サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

信州の名著復刊シリーズ 2 信濃伝説集

信州の名著復刊シリーズ 2 信濃伝説集

  • 長野県図書館協会(編)/ 村澤 武夫(著)
作品 著者 ページ
あゝ有り難や善光寺   9−10
長野の風祭り   10−11
苅萱堂と石堂丸   12−13
大蛇の墓   14−15
吉田の弘法銀杏   15−16
孝女玉鶴の塚   16−17
虎御前の塚   18−19
千人塚の由来   19−20
八百屋お七と濡れ仏   20−22
戸隠山の神話   22−23
九頭龍山   23−24
芙蓉湖の主は   24−25
人柱にされたお菊の父   26−28
雲上寺の七不思議   29−30
天気を知らす機織石   30−31
義民助弥   31−33
虫倉山の山姥   34−35
俳諧寺一茶   35−37
大蜘蛛の話   38−39
正受庵老人   39−40
須坂町の十三塚   41−42
獅子舞い念仏   42−43
高甫・都住村辺の嫁とり   43−44
福島正則と化杉   44−45
松の皮から布が出た   46−47
石塔を流す龍神   47−48
神戸の乳の木   48−49
平家の落人   50−51
蛇を食う山蟹   52−53
奥信濃の娘祭り   53−54
黒姫山の由来   54−56
鬼の首塚   56−57
姨捨山   57−59
八幡様の鴉   59−60
村上父子の忠誠   60−61
川中島の戦い   61−62
原田医師の奇行   62−63
胴合橋   64−65
神に祭られた唐猫   65−67
お安紅梅   67−68
児雷也の生国   68−69
紺屋高尾の遺物   69−70
金看板甚九郎だ   70−72
髻塚と矢田氏の勤皇   72−73
草むらが恋しい笠仏   73−74
笄の渡   74−75
戸倉に酒が出たとは   76
昔は海だった塩田平   77
千曲川の童女と霊鳥   78−79
生島の神足島の神   79−80
国分寺の蘇民将来   80−82
維茂将軍と鬼女退治   83−84
万寿姫   85−88
北向観世音   89−90
西行の戻橋   90−91
沓掛の石芋   92−93
牛に曳かれて善光寺参り   93−94
弘法石   94−95
国分寺の埋れ木   95−96
上田城の真田石と大蛇   97−99
真田父子の智謀   99−101
小松姫   101−102
道祖神のお祭りだ   103−105
天井のない大日堂   105
雷電為右衛門の母   106−107
山口の一つ火   107−109
珍名もあったもの   110−111
塩田の義民政太夫   111−112
七里の道も何のその   112−113
お子安様   114−115
十日町の好色灯台   115−116
おどり念仏   117−118
山中鹿之助の母   118−119
川上地方の奇談   120−121
玄三さのお鬚   121−122
大きくなった蛇石   123−124
水戸浪士が来た   124−126
彦狭島王陵と内裏塚   126−128
一夜に出来た浅間山   128
こんな巨人がいたのかしら   129−130
もったいなくも大御心は   131
飯綱山の火の祭り   132
皎月の輪芝   133−134
望月の榊祭   134−135
六道原の地蔵尊   135−136
碓氷貞光   136−137
立科山の山姥と雪女   137−138
龍神となった甲賀三郎   138−140
立科山の怪異   140−142
中居の蟇合戦   142−143
望月の駒   143−146
疫病除けのお舟様   146−147
大盗賊を祀った話   148−149
怪力次郎兵衛門   149−150
賽の河原の奇石   151−152
碓氷峠のあの風車   153−154
胡麻を作らぬ地方   154−155
信濃遷都を計画した人びと   155−156
束間温泉と信濃奠都   157−158
松本平の飴市   159−160
投草履とは   160−161
裸祭りだ、よいやさ   161−162
嘉助に呪われた深志城   162−163
牛伏寺の由来   164−165
猿ケ番場とばんば節   165−166
寝覚床と浦島太郎   166−167
高僧に化けた狸   167−169
少将重頼父子の話   169−170
木曽義仲の遺跡   170−172
以仁王と一つ火   172−174
興禅寺の古狐   174−176
木曽踊り   177−178
御輿まくりの奇祭   179−180
物草太郎の話   180−183
しめやき三九郎   184−185
鑿で刻んだ槍ケ岳   185−186
矢村の矢助   186−188
満願寺のお小僧火   189−190
女の一心と雑炊橋   190−191
秀綱卿の信濃入り   192−193
林海寺の奇習   193−194
常念岳の常念坊   194−195
笈に収めた皇統無窮の軸物   196−197
白龍太郎の話   198−199
仁科氏の忠誠と木崎湖   199−201
佐野の渡りの二僧の墓   201−202
登波離橋   202−203
静御前の杖桜   203−204
雪女郎の正体   204−206
河童と家伝水神薬   206−208
怪力太兵衛のはなし   208−210
腕のない地蔵様   211−212
静御前と牛立薬師   212−213
お諏訪様の入信   213−215
諏訪七不思議   215
御神渡り   216
元旦の蛙狩り   217
五穀の筒粥   217−218
高野の耳割鹿(御頭祭)   218
御作田   218−219
葛井の清池   219
宝殿の点滴   220
八ケ岳の由来   220−221
御射山祭   221−222
御柱祭   223−224
お船祭りの由来   224−225
諏訪大明神の御神託   225−226
小坂観音の由来   227−228
おとぼう鯰   229−230
洩矢の神話   230−231
諏訪地方の事いぶし   232−233
山寺の懸仏   233−234
和泉式部と鉄焼地蔵尊   234−236
角が生えた姥の話   237−238
河童と立木の接骨医   238−240
美女が森の御蔭杉   240−241
松島の王墓と龍宮塚   241−242
霊犬早太郎と人身御供   243−244
真菰が池   244−246
仁科五郎盛信の最後   246−247
駒ケ岳の神駒   248−250
恋ゆえ流された絵島   250−252
権兵衛峠と涙米   252−254
河童の妙薬と川奉行   254−256
父を尋ねて三十年   256−258
入野谷の孝行猿   258−260
昼神の由来   260−261
元善光寺   262−263
元善光寺の七草の粥   263−264
谷底に落ちた国司   264−265
箒木と木賊刈り   266−268
大鹿村の白女様   268−269
尹良親王の御陵   269−271
おんべとほんやり   271−273
新野の盆踊りと雪祭り   273−275
岩見重太郎の狒退治   275−276
深見の池には底がない   277−278