サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

収録作品一覧

不機嫌の椅子

不機嫌の椅子 (ベスト・エッセイ)

  • 日本文藝家協会(編)
作品 著者 ページ
秋のモンタージュ 坂上弘 著 10−16
ある古本屋の一日 向井透史 著 17−22
命、守れるか、小さな二棟 永井路子 著 23−26
飲食の業 島田雅彦 著 27−30
上野鈴本と私 小沢昭一 著 31−35
お酒が呑めず、残念 秋山駿 著 36−40
「強い男」のにおい 北原亞以子 著 41−45
エドと吉原 高橋治 著 46−50
遠慮の名人 私の後悔 ドナルド・キーン 著 51−54
マクのこと しまおまほ 著 55−61
「画」から「音」へ宗旨変え 鴨下信一 著 62−67
親からの頼まれごと 増田みず子 著 68−72
「折々のうた」を終って 大岡信 著 73−76
共同の旅はつづく 鶴見俊輔 著 77−79
カンディンスキーの膝 荻野アンナ 著 80−86
南木佳士 著 87−89
「濡れ落葉」減り共学風の夫婦 黒井千次 著 90−94
満鉄社歌 三木卓 著 95−99
片仮名スヰツチ アーサー・ビナード 著 100−102
枯野の夢 長谷川櫂 著 103−106
六十二年前の八月十五日 瀬戸内寂聴 著 107−111
記憶する体 朝比奈あすか 著 112−118
禁止事項を作る 川本三郎 著 119−124
均一と格差 大石静 著 125−128
銀座の思い出 吉本隆明 著 129−133
切手少年の頃 出久根達郎 著 134−138
「河合心理学」未完が残念 梅原猛 著 139−142
黒羊羹を切ったような 清川妙 著 143−147
高齢者の部屋 野見山暁治 著 148−152
言葉は無力なのか 宮内勝典 著 153−156
こんないい奥さん 阿川弘之 著 157−161
サブちゃんあるいは、ゴルフ場の城山さん 佐野洋 著 162−170
『されどわれらが日々−』再会 柴田翔 著 171−177
東京人の感性 大村彦次郎 著 178−181
死への恐れ 梯久美子 著 182−184
澁澤宇宙の秘密へ 高橋睦郎 著 185−191
写真審査員 小林紀晴 著 192−196
書斎の机 津村節子 著 197−201
静寂の記憶 竹西寛子 著 202−208
八年前の遺言状 長部日出雄 著 209−213
あのころの銀座 佐藤愛子 著 214−219
タウン誌の追悼特集 井出孫六 著 220−221
タクシードライバー 俵万智 著 222−228
煙草 小川国夫 著 229−233
短歌という詩型 辻井喬 著 234−238
ダン爺の青春 やなせたかし 著 239−243
父の仕事 佐藤賢一 著 244−246
ついに摑みきれなかった人 大庭みな子 著 247−250
電車内の会話 男の子同士篇 穂村弘 著 251−254
なぞのおとん。 本上まなみ 著 255−259
独裁者コレクション 鹿島茂 著 260−263
地唄〈黒髪〉の想い出 三浦哲郎 著 264−268
春一番 伊藤桂一 著 269−272
鈍いのかもしれない 金井美恵子 著 273−276
子供おとなのおとな顔 萩原朔美 著 277−285
吉村家の絵 大河内昭爾 著 286−289
禅僧が女を抱いて川を渡る時 柳田邦男 著 290−295
冬空紀行 蜂飼耳 著 296−300
不死の肖像 四方田犬彦 著 301−305
二つの日常 辺見庸 著 306−309
不機嫌の椅子 林真理子 著 310−314
僕が愛した宇宙人 小松左京 著 315−319
漫画の日々 伊藤比呂美 著 320−321
翁面美しさの秘密 山折哲雄 著 322−325
悪口コンテスト 村松友視 著 326−330
『坊つちやん』のこと 丸谷才一 著 331−335
還ってゆくところ 高田宏 著 336−339
もういない、でもまだいる 川上弘美 著 340−343
山羊小母たちの時間 馬場あき子 著 344−348
わが師、土方巽 唐十郎 著 349−353
人は往来 古井由吉 著 354−358
ラッパ水仙が咲いて 司修 著 359−362
女には冷たいという非難に答えて 塩野七生 著 363−368
若水をくむ 岡野弘彦 著 369−371
忘れ去られた閨秀作家 池内紀 著 372−376
まぼろしの土地 高井有一 著 377−381