サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

カフカ・セレクション 1 時空/認知(ちくま文庫)

カフカ・セレクション 1 時空/認知 (ちくま文庫)

  • フランツ・カフカ(著)/ 平野 嘉彦(編訳)
作品 著者 ページ
それは、どの地域にあるのだろうか  
隣り村   10
遠くに町がみえる   11
立ち去る、立ち去るのだ   12
ここから立ち去る、とにかくここから立ち去るのだ!   13
路地の窓   14
三軒の家がたがいに接していて   15
ある注釈   16−17
「この道でいいのかね?」と、私は   18−19
私は、馬を厩から引いてくるように命じた   20−21
山中への遠足   22−23
おそらく私は、もっと早くから   24−25
「おれが舵手ではないのか?」と、私は叫んだ   26−27
走り過ぎていく人たち   28−29
突然の散歩   30−31
ポセイドンは、自分の仕事机の前にすわって   32−34
私たちは二人して、滑りやすい地面の上を   35−37
街中で、たえまなく工事がおこなわれている   38−40
バベルの塔の建設にあたっては、当初は   41−44
数人の人たちがやってきて   45−48
隊商宿では、およそ眠ることなど   49−52
朝は早くからこの日暮れまで   53−56
モンデリー弁護士の突然の死に関して   57−60
掟の問題について   61−65
私に弁護人がいたのかどうか、それはきわめて不確かなことだった   66−71
しばしば必要になる部隊の徴募   72−77
われわれの小さな町は、およそ国境沿いにあるとは   78−89
村医者   90−103
村での誘惑   104−121
カルダ鉄道の思い出   122−140
万里の長城が築かれたとき   141−167
村の学校教師   168−197
エードゥアルト・ラバーンは、廊下を抜けて   198−237
あるたたかいの記   238−330