サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
戦後文化運動における中野重治 竹内栄美子 著 10−20
ラジオ体操をする桃太郎 藤原耕作 著 21−26
隣人は天才かもしれない 山口俊雄 著 27−36
太宰治「ろまん燈籠」論 奥村淳 著 674−689
坂口安吾の「流行作家」時代 時野谷ゆり 著 37−42
坂口安吾「吹雪物語」の方法 加瀬健治 著 43−52
坂口安吾『二流の人』論 原卓史 著 53−58
ファルスは証言する 宮澤隆義 著 59−64
丹羽文雄「鮎」試論 永井博 著 65−70
田村泰次郎研究 1 「肉体の門」自筆原稿の検討 尾西康充 著 71−75
埴谷雄高研究 田辺友祐 著 76−81
埴谷雄高『死霊』と儒家神道 水沢不二夫 著 82−87
『夢の輪』と「心の中を流れる河」の間 近藤圭一 著 88−92
三島由紀夫『暁の寺』にみるサロメ表象 武内佳代 著 93−99
武田泰淳研究 長田真紀 著 100−103
〈新聞〉を語る人々 木田隆文 著 104−111
高橋和巳『遙かなる美の国』論 望月芳哲 著 112−125
物質と思考の運動 田中雅史 著 126−137
作家・大江健三郎とエッセイスト・大江健三郎 鈴木健司 著 138−142
大江健三郎が「新しい人」にたくす人間像 武部修子 著 668−673
遠藤周作「ユリアとよぶ女」論 笛木美佳 著 143−148
遠藤周作『わたしが・棄てた・女』論 三木サニア 著 149−154
幸田文『台所のおと』論 松田良一 著 155−162
有吉佐和子『恍惚の人』試論 谷川充美 著 163−173
藤枝静男「空気頭」論 小嶋知善 著 174−185
〈犠牲〉という様式美 関野美穂 著 186−191
自責と矜持と 大橋毅彦 著 192−205
中上健次『枯木灘』における生・性・暴力と聖 横山博 著 650−667
枯木灘 秋山公男 著 206−216
村上春樹『国境の南、太陽の西』の語りの構造 太田鈴子 著 217−221
日本女性と日本語に向かう欲望 南富鎭 著 222−231
松浦理英子「渇く夏」の読解 小澤次郎 著 232−234
「想像」のリアリティと「創造」のアクチュアリティ 疋田雅昭 著 235−242
若者雑誌におけるカタカナ表記とその慣用化をめぐって 堀尾香代子 著 243−248
夢野久作『木魂』論 伊藤里和 著 249−255
橋本五郎伝ノート 細川涼一 著 256−268
大佛次郎とゲーテ 新保祐司 著 269−276
吉川英治と小林秀雄 丸川浩 著 277−285
乱歩と京浜国道 村田碧 著 286−292
江戸川乱歩「人間椅子」 石割透 著 293−300
江戸川乱歩「芋虫」論 百瀬久 著 301−306
山本周五郎と「日本婦道記」 竹添敦子 著 633−649
『点と線』と『時間の習俗』の間 加納重文 著 307−315
あるサムライの残照 安藤勝志 著 625−632
現代批評の行方 綾目広治 著 316−322
巌本善治と渡良瀬川の悲劇 葛井義憲 著 323−330
小林秀雄の批評の方法 渡邉まさひこ 著 331−337
詩としての批評 坂田達紀 著 617−624
小林秀雄の実験的心境小説 岡田浩行 著 338−347
小林秀雄『近代絵画』論 鈴木美穂 著 348−356
保田與重郎『日本浪曼派の時代』の構造可視化 谷口敏夫 著 595−616
「戦時下における児童文化」について その10 熊木哲 著 357−365
「ぼろんじ」(『ねむり姫』所収)を読む 小倉斉 著 366−371
坪内逍遙『国語読本』とイソップ物語 青木稔弥 著 372−383
近代中国における小川未明童話の翻訳について 成實朋子 著 384−392
坪田譲治草稿「でんでん虫」「妹とカタツムリ」 山根知子 著 393−399
文学作品における心情理解の教授学習心理学的研究 作間慎一 著 586−594
宮沢賢治の心象スケッチにみるオノマトペ その2 河原修一 著 530−537
賢治の山男像 工藤哲夫 著 400−411
宮澤賢治『銀河鉄道の夜』の用語「ほんたう」をめぐって 西川正子 著 575−585
宮沢賢治「化物丁場」考 杉浦静 著 412−417
切ない物語 遠藤祐 著 418−430
「注文の多い料理店」のハイパーテキスト変換とその評価方法 森田均 著 566−574
壺井栄論 14 第五章『暦』のころ 鷺只雄 著 431−443
茨木のり子における敗戦体験 水谷真紀 著 444−451
あまんきみこ初期作品の研究 畠山兆子 著 452−457
教室のトッコが〈つり橋〉をわたるために 白瀬浩司 著 458−464
抱月の「復活」と「カチューシャの唄」 福田秀一 著 465−475
寺山修司のドラマ・プロミネンス 清水義和 著 545−565
寺山修司の演劇『百年の孤独』 守安敏久 著 476−481
喜劇と悲劇 4 小津安二郎とその時代 佐々木徹 著 482−489
小津安二郎と山田洋次 杉下元明 著 490−494
映画『麦秋』家族の時間と歴史的時間 宮木孝子 著 495−499
溝口健二・映画『山椒大夫』論 松下浩幸 著 500−509
映画の体験とリアリズム 友田義行 著 510−517
宮沢賢治の心象スケッチにみるオノマトペ その1 河原修一 著 538−544
戦時落語 李建志 著 518−529