サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

収録作品一覧

内部告発と公益通報者保護法

内部告発と公益通報者保護法

  • 角田 邦重(編)/ 小西 啓文(編)
作品 著者 ページ
制度導入の背景 小西啓文 著 3−11
公益通報者保護法の概要と検討課題 小西啓文 著 12−27
企業からみた公益通報者保護法 廣石忠司 著 31−44
労働者にとっての公益通報者保護法 森井利和 著 45−59
行政主体・行政機関による公益通報の処理 土田伸也 著 60−70
内部告発時代における企業内労働組合の役割 川田知子 著 73−85
労働者個人が主体となる内部告発の正当性の判断枠組み 長谷川聡 著 86−97
内部告発を目的とした顧客信用情報の取得とその正当性 畑中祥子 著 98−111
内部告発を行った労働者に対する不利益措置の適法性 春田吉備彦 著 112−127
イギリスにおける内部告発者の保護 長谷川聡 著 131−141
イギリスにおける告発事実の存在に対する信頼の合理性 長谷川聡 著 142−154
アメリカにおける内部告発者の保護 畑中祥子 著 155−164
アメリカ企業改革法(SOX法)における内部告発者保護の現状 畑中祥子 著 165−178
ドイツ法における内部告発Whistleblowingの法理 高橋賢司 著 179−191
公益通報者保護法定着への課題 角田邦重 著 192−203