サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦

ウラン兵器なき世界をめざして ICBUWの挑戦

  • NO DUヒロシマ・プロジェクト(編)/ ICBUW(編)
作品 著者 ページ
〈劣化〉ウラン兵器とは何か?   6−10
ICBUW創設・ICBUWミッション声明   11−13
DU兵器禁止に向けたベルギーでの取り組み リア・ヴェルヤオ 述 14−15
劣化ウラン問題をめぐる動き   16−19
“核の影”としてのDU問題 嘉指信雄 述 22−25
劣化ウランと湾岸戦争症候群 ロザリー・バーテル 述 26−32
劣化ウラン兵器廃絶のため、犠牲者たちとともに声をあげよう   33
力を合わせて、大きな運動のうねりを創り出しましょう 秋葉忠利 述 34−35
イラク南部における疫学的研究 ジャワッド・アル‐アリ 述 38−41
イラクにおける劣化ウランによる放射能汚染 スアード・アル‐アザウィ 述 42−43
バスラにおける環境の放射能汚染 カジャック・ヴァルタニアン 述 44−47
イラクの子どもたちとアメリカの戦争犯罪 森住卓 述 48−51
国会での劣化ウラン問題の取り組み 福島瑞穂 述 52
質疑応答   53−55
兵士として、親として、DU被害を訴える ジェラルド・マシュー夫妻 述 56−57
アメリカにおける劣化ウラン問題 タラ・ソーントン 述 60−61
ウラン兵器使用は「国家の病」の表れである デニス・カイン 述 62−65
正義が実現されない限り、平和は来ない ハーバート・リード 述 66−69
戦争と噓? 豊田直巳 述 70−73
米軍射爆場周辺でのDU被害 ダマシオ・ロペス 述 74−77
米国内のDU問題 グレーテル・マンロー 述 78−80
質疑応答   81−83
劣化ウラン兵器問題の科学的背景 ダグ・ウィア 述 86−87
劣化ウランは人々の健康にとって有害か キース・ベイヴァーストック 述 88−91
湾岸戦争帰還兵などにおける末梢リンパ球の染色体異常 ハイケ・シュレーダー 述 92−95
戦争による汚染と人体・動物のナノ病理学 ステファノ・モンタナーリ 述 96−98
劣化ウラン被曝の評価 トーマス・フェイジー 述 99−101
広島・長崎原爆の残留放射線による内部被曝の影響 沢田昭二 述 102−105
コメンテーターからの発言 市川定夫 述 106−110
質疑応答   111−113
イギリス政府の欺瞞は続く レイ・ブリストウ 述 116−119
イタリアにおけるDU問題 ステファニア・ディヴェルティート 述 120−122
劣化ウランそれは・過去・現在・未来にわたって殺し続ける兵器 フィリッポ・モンタペルト 述 123−126
旧ユーゴでの劣化ウラン問題 横澤典子 述 127−129
劣化ウラン弾関連訴訟   130−131
韓国や沖縄の米軍基地における劣化ウラン弾配備 イシウ 述 134−137
日本における劣化ウラン弾の貯蔵問題 湯浅一郎 述 138−139
「市民ネットワーク」の活動 稲月隆 述 140−148
「生きているか?正常か?」と問うイラクの母親たち 森瀧春子 述 149
オーストラリアからの「世界への警告」 デイヴィッド・ブラッドベリー 述 150−153
世界各地のウラン採掘現場で起きている問題 ジュディー・パステルナーク 述 154−155
質疑応答   156−157
わたしの被爆体験 松島圭次郎 述 160−161
原爆症認定集団訴訟の広島地裁判決について 渡辺力人 述 162−163
広島の医師として、イラクの医師から学んだもの 丸屋博 述 164−167
「あの日」の体験 高橋昭博 述 168−171
海外参加者の発言   172−173
原爆症認定集団訴訟について 杉尾健太郎 述 174
質疑応答   175−177
ICRPの「放射線安全基準」の問題性 内藤雅義 述 178
劣化ウラン問題に関するWHOの姿勢   179
劣化ウラン兵器−法的及び政治的状況、課題と可能性 マンフレート・モーア 述 182−185
ウラン兵器禁止に関する条約案(抄訳)   186−187
禁止条約実現に向けての戦略   188−193
討論 矢ケ崎克馬 述 196−199
討論のまとめと確認 振津かつみ 述 199
被害者の支援に向けて   202−207
質疑応答   208−209
核被害者をこれ以上出さないために 肥田舜太郎 述 212−213
未来が引く力は、過去が押す力よりも強い ナスリーン・アジミ 述 214−216
〈国際署名手渡し〉〈大会参加者の感想〉   217−219
ウラン兵器禁止ヒロシマ・アピール   220−221
ICBUW運営委員からの挨拶/閉会の言葉   222−223
DU被害賠償請求裁判、本格的審理へ   228−229
ベルギー、劣化ウラン弾禁止へ   230−233
対日本政府交渉   234−235
EU議会で「ウラン兵器の人的被害」写真展と国際フォーラム   236−241
李時雨(イ・シウ)氏「国家保安法違反」嫌疑で不当逮捕   242−243
ニューヨークで第4回ICBUW国際大会   244−245
国連総会で決議採択   246−247
被曝後20年以上経ってもDU検出   248−249