サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

医学全般 ランキング

医学全般のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

終末期医療と生命倫理

終末期医療と生命倫理 (生命倫理コロッキウム)

  • 飯田 亘之(編)/ 甲斐 克則(編)
作品 著者 ページ
終末期医療における病者の自己決定の意義と法的限界 甲斐克則 著 13−67
積極的安楽死違法論再構築の試み 秋葉悦子 著 68−93
わが国の医療現場における「尊厳死」の現状 松島英介 ほか著 94−118
終末期医療のガイドライン 加藤尚武 著 119−137
「安楽死の意図は患者の死亡,鎮静の意図は苦痛緩和」という二極分化的思考の問題点 飯田亘之 著 138−167
フランス国家倫理諮問委員会:「生命の終わり,生命を終わらせること,安楽死」に関する見解   168−205
終末期医療に関する判例 甲斐克則 著 209−220
厚生労働省「終末期医療の決定プロセスのあり方に関する検討会」「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」   221−222
「病者の権利および生命の末期に関する2005年4月22日の法律370号」による改正を経た,法典の関連する規定 本田まり 訳 223−231
解説「病者の権利および生命の末期に関する2005年4月22日の法律」 本田まり 訳 232−239
オーストラリアの医療における終末期の意思決定 ヘルガ・クーゼ ほか著 240−256
ヨーロッパ6カ国における終末期の意思決定:記述的研究 A.ファン・デル・ヘイデ ほか著 257−263
余命短縮という副作用の可能性を持つ症状軽減に使用される薬剤:ヨーロッパ6カ国における終末期ケア J.ビルセン ほか著 264−266
持続的な深い鎮静:ヨーロッパ6カ国における医師の経験 G.ミッチネージ ほか著 267−269
安楽死法施行下のオランダにおける終末期医療 A.ファン・デル・ヘイデ ほか著 270−273
英国開業医による終末期の決定の全国調査 クライブ・シール 著 274−279