夫 著 30−34
東北農村生活合理化運動前史 野本京子 著 624−632
甲府盆地における甲斐運会社の運河開鑿について 加藤要一 著 35−44
明治初期における村の製糸工場の繰糸鍋について 太田秀保 著 45−49
長野県における明治十一年巡幸時の小学校洋風校舎建設 長谷川栄子 著 50−58
日露戦争と地域社会の組織化 鬼塚博 著 59−69
昭和恐慌下の地域養蚕組織 田中雅孝 著 70−79
若者組から青年会の成立 安藤精一 著 81−92
若者・青年組織の民俗 大本敬久 著 93−105
地域の都市化と宮座の変容 山口信枝 著 116−128
日清戦争期の婦人軍事援護団体 人見佐知子 著 129−142
「青鞜」論ノート 露口卓也 著 143−153
『婦人之友』にみるジェンダー 四方由美 著 154−162
近代の〈遊女〉断想 菅聡子 著 619−623
メディア・イベントと温泉 関戸明子 著 610−618
地方紙の戦時活動 中園裕 著 163−169
映画政策研究の方法論とその可能性 加藤厚子 著 170−177
映画臨戦体制下の少年飛行兵映画に描かれた母性 長谷川倫子 著 178−188
戦時下の日本映画の研究に関する一考察 長谷川倫子 著 189−198
近代日本におけるジフテリア疾病統計の分析 鈴木晃仁 著 601−609
近代大阪のペスト流行、1905−1910年 坂口誠 著 590−600
感染症統計にみる都市の生活環境 永島剛 著 580−589
戦時期の保健医療問題と地域社会 鬼嶋淳 著 199−207
戦時救護の看護婦たち 1 矢嶋千代子 著 208−220
戦時救護の看護婦たち 2 矢嶋千代子 著 221−231
海軍中将上泉徳弥の国体館建設運動 飯森明子 著 571−579
戦死者の記憶のされ方 大谷正 著 556−570
明治五年壬申五月生葉郡妹川村国武利八郎・同嘉一郎・堀清八旧名子一件 秀村選三 著 106−115
日本近代史を見直す 田中彰 著 232−241
「近代神道学」成立史研究序説 藤田大誠 著 242−268
近代日本の西洋像 佐藤誠 著 269−287
教育勅語と福沢諭吉 渡辺俊一 著 288−304
井上甚太郎と東雲新聞 坂本守央 著 305−313
二つの社会主義論 黒川貢三郎 著 314−328
大正デモクラシーから昭和ファシズムへ 黒田康弘 著 329−343
吉野作造と中国国民革命 藤村一郎 著 344−373
平泉史学と人類学 昆野伸幸 著 374−383
明治初期におけるキリスト教の教派形成 森岡清美 著 384−397
明治中期・戸隠神社旧社中による教導職 田川幸生 著 398−409
明治期日本仏教のアジア布教とその思想 辻村志のぶ 著 410−427
明治への過渡期の教育 1 大橋博明 著 428−442
皇學入門 牟禮仁 著 443−460
今立吐酔の教育資料の研究 川村覚昭 著 461−472
「旧制地名高校」考 山口宗之 著 473−486
「芸術触媒」としての沖縄 岡部昌幸 著 487−515
明治〜昭和初期における島津家の編纂事業 川島慶子 著 516−523
地方名望家文書の構造 西向宏介 著 540−555
昭和戦前期における郷土研究の組織化 鶴見太郎 著 524−531
『文化組織』の史的意義について 柴田大輔 著 532−539