サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
『竹取物語』の表現手法 関一雄 著 11−15
変化の人といふとも、女の身持ち給へり 石井公成 著 17−28
二つの薬 瀬戸宏太 著 29−33
『伊勢物語』における〈物ことば〉表現 本田恵美 著 35−39
狩使本伊勢物語の本文について 林美朗 著 41−46
余情と倫理と 大谷俊太 著 47−52
伊勢物語・東下り章段についての試論 大井田晴彦 著 53−58
『伊勢物語』二十三段再考 原國人 著 59−64
『伊勢物語』とその享受 本田恵美 著 65−72
古人の想いを読み解く学習指導の試み 一色恵里 著 73−78
教材としての『伊勢物語』二十三段考 早乙女利光 著 79−84
大井川の紅葉と花 山崎正伸 著 85−91
『落窪物語』にみる婚姻儀礼 服藤早苗 著 93−100
車争い 有田祐子 著 101−107
『うつほ物語』の贈り物と手紙 田中仁 著 109−121
『うつほ物語』における琴の位置づけと音色 島田和枝 著 123−135
『うつほ物語』乳房の記憶 西山登喜 著 137−142
『うつほ物語』の表現手法 関一雄 著 143−147
『源氏物語』の描写方法と空間構築 山本ゆかり 著 149−156
源氏物語 筒井美智子 著 157−161
源氏物語と物語史 杉浦一雄 著 163−172
『源氏物語』の構造 西田禎元 著 173−180
『源氏物語』邸宅の伝領と「家」意識 吉村悠子 著 181−188
源氏物語と現世的価値 杉浦一雄 著 189−197
源氏物語と絵合 杉浦一雄 著 199−205
豊子愷訳『源氏物語』における二、三のことども 飯沼清子 著 207−217
訓点資料としてみた「長恨歌伝」の学習に関する一考察 渡辺さゆり 著 219−229
〈翻刻〉蓬左文庫本『源氏物語』「野分巻」の本文について 岡野道夫 著 231−241
〈翻刻〉蓮左文庫本『源氏物語』「藤袴巻」の本文について 岡野道夫 著 243−251
〈翻刻〉蓬左文庫本『源氏物語』「匂宮巻」の本文について 岡野道夫 著 253−261
〈翻刻〉四国大学附属図書館蔵『源氏物語』明石巻 余田充 著 263−270
〈翻刻〉四国大学附属図書館蔵『源氏物語』薄雲巻・書き入れ注 余田充 著 271−279
「源氏物語絵巻」における夕霧 青木慎一 著 281−291
河内学派と枕草子 沼尻利通 著 293−298
語彙と語構成からみた源氏物語 神谷かをる ほか著 299−307
『源氏物語』のヨモスガラ 小林賢章 著 309−312
『源氏物語』のヤウナリとヤウアリについて 近藤要司 著 313−325
文末に終助詞を伴う係結をめぐって 小田勝 著 327−331
源氏物語における助動詞キの会話文・心話文・消息文での文末用法 1 終止形キの用法を中心に 西田隆政 著 691−694
「世を知りたる女」の「うし」「うき身」「宿世」の関連について 久慈きみ代 著 333−344
弘徽殿大后考 上田満寿美 著 345−350
武恵妃と桐壺更衣、楊貴妃と藤壺 荒木浩 著 351−360
桐壺更衣という呼称 森田直美 著 361−366
『源氏物語』賢木巻の藤壺と中宮定子 牧野裕子 著 367−373
『源氏物語』頭中将論 菅原郁子 著 375−384
帚木・空蟬両巻における光源氏の体験 望月郁子 著 385−393
須磨に向かう光源氏 岡田ひろみ 著 395−403
記憶の中の光源氏 阿部好臣 著 405−407
『源氏物語』端役の「遺言」 山畑幸子 著 409−413
紫の上の孤愁の深化 鈴木日出男 著 415−420
若菜巻の紫の上 吉田幹生 著 421−426
紫の上晩年の描かれ方について 平林優子 著 427−435
左馬頭の指 坂本信道 著 437−441
松風巻の明石尼君と明石君の唱和について 徳岡涼 著 443−449
「親」としての源典侍 津島昭宏 著 451−463
源氏物語の出離志向 4 八宮と薫 沢田正子 著 465−475
手習巻の大尼君の造型について 高野浩 著 477−482
『源氏物語』蜻蛉巻の構造 1 「浮舟物語」の手法 渡部真紀 著 483−488
深読み・誤読・曲解 柳町時敏 著 489−496
浮舟の罪 櫻井清華 著 497−504
浮舟の「死と再生」 星野敏康 著 505−512
高校「古典」における『源氏物語』採録箇所の提案 有馬義貴 著 513−519
源氏物語における〈雨夜の品定め〉の意義 小山清文 著 521−531
夕顔巻(帚木三帖の一帖として)における光源氏の体験 望月郁子 著 533−544
「尼君」をとりまく人びと 西耕生 著 545−551
夕顔巻のもののけ 森一郎 著 553−558
源氏物語にみる「紅」の表現 大槻雪乃 著 559−570
北山の尼君と光源氏の対面の場 廣瀬唯二 著 571−578
葵巻・亡妻追悼の輪郭 中西紀子 著 579−585
「きさいはらのみこたまひかりかかやきて」考 保坂智 著 587−594
『源氏物語』明石巻の「大炊殿」について 金田圭弘 著 595−602
『源氏物語』における唱和歌の役割 佐野奈津美 著 603−609
「朝顔」巻末の情景 大津直子 著 611−617
六条院の秩序形成 西野入篤男 著 619−628
「女三の宮の幼さ」について 伊佐山潤子 著 629−634
『源氏物語』「幻」巻論 勝亦志織 著 635−643
「山ぶし」と宇治十帖 上野辰義 著 645−652
『源氏物語』「月入れたる真木の戸口」考 飯塚ひろみ 著 653−662
『源氏物語』のガラス 末沢明子 著 663−671
『源氏物語』東屋巻「楚王の台の上の夜の琴の声」 河村奈穂子 著 672−679
召人浮舟入水と続篇の物語主題 東原伸明 著 680−685
『伊勢物語』「狩の使」の達成 丁莉 著 686−690