サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

収録作品一覧

図書館という軌跡

図書館という軌跡

  • 東條 文規(著)
作品 著者 ページ
いま、いかなる図書館員が必要なのか   12−38
大学図書館長異論   39−58
大学図書館はどうなるか   59−73
臨教審第二次答申と図書館   74−86
自覚なき特権の行方   87−94
大学図書館の開放を考える   95−114
情報化と大学図書館   115−132
四国学院短期大学の試み   133−145
図書館の自由とは何か   146−162
国㊙で図書館もおかしくなる   163−171
沈黙は孤立を深める   172−176
少年法騒動と図書館   176−186
「羽仁問題」の真相   187−198
岐阜図書館と利用者の購入要求を巡るもめごとその後   198−205
不可解な事件   205−214
植民地での全国図書館大会   215−234
図書館人の戦争責任意識   235−261
鶴見俊輔覚え書き   264−290
実践家としての中井正一   291−315
松田道雄論のための走り書   316−324
上野英信論のための走り書   325−336
菊池寛と図書館と佐野文夫   337−354
書評から   355−380
「ブックストリート」から   381−393