サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
民事司法過程の法社会学 濱野亮 著 1−12
「民事訴訟利用者調査」とその継続調査 菅原郁夫 著 13−22
わが国における弁護士利用パターンの特徴 村山眞維 著 23−46
法の浸透と司法の正当性 和田仁孝 著 47−65
民事紛争全国調査・民事訴訟利用者調査について 加藤新太郎 著 66−73
「民事司法過程の法社会学」へのコメント 川口由彦 著 74−83
民事分野における依頼者・弁護士関係の実態と弁護士倫理 宮澤節生 著 84−98
ビジネス・ローヤリングにおける依頼者・弁護士関係の実態と弁護士倫理 浜辺陽一郎 著 99−113
弁護士過疎地の市民事件における依頼者・弁護士関係と弁護士倫理 飯考行 著 114−128
コーズ・ローヤリングにおける弁護士−依頼者関係の実態と弁護士倫理 大塚浩 著 129−143
アメリカにおける弁護士・依頼者関係の規律 石田京子 著 144−158
『法曹の質』の調査研究:依頼者・弁護士関係 太田勝造 著 159−168
依頼者・弁護士関係における弁護士倫理が要請するもの 森際康友 著 169−176
人はいかに法と出会うか 木下麻奈子 著 177−196
紛争当事者と弁護士との接触初期段階の一場面 仁木恒夫 著 197−205
人と法を結ぶもの 大澤恒夫 著 206−219
ドゥルシラ・コーネルによる中絶権と「イマジナリーな領域」の可能性 山本千晶 著 220−242
アイデンティティと権利運動 小泉明子 著 243−266
法と社会学会のコラボレイティヴ・リサーチ・ネットワーク33について 宮澤節生 著 267−282
藤田政博著『司法への市民参加の可能性−日本の陪審制度・裁判員制度の実証的研究−』 四宮啓 著 283−290
原田綾子著『「虐待大国」アメリカの苦闘−児童虐待防止への取組みと家族福祉政策−』 浅倉むつ子 著 291−296
金菱清著『生きられた法の社会学−伊丹空港「不法占拠」はなぜ移転補償されたのか−』 高橋裕 著 297−301