サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
断腸の季節   13−16
蕎麦の花   16−18
十五夜   18−22
旅人と月   22−25
紅葉   25−29
天は度るべし   29−32
ものぐさ太郎   32−35
知ル者ハ黙ス   35−37
友情に応えて   37−40
流行   40−43
イナゴ   44−48
香炉峰の雪   49−52
売炭翁   52−57
折臂翁   57−67
秋日春朝に勝る   67−70
山林の客   70−73
江雪   73−76
貧乏神   76−79
春の即興詩   79−81
送春   81−82
山村   83−85
梨の花   86−88
友情の詩   88−90
深夜の墓場   90−92
遊女の歌   95−97
霜葉   97−99
江南の春   100−102
清明   103−105
捲土重来   105−106
酒を勧む   107−109
妻へ   109−111
錦瑟   111−114
夕陽   115−119
一将功成って万骨枯る   120−121
橡媼の嘆   121−125
明日は明日の風が吹く   125−127
書物を焼く   127−129
百姓の歌   129−132
山中の寡婦   132−134
靴下   134−137
野興   141−143
シラミの歌   143−146
まだらの馬   146−148
税金と徴兵   149−154
汝墳の貧女   154−158
フグ   158−165
猫を祭る   165−169
娘の死   170−172
花と娘   172−175
豊楽亭遊春   175−176
日本刀の歌   176−181
暑きに苦しむ   182−185
春陰   186−187
寝ござ   188−189
同窓会   189−191
初夏   191−193
税金のない国   194−197
  197−200
春雪   200−201
梅の花   202−203
王昭君   204−208
廩を発く   209−215
上元   215−217
楓葉芦花   218−221
老妻   221−223
春夜   223−226
寒食の雨   226−228
便旋   228−231
猫の詩   232−234
陳情   235−237
三子に別る   237−240
悲哀と詩   240−244
酔いざめと詩   244−246
春祭   246−248
蝴蝶   248−250
  251−252
秋の農家   253−257
  257−260
七夕   260−264
冬の農村   264−269
読書の秋   269−272
悲秋   272−274
さるすべり   274−276
田植え   276−279
借金   279−281
新春   281−284
  284−287
シラミ   287−291
抵抗の詩   292−295
職人気質   299−303
老鶴   303−305
送春の愁   305−306
山中の春暁   306−307
避暑   308−309
山を買う銭   310−312
桑落酒   312−314
乞食の歌   315−317
夕立   318−320
漁村の秋   320−321
雪と豊年   322−324
老境   324−327
無官の楽しみ   328−329
風鈴   329−333
ビール   333−336
天下為公   339−341
二十二年元旦   341−343
万葉の漢訳   343−346
春の野に   346−350
女民兵の歌   350−352
江山多嬌   352−356
九月十日   359−361
蒼蠅   361−363
九月十三夜   363−366
鶯衣蝶袖   366−368
光風霽月   368−369
肖像に題す   370−372
冬夜読書   372−374
家に猫と鼠あり   374−376
良寛と王梵志   377−379
暮雪   379−381
本能寺   381−383
天草洋に泊る   383−385
鞭声粛粛   386−387
兵児の歌   388−390
母を送る歌   390−393
君は川流を汲め我は薪を拾わん   393−396
四十七士   396−398
やまぶき   399−400
吉野の桜   401−403
美田   403−405
捨て児   405−408
春恨   408−410
画の詩   410−412
敗戦   412−413
原爆の詩   414−416
秋暑   416−420
一見「漢詩」風   421−422
俳句の漢訳   423−425
老夫原不愛吟詩   429−432
「獄中日記」の朝   433−434
ベトナムの詠詩   435−437